• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パーソナルカラー診断!よりあなたらしいあなたになれる、メイク

Date:2014.11.20

さて、前回の記事で「夏の途中から冬の途中、濃くてクリアな色、ブルー系」が似合うと診断された私。次は、私の骨格からどのような素材、スタイルの服が似合うかという診断に入りました。

パーソナルカラー診断⑤骨格診断

ここでチェックされるのは、手首と胸元、ウェストの上あたり。これも岡田さんと互いに違いを見ながら進んでいきます。

私の手首は骨が丸く、岡田さんは平べったい。私は鳩胸気味で、ウェストも円柱形でした。岡田さんのウェストはどちらかというと平で、同じ人間でも形が違うんだ!と新鮮な驚き。

私の骨格はナチュラル、ストレート、ウェーブという3種類の診断の中で、ストレートという部類に入るそう。ただ皮膚の感じは日焼けしていたりするので、ナチュラル、ということになりました。

ストレートの人はレースなどの可愛らしいのは似合わず、シンプルな形の服が似合うとのこと。

ただナチュラルの要素が入っているので、アクセサリーに自然素材を持ってきたり、マキシスカートやぐるぐる巻きにしたスカーフなど、1点ボリュームを持たせたファッションがよいそうです。

意外だったのは、ハイゲージのニットもざっくりニットも両方いけると言われたこと!どちらも好きでしたが、どっちが似合うのかなと思っていたので、両方似合うのは嬉しいです。

加えて、似合う髪型も見ていただきました。前下がりのボブか、自然なロング。今の髪型だとボブにできそうだなと頭にメモ。

さて次は、メイク!楽しみです。

パーソナルカラー診断⑥メイク

フルメイク

元のメイクを落とし、化粧水とクリームで整えてからメイクに入ります。メイクの学校にも通っていたという岡田さんは、美容法にも詳しく私の肌状態の改善のためのアドバイスもくださいました。

私が持ってきたファンデーションは色が明るすぎ(ブランドの関係で、それが一番濃い色なのですが)。

無料の診断で勧められたチークや口紅は青すぎ(パーソナルカラーに合わせたメイキャップの色を選ぶとこういうことが起こるそう。メイクの勉強もしたカラリストさんだとより似合う色を教えてくれるんですって)。

岡田さんのサロンのメイク用品をお借りしてメイクしていきました。ベース、コンシーラー、チークにアイシャドウ、アイブロウ(左右がたがただったので、整えてもらい)、リップにハイライト…フルでメイクをしていただきました。

雑誌で研究してメイクしても似合わないのは、自分の骨格や顔の作りを無視していたから。青い要素を持つ人がブルー系の色をメイクで使うとより青ざめるので、逆にイエロー系の色を使って自然に仕上げる、など目からウロコのアドバイスの数々をいただきました。

できあがった顔は、「今までと違う顔だ!」。はっきりしていながら、柔らかい印象もあり、女性らしい感じ。心がうきうきしてきます。

その後、笑顔の練習。(「あなたの場合、無表情と大爆笑のどちらかの顔しかないから、その中間の微笑みを練習して!}」と岡田さん)

写真撮影

そして、パーソナルカラー診断で見つかったベストの10色の布を当てて写真撮影しました。

可愛らしいワンピースを着た岡田さんが、がにまたで、「それ!その顔!」などと言いながらわしわし写真を撮っていき、私も「はい!」とか言いながら笑顔をして、なんだか部活みたいな雰囲気で面白くなってきました。

メイク直後はちょっとびっくりした自分の顔でしたが、でも写真を見てみると・・・ビフォーの顔よりアフターの顔の方がより自分、という認識ができるのが不思議。

写真撮影後はテーブルに戻り、メイク用品のおすすめや、残った質問などをして終了しました。

1週間と少し経って、自分のパーソナルカラー診断のまとめ(似合う色で撮った写真、ファッションとメイクのアドバイス)が届きました。話を聞くだけでは聞き流してしまったことが文字と写真で見えるので、嬉しいですね。

パーソナルカラー診断を終えて

というわけで、私のプロのパーソナルカラー診断は終わったわけです。感想としては、受けてよかった!この一言です。

ファッションの「これでいいのかな?」が「これでいいんだ!」という自信に変わり、特にどうやったらいいのか分からずに適当に済ませていた勘違いメイクも理想像が見え、不器用ながらもやってみよう!というやる気がでました。

価格は決して安くありません。しかし、その後の自分の姿を見、これからの展望が感じられる期待感に比べたら安いもの!

人気のカラリストさんは予約を取るのが困難ですが、もしタイミングがあったらぜひトライしてみてください。「パーソナルカラー」で検索するとたくさん出てきます。サイトにはカラリストさんの写真が出てきますから、「あ、この人いいな」と思うところにアクセスしてみてください!

この記事が、これからのあなたの輝く美しさの後押しになれば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事