• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

血管を若く保つ年齢ペプチドの効果に注目!老いは血管から?

Date:2016.01.09

shutterstock_319395443

「人は血管とともに老いる」「血管年齢が若い人は見た目も若い」という言葉をよく耳にします。血管年齢が若いということは、血管がしなやかで柔軟性があり、血流もよくなるということ。

血液は酸素や栄養を身体の隅々まで運搬したり、老廃物を身体の外へ排出したりと、体の美容・健康にとって重要な役割を担っています。血管年齢を若く保つことが、美容と健康のためにとても大切なのです。

そこで注目したいのが「年齢ペプチド」という成分です。血管の老化を予防・改善し、血管をしなやかな状態に保つ作用がある機能成分です。

牛乳由来の天然成分「年齢ペプチド」とは?

「年齢ペプチド」は正式名称「ラクトトリペプチド」。カルピス社が保有する乳酸菌の働きにより、乳タンパクから生み出されるペプチドです。

下記の2種類のペプチドの総称です。

  • VPP(バリン-プロリン-プロリン)
  • IPP(イソロイシン-プロリン-プロリン)

「年齢ペプチド」の働き

「年齢ペプチド」は血管の一番内側の層「内膜」を構成する「血管内皮細胞」に働きかけることで、

  • 血管の柔軟性・弾力性アップ
  • 血管年齢の若がえり(若さの保持)
  • 高血圧の改善・予防
  • 動脈硬化などの生活習慣病の予防
  • 更年期に起こる血管機能障害の改善

という効果を得ることがわかっています。

女性は更年期に入ると血管内皮機能が低下します。その状態が続けば血管は硬くなり、動脈硬化の発症リスクが高まりますが、年齢ペプチドはこの場合の動脈硬化や循環器疾患の予防にも役立つと考えられています。

血管の若さを保つには日常的に運動をとり入れることが大切だと言われていますが、その運動と同じくらいの効果が年齢ペプチドにはあると言われています。

運動せずに年齢ペプチドを摂取するだけなのは楽でよいですが、摂取と運動を組み合わせると効果が倍増することもわかっています。余裕のある人は年齢ペプチドを摂りつつ、運動も取り入れたいですね。

「年齢ペプチド」を摂取する手段

「年齢ペプチド=ラクトトリペプチド」はカルピス社が発見したペプチド。体内では作り出せないですし、自然に存在する食材から摂るということもできないようです。

カルピス社の年齢ペプチド配合商品(オンライン限定販売)

「しなやかケア」 – 「カルピス健康通販」オンラインショップ
https://www.calpis-shop.jp/products/shinayaka.html/
「しなやかケア+カテキン」 -「カルピス健康通販」オンラインショップ
https://www.calpis-shop.jp/products/shinayaka_ctc.html/

市販のトクホ飲料「アミール」シリーズ

「カルピス酸乳/アミールS」 – カルピス:商品一覧
http://www.calpis.co.jp/products/functional/ameels15.html

アミールシリーズには、ほかに、

  • 「アミールS/毎朝野菜」
  • 「アミール」WATER
  • 「アミール」サプリメント

があります。

ペプチドとは?バリン、プロリン、イソロイシン単体ではダメ?

ラクトトリペプチドが含まれる食品はないと聞いて、「バリン、プロリン、イソロイシンなどを含む食品を摂取してもダメなの?」と思った人もいるかもしれません。

ラクトトリペプチドは下記の2種類。

  • VPP(バリン・プロリン・プロリン)
  • IPP(イソロイシン・プロリン・プロリン)

アミノ酸「バリン」「プロリン」「イソロイシン」がペプチド結合したものです。バリン、プロリン、イソロイシン、それぞれのアミノ酸にも体によい働きはありますが、ペプチド結合したものと個々のアミノ酸とは作用は異なります。

また、ペプチドはアミノ酸よりも血液中を巡る持続時間が長く、速やかに体に吸収。その作用が持続すると言われています。

あなたの血管年齢は大丈夫?血管の老化の原因とは

近年、血管年齢が実年齢よりもずっと老いている中高年が増えてきていると言われています。

その原因は、

  • 欧米化された食事
  • 偏った食生活
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 不規則な生活
  • ストレス

など。ずっと上記のような生活を続けていると、見た目に老けて見えるだけでなく、動脈硬化などのリスクを高めていってしまいます。

あなたの性格・あなたの生活に危険因子はいくつある?

生活スタイルだけでなく、性格や嗜好などが、血管年齢に大きく影響してきます。あなたの生活・性格は大丈夫でしょうか。

【生活スタイルにおける危険因子】

  • 運動不足
  • 不規則な生活
  • 常に忙しく時間に追われる生活

【嗜好における危険因子】

  • インスタント食品や脂っこい食事
  • 炭水化物の多い食事
  • 野菜の少ない食事
  • 塩分摂りすぎの食事
  • 喫煙
  • 過度な飲酒

【性格・体質における危険因子】

  • イライラ・短気な性格
  • 完璧主義な性格
  • 仕事とプライベートなど、時間や気持ちの切り替えが下手な性格
  • 高血圧
  • 手足などの冷え性

思い当たる項目が多い人は注意が必要です。

簡単「血管年齢チェック」で調べてみましょう!

血管年齢を正しく調べるには病院などの施設に出向いて、測定する機械でちゃんと調べてもらわなければわかりませんが、いくつかの設問に答えるだけで、おおよその血管年齢や危険度を推測するテストがサイト上には用意されています。

ぜひ、一度、調べてみてください!

SnapCrab_NoName_2016-1-8_12-54-22_No-00

※結果がリスク度(高い、やや高い、低い、やや低い)などで表示されます。
SnapCrab_NoName_2016-1-8_12-54-38_No-00

「カラダ年齢チェック ― 血管の年齢チェック」
http://www.wakasanohimitsu.jp/check/

※「あなたの血管年齢は○○歳です」と結果が年齢で表示されます。

見えない血管まで意識する生活を!

shutterstock_321639935
体の中にある血管の様子は、私たちには見ることができません。でも、血管の状態は体のあちこちにサインとして表れているはずです。

血管は酸素や栄養を絶え間なく体中に運び続けています。そして、全身から老廃物を運び出しています。血管の状態が悪くなれば、これらの働きが滞り、肌の調子や体調に表れてくるはず。

お肌の老化が気になりだしたら、血管も老化が進んでいるのでは?と気に留めてみてください。

そして、まずはできることから。

  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • 禁煙
  • 腹八分目の食事
  • 野菜・海藻・キノコ類を意識した食事
  • 肉類より魚・大豆を食卓に
  • レモン、酢、辛子など、香りや酸味、香辛料などで味付けに工夫を

目に見えて気になることがある人、生活を変えられない人は、年齢ペプチドの力を借りるなど、自分の状況に応じて対策を考えてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事