• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

足先までバッチリ決める!夏におすすめなペディキュアデザイン

Date:2015.08.20

shutterstock_263474690

夏は露出が増える季節!生足にサンダルやミュールといったファションを楽しむ女性も多く、足先の爪もはっきりと見えますよね。夏だからこそ足先の爪までオシャレに仕上げたいと思いませんか?

足元は実は周りの人の視線が集中するパーツです。素足なのにペディキュアを塗っていないと、足のケアやお手入れを怠っていると思われます。

ペディキュアを塗っていると清潔感が感じられますし、オシャレに見えますよ。夏はペディキュアを楽しめる唯一の季節。いろいろなデザインのペディキュアを楽しみましょう。

夏におすすめのペディキュアカラー

ペディキュアは手のネイルよりも目立ちにくいですよね。だからこそオフィスにはしていけないような華やかな色を取りいれることが可能なんです。足の爪ならストッキングや靴で隠せますので、どんな色でも楽しめますよね。

涼しげなターコイズや水色

夏らしいネイルカラーといえば、ターコイズや青、水色といった爽やかな寒色系のカラー。見ているだけで夏らしさ、涼しげな印象を与えてくれる色です。

夏にはこういった色の洋服を着る機会も多く出てきますので、頭から足までトータルコーディネートすることも可能ですね。これにストーンやアートを組み合わせると、とても華やかですしオシャレ度もアップします。おすすめの鮮やかカラーをまとめてみました。

太陽のように明るい鮮やかなカラーもおすすめ!

夏だからこそ、普段指先に塗る機会の少ない鮮やかな色にも挑戦できますよね。

    • オレンジ

太陽を象徴させるビビッドカラー。オレンジ色の物を身に付けていると、元気な気分になれます。手に塗るのはちょっと派手ですが、ペディキュアならOK!むしろオレンジ色を選ぶことでペディキュアがとても目立つようになります。

    • 黄色

黄色にもいろいろなタイプの黄色がありますが、夏におすすめなのは鮮やかなレモンのような黄色です。見た目にも夏らしく鮮やかです。

緑色もおすすめ。自然を感じさせてくれる色です。緑色をつけるなら鮮やかな明るい目の緑がおすすめです。

    • ピンク

夏に映えるのは鮮やかなビビッドピンク。全ての爪を鮮やかな色にするのに抵抗がある方は、足の指ごとに少し落ち着いたピンク色と合わせると派手すぎになりません。

一年中使える万能カラー、白色

白は年中使えるネイルの優秀カラー。夏にも大活躍してくれます。夏に塗るなら組み合わせを重視してください。単色使いをするよりも夏らしい色と合わせる、夏らしいネイルアートと施すと季節感が出せますよ。

夏におすすめのネイルデザイン、ネイルアート

ペディキュアを塗るならただ単純に色を付けるだけではもったいない!アートや色を複数組み合わせることで、オシャレな足元を作っていきましょう。わざわざネイルサロンに行かなくても、自分でおしゃれなアートを楽しめますよ。

おすすめのアートや組み合わせを紹介していきますね。ネイルアートで用意したいものは

    • お好みのネイルカラー

ペディキュアを楽しむためにも、ネイルカラーを複数用意しておくとアートのバリエーションが広がりますよ。

    • アートに必要な小物

ネイルアートをするのに必要な飾りや小物を用意しておきましょう。

    • ピンセット

細かいパーツを乗せるのに使います。

    • マスキングテープ

ボーダーやストライプ柄を作るときに使えます。

    • 細い筆

細めの筆を用意しておくと、爪にアートを描く時に便利です。

    • つまようじ

ドット柄を作るときに使えます。

夏カラーを贅沢に組み合わせる

ネイルアートに挑戦してみたいけれど、上手くできる自信がない。という方にもおすすめのネイルデザイン。用意するのは複数の夏らしい色のネイルカラー。これを一つ一つの爪に塗っていくだけです。

これなら特別なアートの技術も必要ありませんので、ネイルアート初心者の方でも挑戦しやすいですよね。おしゃれに見せるコツは色を使いすぎないこと。片方の指の数以上の色を使いすぎてしまうと全体にまとまりがなくなってしまいます。

ラインストーンでキラキラ感を出す

ラインストーンを使ったアートもおすすめです。ラインストーンはドラッグストアや100円ショップにて販売されていますし、シールを使えばより簡単です。ラインストーンを使うとペディキュアの華やかさが急上昇します。ラインストーンならどんなカラーにも合いますよ。

夏らしい柄、ドットとボーダー、ストライプ

夏らしいネイルデザインといえば、ドットやボーダー、ストライプですね。これも簡単に自分で柄が作れてしまいます。ボーダー、ストライプ柄はマスキングテープを使うと初心者でも失敗なくできますよ。

  1. 最初にベースとなるカラーをネイルに塗る。最初に塗るカラーは、ボーダーやストライプの線にしたい色を選ぶ。
  2. その上からマスキングテープを貼る。この時にボーダーかストライプにするかでテープを貼る位置を変える。
  3. テープの上から別のネイルカラーを塗る
  4. ネイルカラーが乾いてきたらテープをはがす。

一見難しそうに見えるドット柄も、つまようじを使えば簡単に作れますよ。

  1. ベースとなるカラーを塗る
  2. つまようじの先にドット柄になるネイルカラーを付ける
  3. 爪にドット柄を描いていく

つまようじの先端が細いので、きれいにドット柄が描けます。

夏らしい花といえば、ハイビスカス

ハイビスカスのアートは夏らしいデザイン。ハイビスカスなんて自分で描けないと言う方でも大丈夫。ハイビスカス柄のシールが販売されているので、それをはるだけで夏らしいオシャレアートが完成します。

プロのデザインを参考にしてみて!

最初から自分で上手にネイルアートを作れる方はほとんどいません。皆さん何回か練習を重ねて段々とその腕を上げていきます。最初からいきなりオシャレなデザインを作るのは難しいですよね。そんなときはプロのデザインを真似してみてください。

参考にするのは

ネイル雑誌
プロのネイリストが手掛けたデザインが掲載されています。これにはネイルデザインの作り方が掲載されていることがありますので、とても参考になります。
ネイルサロンのサイト
ほとんどのネイルサロンがお店のホームページを持っています。これにも今まで手掛けたことのあるデザインが掲載されていますのでチェックしてみましょう。

夏だからこそ、ペディキュアを楽しんで!

夏におすすめのペディキュアカラーやデザインは豊富にあります!ペディキュアのデザインバリエーションが増えると、ペディキュアをするのがどんどん楽しくなりますよ。

またペディキュアをしていると、足さきにも視線が集中しやすくなります。足の指に生えている毛の処理も忘れずに行ってくださいね!おしゃれな女性は細部にまで手を抜かないのです!

この記事をシェアする

関連記事