• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知れば100倍綺麗になれる!簡単パーソナルカラー

Date:2013.06.02

人はそれぞれ、違った髪の色、肌の色、瞳の色を持っています。そしてそれぞれに自分に似合う色を持っているのです。色といっても単に青が似合わない!赤は似合う!というものではありません。

色には色相というものがあり、彩度と明度の違いで同じ緑でも明度と彩度が違うだけで全く違う色に見えるんです。

たとえば、同じ木の葉っぱでも日にあたって明度が高い葉っぱと日陰で彩度がどちらかというと高い葉っぱでは同じ色のはずなのに全然違う色に見えますよね。

なんだか年齢よりも老けてみられる。肌のお手入れは完璧なのにくすんで見える、疲れてるように見えてしまう。それって実はあなたが身につけている色があなたに似合う色と違っているからかもしれません。

そんな損をなくすために今回ご案内するのが「パーソナルカラー」です。パーソナルカラーそは「自分に似合う色」の事です。スプリング・サマー・フォール・ウィンターと4つに分類されており、誰でもこの1つにあてはまるようになっています。

この4つはその名のとおり、それぞれの四季を連想させるような色になっています。例えばスプリングカラーは花を思わせる薄いピンクや黄色といったように自分がそのタイプが似合うかという事さえ知っていれば、色を連想するのはとても簡単です!

新しい生活が始まるこの季節に自分に似合う色を見つけて印象アップをしてみましょう。

私は何タイプ?自分のパーソナルカラーを見つけよう!

まずは自分がどのタイプに当てはまるか調べてみましょう。以下の3項目にこたえるだけで、自分がどのパーソナルカラータイプなのか判断できます!それでは鏡を片手に挑戦!

■肌の色は何色ですか?

A,桃の要に黄色とピンク 
B,透明感があり、ピンクや紫みがある 
C,くすみはややあるが、黄色みが強く落ち着いた印象 
D,透明かんがあり青白く結構が良くない

■瞳の色は?

A,茶系で、中心の黒がはっきりわかる 
B,くすんだ茶色で、中心と白目にグレーみがある 
C,全体的に黄みを帯びている 
D,黒みが強く、白と黒がはっきりしていて

■唇の色は?

A,黄みのピンク 
B,ぼんやりとしたやわらかいピンク 
C,くすんだオレンジがかった赤 
D,青ざめている深みのある赤
Aが一番多かったあなたはスプリングカラータイプ薄めの黄色がかったいろが似合います。
Bが一番多かったあなたはサマーカラータイプ。青みがかった薄い色が似合います。
Cが一番多かったあなたはフォールカラータイプ。グレーを混ぜた黄色みがかった色が似合います。
Dが一番多かったあなたはウィンターカラータイプ。青みがかったビビットな色が似合います。

スプリングカラーとフォールからは黄みがかかっている色。サマータイプとウィンターカラーは青みがかった色が似合います。スプリングカラーとサマーカラーは薄い明度の高い色が似合い、フォールカラーとウィンターカラーは彩度の高いビビットな色が似合います。

私の好きな色はパーソナルカラーと逆!もうこの色は着れないの?

すくんだマスタードイエローが大好き!でも私のパーソナルカラーはスプリングカラータイプだからマスタードイエローは似合わない!肌の色をくすませてしまうマスタードイエローはもう着れないの?そんな心配はいりません。

確かに全面的にマスタードイエローを着てしまっては、老けたような印象になってしまいますが、ワンポイントとして身につければOK!

一般的に人の視線は顔→上半身→下半身と言う順に移って行きます。ようするにその人の印象は顔周りと上半身が60%以上を占めると言う事です。

ですから、タイツにマスタードイエローをつかってちょっとレトロな感じにしたり、靴やポーチタイプの鞄や肩掛けでない鞄など、顔から離れた場所に持って行く事で、一番重要な顔色を悪くする事なく自分の好きな色を楽しむ事ができます。ちょっとした工夫で好きな色を賢く取り入れる事ができます。

私が持ってる洋服ってパーソナルカラータイプの色と全然違う・・・全部買い替えないとだめ?

いままで着ていた服の色相がパーソナルカラータイプと全然ちがう!全部買い替えるとなるとちょっとお財布の中身が心配・・・。

確かに今までこつこつ貯めてきたお気に入りの洋服を全て捨てるというのは勇気がいりますし、買ったばかりの高かったあの洋服も捨てるなんて絶対エコじゃないですよね!でもそんな心配はいりません。

上記でも述べたように重要なのは顔の周りです。例えば、ウィンターカラータイプの人。薄いピンクが大好きで、洋服も化粧品もピンク中心!そんなあなたはとりあえず、ルージュの色を青みがかった赤にかえて見ましょう。顔色が引き締まり、印象がぐんとアップします。

また、どうしても薄いピンクが着たいと言うのなら、薄いピンクに合うディープな紺のスカーフなどを首に巻いてみましょう!ぐんと引き締まって見えるようになりますよ。自分に似合う色を見極めて、自分の魅力をぐんとアップさせましょう!

この記事をシェアする

関連記事