• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パソコンの故障の原因は基本を知らないこと?女性にありがちな失敗

Date:2014.03.06

もう10年以上もパソコンを使っているのだから、パソコンのインストラクターにでもなれる、と思っている人は少ないでしょう。

なぜなら、長いことパソコンを使っていても、パソコンが動かくなってしまうとお手上げ、ということが多いのではないかと思うからです。

パソコン経験が長くても、同じことしかやらなかったり、勉強をしていないとパソコンのプロにはなれません。

それどころか、基礎を知らずに使っていると、故障の原因を作ったり、故障をしても対応の仕方がさっぱり分からない、ということになるのです。

意外と知らなかった、とうパソコンのタブーもあります。それを知っているだけでも、パソコンの故障の予防になりますよ。

いきなり電源を切るのはタブー

作業が終わったからといってパソコンの電源をいきなり切る人はいないでしょうけれど、フリーズしてしまったからといってすぐに電源を切ったり、コンセントを抜いてしまわないようにしましょう。

電源を切ってしまう、コンセントを抜く、という行為はパソコンを傷めてしまう大きな原因になるのです。

画面が固まってしまっても、すぐに電源を切らずにちょっと時間を置いてから、対処するようにしましょう。それでも動かない時には、強制終了をさせ原因を把握しておきましょう。

電源を切るのは、最後の最後にした方がいいですよ。

画面を指で押すのはNG

液晶画面をつい指で押してしまうことがあるかもしれません。または汚れてしまったから、ゴシゴシを擦ってしまうことありませんか?その行為はNGです。

液晶モニターを強く押すと液晶のその部分を傷めてしまうことになり、故障の原因になります。そこだけ変色してしまうことにもなりますよ。

液晶を指で触ると指紋がついてしまい、汚くなってしまいますから触らないようにしましょう。

パソコンの周りでの飲食には注意

もちろん、パソコンにお茶をこぼしてはいけません。量にもよりますが、コップ半分ほどこぼしてしまったら、パソコンの内部にまで水が浸透してしまい、HD(ハードディスク)がクラッシュする原因となるかもしれません。

特にジュースなどの糖分が入っていると、ベタベタしてしまい乾いても故障の原因になることも。パソコンは精密機器です。電気は水には弱いものということを忘れないようにしましょう。

もし、水分をこぼしてしまったら、電源を切り、パソコンにつながっているあらゆるものを外し、乾いたタオルで水分を拭き取り、自然乾燥をさせましょう。ドライヤーなどで乾かさない方がいいですよ。

内部まで水分が浸透してしまったら、分解をして乾かさなければなりません。パソコンの近くには飲み物などは置かないようにしましょう。キーボードカバーなどを使うのがお勧めです。

プリンターの電源は先に

プリンターやスキャナーなどの電源は、パソコンの電源を入れる前に入れましょう。パソコンの電源が入った状態でプリンターなどの電源を入れると、パソコンに刺激を与えてしまうことになります。

クリックは慌てずに

クリックをしてもアプリケーションソフトが立ちあがらなかったり、画面が動かないことがあります。だからといって何度もクリックを続けると、パソコンがフリーズしてしまうことがあります。

動くまでちょっと待ってみましょう。

この記事をシェアする

関連記事