• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏休みはどこいく?意外と知らないパスポート申請手順!

Date:2013.07.22

もうすぐ待ちに待った夏休みがやってきますね!近年、長期の休みのを使い国内ではなく海外に繰り出す方が多くなっているようです。

日本の日常から離れ、普段は見る事の出来ないようなきれいな海、日本では感じられない空気感や建築物、日々の疲れを取る癒しの旅。海外旅行には十人十色の楽しみ方がいろいろありますよね!

でもちょっと待って!そんな素敵な旅に必要不可欠な物忘れていませんか?そうです、パスポート!旅行は予約したのに、いざパスポート番号を出発ぎりぎりに旅行会社から聞かれて「そういえば!」なんて事にならないように、海外旅行を決めたその日からしっかりパスポート申請の予定を立てましょう!

まずはパスポート申請に必要な持ち物を確認!

それではパスポートに必要な書類を簡単に説明します。パスポート申請に必要なもの大きく分けて5つ。

1、一般旅券発給申請書

この一般旅券発給申請書は、申請する窓口でもらえるので事前に用意する必要はありません。

2、戸籍抄本または戸籍謄本

区役所で受け取りが出来ます。有料ですので悪しからず。パスポート申請の規定として6ヶ月以内の物が求められます。あまり早くに申請しすぎないよう気をつけましょう。

3、写真

証明写真機にパスポート用の設定がありますので、それで撮るのが一番お手軽。規定としては横45mm、縦35mmの本人のみが写っている6ヶ月以内に撮影されたもの。

ここでのアドバイスとしては、いつもばっちりメイクの人でも、ナチュラルめのメイクを心がけましょう。なぜなら、飛行機に乗る時にばっちりメイクはかなりつらいです。特に海外に行くとなると5時間以上はザラじゃない!

12時間なんてフライトもあるから、メイクなんてしてられません。要するにスッピンでパスポートを使用するわけですから、あまりにバッッチリメイクをしすぎると本人と確認できない場合があります。

実際にそれで通過できなかった女の子が私の知人にいますので、写真を撮る際は気をつけましょう!

4、本人確認のための書類

運転免許書や写真付き住民基本台帳カードなどがあてはまります。

意外と時間のかかるパスポート!申請する時期を考えよう!

パスポートって申請窓口にいったらその日のうちにもらえるんじゃないの?そんな事を考えているあなた!考えが甘過ぎます!

平日のお昼ごろに行っても、もしかしたら1時間ぐらい待たされるかもしれないのに、休日のみんなが行くような時間に行ってしまったら数時間、へたしたらそれだけで1日がつぶれてしまうなんて事も。

そして、申請した日からパスポートが手元に届くまでは早くても1週間後。航空機の予約にはパスポート番号が必要ですから、もちろんパスポートがないと航空機を予約する事が困難になってしまいます。

要するに、旅行の出発日から1週間前にとっても遅いのです。最低でも1ヶ月は余裕をもって作っておくと安心でしょう。

楽しい旅行もちょっとしたうっかりミスで台無しになってしまう事もあります。旅行の予定は計画的に!

この記事をシェアする

関連記事