• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

100円グッズでここまで出来る!めくれるフォトフレームの作り方

Date:2012.07.28

写真を撮るのが好きな人、増えてますよね。でも、せっかく撮った写真、眠ってませんか?発表のチャンスなんてなかなかないけど、上手に撮れた写真は誰かに見て欲しいもの。そんな時は「めくれる」フォトフレームを手作りしてみましょう。

アルバムタイプのフォトフレームだから、えりすぐりの写真をセットするのにピッタリ。100円ショップで揃う材料で簡単に作れます。完成したら自慢の写真を玄関やリビングに飾って、遊びに来た友達や身内の方にササッと見せられるようスタンバイしましょう!

用意するものは?

アルバム台紙・飾りたい写真のサイズ、枚数に合わせて用意
リング金具・・2個(リングが開くタイプがおすすめ)
スタンド・・・イーゼル型でもL字型でもOK

基本的にはこれでOKですが。

リボンシールやレースシール、フェルトモチーフ、その他いろんなシールが今あるんですね。これらは全て100円ショップで買いました。撮った写真に合いそうなものを数種類、ご用意ください。撮った写真がぐ~んとグレードアップ!とっても楽しいフォトフレームになります。

まずは、台紙にリング金具をセット

まずは、アルバム台紙の穴にリング金具をセットします。私が購入した物は14枚セットの台紙だったので、かなり厚みがありました。ので、リング金具は留め金がついていてパカッと開くタイプがよかったみたい。ついてないタイプを買った私はペンチでリングを開き、かなり苦労してセットしました。枚数が少ない場合も、開くタイプがいいと思います!(笑)

両方の穴にリング金具をセットしたら、写真を貼る面をオモテに向けます。アルバム台紙によっては、片面にしか写真をセットできないものがあるようなので注意してください。

この状態でスタンドにセットすると、こんな感じです。このまま写真を飾っても、もちろんOKですが・・・

ケーキ用のレースペーパーを1/4カットして。

アルバム台紙にセットしてください。この時、レースペーパーはきっちり台紙の端によせず、少し隙間があくようにセットするとのり面がきいて、きれいに写真を貼れます。のり面がないと空気が入りやすくピタッと貼れないので注意が必要です。

レースペーパーの上に、例えばお気に入りのペットの写真を切り抜いて置くと、、、とたんにアレンジしやすくなるんです。これは、ペットなど対象物(の表情)はよく撮れたけど、余計なものが写ってしまっている場合にいい飾り方だと思います。

アルバム台紙に写真をのせフイルムシートをかぶせたら、上からレースシールやフェルトモチーフを貼るだけで、こんなに可愛くなりました。裏にシールがないものは両面テープで貼ればOK。手持ちの可愛いシールやスタンプ文字などでデコれば、もっともっと可愛くなりますよ。レースペーパー部分にゲストの名前やあいさつ文を入れて、ウェルカムボードがわりにしてもいいかもしれませんね。

写真を切り抜かない場合は?

次に、切り抜く必要のない写真の場合をご紹介します。まず、写真をそのままアルバム台紙に貼ってください。

リボンシールをフレームのように貼ってフエルトモチーフをランダムに飾るだけで、こんなに可愛くなります。

リング金具でとめてあるだけなので、多少厚みのあるモチーフでも大丈夫。きっちりしたブックタイプのアルバムやガラス面のフォトフレームではできない遊びができるのが、このフォトフレームのよさなんです。

さらに、きちんとフレームっぽいものを付けたい場合も大丈夫。こんな風に写真をセットした上から・・・

太めのリボンシールにリング金具用の穴と切れ込みを作って貼ってください。

多少よれてもOK、フレームの四辺に沿って貼るだけです。ただし、写真の中心はフレームの中央に位置するよう置いてくださいね。

リボンシールの上からレースシールを貼れば、ご覧の通り。素敵なフレームタイプの飾りになりました。レースシールは穴開けパンチで穴をあけなくても、切り込みを入れるだけでリング金具のまわりもきれいに貼れます。

もちろん、タテタイプの写真にも対応できます。写真のようにフキダシをつけたり、ハートや音符のシールなどで動きをだすとコミック風に。お好みで遊び心いっぱいのアルバムフレームを作って、いろんな人に写真を見てもらってくださいね!

この記事をシェアする

関連記事