• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼とも家族もペアルック!お揃いの仕方でキマるコツ!

Date:2014.05.29

一昔前に大ブームを迎えてから、すっかり表舞台から影をひそめていた”ペアルック”。流行は繰り返す、なんて言いますがまさにその通りで、最近見直されつつあるのがそのペアルックです。

色々なブランドが彼と着るカワイイペアルックや、親子・家族で着るペアルック特集など様々な視点から紹介していますね。雑誌なんかだと、それはとてもキマって見えますが、実際に街中で見かけたらどうでしょうか。

モデルさんカップルが来ているのをイメージして実際に彼と着てみても、イマイチパッとしなかったり…せっかくの家族コーデのはずが、ただの恥ずかしい”イタイ家族”に見られてしまったりしては大失敗です。

どうやったら、簡単にそして周りからも「お、素敵!」と思われるようなコーディネートが出来るでしょうか。コツをしっかり押さえて今年はペアルックでお出かけしてみましょう!

1、柄を統一してみる

まず、一番簡単に出来るものはこの”柄”を合わせていくことです。彼がチェック柄を身に着けていたら、あなたもチェック柄を取り入れてみるということです。

あくまでも、”取り入れる”というレベルにとどめることが肝心です。彼がチェック柄のパンツを着ていたからと言って、あなたもチェック柄のスカートを…というわけではありません。

例えば、チェック柄のストールを巻いてみるだとか…そんな程度のさりげないペア感が、こなれ感を演出してくれます。ペアルックに失敗するときに醸し出される”田舎感”を避ける常套手段です。

2、まるっきり同じものを絶対に着ない

よくやってしまいがちなペアルックの失敗の代表格といえば、THE・ペアルック。彼氏と彼女がまるっきり同じTシャツを着ているだとか、そんなコーディネートです。

思わずすれ違いざまに二度見してしまうような恥ずかしい格好です。そんな周りの目さえも気にならない愛の深い2人なのかもしれませんが、そんな服装は夢の国の中でミッキーとミニーを着るくらいで抑えてもらいたいものです。

たとえにミッキーをだしてしまいましたが、普段の服装でペアにするとしたら、まるっきり同じものを着るとか、同じデザインのものを色違いで着るなんて一目見てペアだ!お揃いだ!というコーディネートは今風ではありません。

彼がミッキーシェイプのTシャツを着ていたとしたら、あなたがバッグにミッキーシェイプのついたアクセサリーチェーンを付けるといった、やはりさりげないお揃いが、2人の距離を縮めます。

3、共通の色味・素材をひとついれてみる

ここまで、柄だったりキャラクターだったりをたとえにしてきましたが、ここからは色に関するペアルックのお話です。共通の色味をひとつ取り入れることで、一気にまとまりがでます。

そして、ここでも気を付けたいのがあまりにあからさまなお揃い感を出さないこと。共通させる色や素材によっても、目立ち具合が違うと思います。彼がデニム、彼女がデニム生地のジャンスカ…そんなくらいならごく自然だと思います。

しかし蛍光色のようにあまりにビビットな色だったりすると、さりげなさを演出するのが大変ですよね。ですから、ここで共通させる色は、比較的目立たないような色、普段使いする色、そして優しい色がおすすめです。

色でいうとブラックやグレーだとごく自然にまとまりがでますし、もう少し挑戦したいときはパステルカラーや今季流行している少しくすんだ色味のスモーキーカラーなんかでも、とても素敵だと思います。

自然に、よく見るとペアという加減で

ペアルックというと、同じ服を着るとか同じ色を着るというのが通説でしたが、今また再燃しつつあるペアルックの定義が、お揃いだけどもそれぞれに独立しているというコーディネートです。

お揃いのTシャツを着ることでペアルック、なワケではなくって、全身トータルで見たところで色味、風合い、着る服の系統と全ての要素で彼氏と彼女がペアルック…といった違いです。

わたしたちはペアルックを着ているぞ!と言わんばかりの服装では、一昔前のコーディネートになってしまいますから、ここはひとつ”よく見るとペア”というさりげなさをキーワードにペアルックを楽しんでみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事