• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

猫はこたつで丸くなる…暖房器具のペットの毛対策!

Date:2013.09.26

こたつと言えば、一度入るとなかなか出たくない冬の楽園(?)ですが、それはペット達にとっても同じこと。ペット、特に猫を飼ったことがある人なら、彼らのこたつ好きはよくご存知だと思います。

気持ちよさそうにこたつにこもっているのを見ると、飼い主としても嬉しいものですが、しかしやはり考えてしまいますよね。「ペットの毛」のこと。

今回は、こたつを初めとした暖房器具の、ペットの毛のお掃除についてご紹介します。

「こたつ」についた猫の毛対策

猫の毛って柔らかくてお掃除が大変ですよね。しかし、寒がりな猫にこたつを我慢させるのは可哀想だし…。簡単にできる「猫の毛対策」を挙げてみました。

① 換毛期はこたつを我慢

猫の毛の生え代わり時期(換毛期)は、秋から冬(10~11月頃)と冬から春に変わる時期(3~4月頃)が本番と言われています。

寒さが厳しくなる時期と、少しずつ暖かくなってくる時期に、体温調整がしやすい体毛に生え変わるわけです。この時期はただでさえ家中が猫の毛だらけになります。

いっそのこと、こたつを出すのは換毛期が終ってからにしてしまいましょう。猫も飼い主も少々辛い日があるかもしれませんが、ホットカーペットやエアコンで室温を調整すれば耐えられないことはありません。

② 根気よくグルーミング

上記の換毛期、実は完全に室内で飼っている猫の場合、当てはまらないことがあります。

換毛期は日照時間が関係していて、日常的に日を浴びている猫は季節の変わり目に毛が生え変わりますが、ずっと室内の明るいところにいる猫は季節関係なく毛が抜けてしまうということもあるそうです。

とにかく年中毛だらけになってしまう…この場合は、とにかくグルーミングあるのみです。抜け毛対策は「とにかくグルーミング」派の飼い主さん達から、絶大な支持を得ているグッズといえば、『ファーミネーター』。

ダジャレのようなネーミングですが、アメリカ発の大人気ペット用コームです。猫のようなふわふわ細かな毛をしっかりキャッチし、ごっそりと取ってくれます。輸入品ですが、通販サイトを利用すると比較的簡単に手に入ります。

③ 毛が取れやすいカバーをかける

ホットカーペットやこたつ布団に、ふわふわの毛足の長いカバーをかけていると、猫の毛は細くて軽いので思い切り絡まってしまいます。できるだけ、起毛ではないタイプの布団カバーにすると、粘着テープだけでもかなりペットの毛はお掃除が可能です。

座布団カバー、クッションなど、猫が転がりそうなファブリックもできる限り起毛は避けましょう。

「ペットの毛対策」はお掃除のためだけに非ず

猫の毛はとにかく細かくて柔らかく、抜ける時期はふわふわと空中を漂います。突然の来客でお掃除に焦ったり、服に着いてしまったり、アレルギーの心配もありますね。また、ペットにとっても抜け毛は注意が必要な場合があります。

猫は舌を使って毛を梳かしますが、換毛期は通常よりも多くの体毛が体に入ります。普通、取り込んだ毛は毛玉として吐き出したり、糞と排出しますが、毛玉が腸で詰まって病気になることも。

飼い主さんがマメにグルーミングしてあげることで、毛玉を飲みこむことによる病気のリスクも少なくなり、ペットとのコミュニケーションとしても最適です。

この記事をシェアする

関連記事