• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【プチ断食】オレンジとレモンで短期集中美肌づくり!驚きの透明肌に!

Date:2012.07.16

嘘かと思いました。実際に見るまでは。3日間のプチ断食で、透明な陶器肌になるなんて…。デトックス(解毒)効果もあるし、断食後は代謝がよくなってお肌にもいいとは聞けれど、実際に始めるにはちょっと勇気のいる「プチ断食」。

でも、ここまで効果があるならやらない理由はないですね。この透明肌を実際に目にいたら、今週末にもぜひトライしたくなりますから。

断食って

断食、つまり食べないこと。食べないことで体のなかに貯蓄されているエネルギーを使い切り、さらに脂肪を燃焼させる。

内臓を休めるので、免疫力が高まる。代謝がよくなりお肌もきれいに。胃が小さくなるので、その後も食べ過ぎにストップがかかる。

体を機能ごとリセットするのが「断食」。ただし専門家や医師の指導がない場合は、3日間以上の断食は危険だとされる。実際に断食を行う施設などでは、専門家や看護師が常駐している。

しかし、家で手軽に断食したいのが本音。そこで3日間で驚きの透明肌になれる断食を紹介しよう。

週末プチ断食

3日間なので、週末が適当。用意するものはビタミンが豊富で代謝を促すオレンジとレモン、水。そして、注意事項として、断食の3日間は、お酒を飲まない、過度な運動はしない、水は飲む、健康状態が今ひとつという時はやらない、の原則を守ろう。

  • 金曜日…朝は抜くかヨーグルト。昼は軽くスープとサラダなど。夜は就寝の3時間以上前にオレンジとレモンのみ。水は飲んでいい。
  • 土曜日…空腹時にはオレンジとレモンのみ。水はたくさん摂る。
  • 日曜日…昼までオレンジとレモンのみ。その後夕方に野菜スープ。
  • 月曜日…まだ内臓がもどっていないので、できるだけ軽く。
  • 火曜日以降…リバウンドに注意しながら軽めの食事を1週間ほど続ける。

実際に断食は金曜、土曜、日曜のみ。断食といながらも、レモンとオレンジ、お水はいい。これならどうにかできそうな予感。

「単品ダイエット」とも呼ばれる、何か一種類のものだけ体内に入れるダイエットは本当はおすすめできない。栄養価が偏ると体にも弊害がでるし、栄養素は互いに影響しあって、吸収がよくなる。

しかし、長期のダイエットと違う短期集中のプチ断食なら話は別。むしろ、何も食べない断食よりも挑戦しやすく、結果的にダイエットにもなる。

月曜以降が大切

短期といえども断食をすると、感覚が研ぎすませれたように感じる。食材の味がしっかりわかるようになる。そうすると「こんなに美味しい」と食べ過ぎてしまう結果にもつながる。

せっかく断食をして体の内側からリセットしたのに、再び余計な糖質や塩分を体に蓄えては、せっかくの断食の意味がない。月曜以降の食事には十分気をつける必要がある。

断食の3日間で胃が小さくなっているはずなので、それに合わせた軽めの食事をバランスよく食べること。胃に負担がかかる動物性タンパク質を大量に摂ったりするのは、厳禁。

断食でデトックス

実は病気の原因には「食べ過ぎ」「栄養過多」が影響している場合が多い。特に甘いもの、スナック菓子などは体内に蓄積されやすく体調を左右する。

普段から腹8分を心がけて満腹になるまで食べないほうが健康にいいのだ。しかし、現代ではなかなかそうはいかない。そこでこの断食でデトックスをしてみるといい。

体内から毒素がでるせいか、3日後の肌は驚くほど透明になり落ち着いてしっとりとする。体が断食でもたらされた「飢餓状態」に対応して自分で活性化しようとしているのが実感できる。

このプチ断食、3、4か月に1度ほどの割合で続けてみると、素肌の透明感や体調がよくなる、体重以上に体の軽さを意識できるはず。

この記事をシェアする

関連記事

コメント