• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏と居るより癒される?!女性に人気の手軽に飼えるペットとは

Date:2014.10.24

彼氏と喧嘩した時や彼氏が出来ない時にはストレスが溜まるでしょうから、発散させるためにお酒やカラオケへ行く方も多いのではないでしょうか。

しかし、ストレスは癒しという方法でも解消することが可能です。

「彼氏と居るより癒される」と語るのは、ハムスターを飼っているOLのIさん。

最近彼氏と会っても喧嘩することが多いIさんは、「ハムスターと戯れているほうがリラックスできる」と言います。

今回は、女性に人気の手軽に飼えるペットをご紹介します。

ペットを飼う女性たちはどんな風に癒されているのでしょうか。

愛らしい動きのハムスター

付き合って5年になる彼氏が居るOLのIさん(29歳)は、彼氏と居るよりもハムスターと居る時間のほうが癒されると言います。

「ハムスターって、起きている時も寝ている時も可愛いのでいくら見ていても飽きません。

特に好きな顔は、食事中にひまわりを頬いっぱいに詰め込んでいる時です。

もう入らないのではないかというこちらの心配をよそに、次々と入れてパンパンの頬で目が合うとたまりません。

あとは寝ている時の顔も無防備で好きです。

5年付き合っている彼氏の顔は見飽きているし、何をされても可愛いとは思いませんが、ハムスターは別格です。

彼氏と居る時よりもハムスターと戯れているほうがリラックスできますし、彼氏と喧嘩して眠れない夜も私と一緒に起きていてくれますから、彼氏よりも頼れる存在かもしれません」。

話し相手になるセキセイインコ

付き合って3年になる彼氏が居る自営業のRさん(34歳)は、悩み事をセキセイインコに聞いてもらい日々癒されていると言います。

「オスのセキセイインコと暮らして5年になりますから、彼氏よりも付き合いが長い相方です。

とても賢い子なので『ただいま』や『行ってきます』、『いい子だね』など私の口癖を真似ておしゃべりするので、一緒に居る時間はとても賑やかです。

彼氏との仲が上手くいっていない時などは一方的に話しかけるのですが、そんな時にはいいタイミングで『いい子だね』と言ってくれることもあって、私にとってはとても大切な話し相手です。

うちのセキセイインコは野菜が好きなので、仕事帰りには新鮮な野菜を購入してミニサラダを作ってあげて一緒に食べる夕食の時間も癒しです。

彼氏からは一緒に暮らしたいと言われているのですが、同棲したらセキセイインコとの大事な時間が減ってしまうので返事は保留にしています」。

見ているだけで落ち着くミナミイシガメ

付き合って2年半になる彼氏が居る派遣社員のAさん(24歳)は、食費も手間もかからないイシガメに癒されて10年になるそうです。

「実家に居る時から飼っていて、一人暮らしする時にルームメイトとして連れてきました。

ミナミイシガメは、保温電球やヒーター、紫外線ライトなどが必要ですが、水槽の掃除は2週に1回程度でエサ代もほとんどかかりません。

派遣社員でそれほど余裕が無い生活をしている私にも無理なく飼えています。

亀を飼っていると言うと退屈じゃないの?と聞かれることもありますが、室内を歩いている姿は可愛いし、ベランダに連れ出して一緒に日光浴することもあります。

タオルに包んで抱っこもできるので退屈になんて有り得ません。

グルメなので鶏肉や牛肉の脂身を取って与えると大きい口を開いてもっともっとと手でおねだりもします。

夜に飲みたくなった時には、お酒が弱い彼ではなく夜行性のミナミイシガメに晩酌の相手をしてもらっています」。

童心に戻って一緒に遊べる猫

付き合って2年になる彼氏が居るフリーターのTさん(23歳)は、実家に居る子猫と居る時間が癒しと言います。

「彼氏は正社員として働いているので、夜にバイトしている私とは基本的に時間が合わないのです。

時間を作って会ってもお互いに疲れている時間で喧嘩も多いです。

イライラして帰ると、実家暮らしなので母から『まともに働くか、結婚しなさい』と言われて居場所が無いのですが、子猫が私を癒してくれています。

近所の人から譲ってもらった猫ですが、とても元気な子なのでおもちゃを見せると飛びついてきます。

童心に戻って一緒に走り回るといい運動になりますが、『楽しいね』と振り返ると飽きた猫はお気に入りの窓辺で毛繕いしてお休みモードへ。

そんなツンデレの所も好きです。

彼氏のことや仕事のこと、母親のことなどで悩んでいると私の横に寝そべって撫でてと顔をこすりつけてくる猫は私にとって最高のカウンセラーかもしれません。

そろそろ色んな事を真面目に考えようと思っていますが、もしも家を出る時は子猫も必ず連れていきます」。

飼う際には責任を持って

彼氏よりもペットに癒されるという女性たちをご紹介しましたが、どの女性も最後まで責任を持って飼うという覚悟があるようです。

気軽に飼えるペットにも命がありますから、ご自身の状況と併せてよく考えた上で飼うことをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事