• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人とは絶対に被らないアクセサリー、プラ板で作る面白ピアス

Date:2014.11.06

usa_top

ちょっと前にハマっていたプラ板。真夏の暑い中、汗を流しながら作るのはなぁ…と、ちょっと敬遠しておりましたが、秋の涼しさに誘われて、またまたプラ板熱が上昇中!

先日電車の中でふと思いついた今回のピアス。耳の前と後ろの絵が繋がっていたら、かわいいんじゃないの?後ろの絵だけ動いていたら、もっとかわいいんじゃないの?

…思いたったが吉日!早速作ってみました!これをしていれば、友達からツッコミ入れられること、間違いなし!ですよ。

準備するもの

・プラ板
・油性ペン
・はさみ
・カッター
・マニキュア
・ピアス金具(平面の丸皿が付いたもの)
・接着剤
・トースター
・アルミホイル
・プラ板を平らに抑えるもの
・マスキングテープ
・穴あけパンチ

絵を描いてプラ板にしよう

まずはイラストを描きましょう。前後になったら可愛い、という画像がおすすめ。

私はとりあえず、うさぎ。後ろに来る部分は、耳たぶで隠れることも想定して長めに描きましょう。

大して上手くもない絵を晒していいのだろうかという懸念はありますが、まあ、アイデアのひとつとしてご覧ください。

こちらの絵を、油性ペンでプラ板に写し取ります。プラ板は100円ショップセリアさんで購入。

後ろになる部分は横にずらして写しましょう。

更に、うさぎの頭とだいたい同じ位置になるように、上を繋げます。

そして、絵に沿ってハサミで切り抜きましょう。角になるところには無理やりハサミを入れるのではなく、こんな風に…

角まで切ったら、今度は逆側からハサミを入れましょう。無理にそのまま進めようとすると、プラ板が割れてしまいますのでご注意くださいね。

さらにこんな面倒くさそうなところは、こんな風にハサミを入れたら、


カッターに持ち替えて。


カッターでは切ることはできませんが、溝を付けるようにラインを引きましょう。

そうすれば、

指で簡単に外すことができます。

切り取り完了!

…と、このままではただのプラ板になってしまうので、ここは忘れちゃいけない作業。穴あけパンチで、胴体部分に穴を空けます。


位置は適宜調整してくださいね。

もう一方も同様に

さて、ここまできて片耳じゃさみしいよね!というわけで、反対側の耳用にも作成。

両方ウサギじゃつまらない。せっかく大好きなウサギモチーフで作ったのだから、反対側も、大好きな星のモチーフでつくりました☆

作り方が違う部分だけ、ちょっとご紹介。ウサギとの大きさバランスを考えつつ、星をいくつか描きます。

下書きだから、ご覧のとおり適当で大丈夫。

プラ板の空いている部分に油性ペンで写し取りましょう。

余分な線などはなぞらなければOK。

同様に、いくつかの星を重ねて写します。

ポイントは、一番手前にしたい部分から描くこと。重なった部分の線は描きません。

さきほどと同じように、余分な箇所を切り離せば、ウサギに追いつきました♪

色を塗って

ここまでの作業が終わればあとは簡単。プラ板を焼く作業は何度もお届けしているので省略させていただきます。私は初めてなのにっ!という方は、過去の記事をご覧くださいね。


六分の一に縮んだウサギ。分厚くなって、そしてペンのムラが消えて、ちょっと可愛く変身。

ここで登場するのはこちら、白いマニキュア。

爪を白くすることなんてないけれど、なにか作るのに使ったと思われるマニキュア。ウサギならやっぱり白ウサギよね!…というわけで。

何か持ちやすいものに、輪にしたマスキングテープで固定。塗ります!

はみ出さないように、でも、ちょっとたっぷりめに。

次は顔部分を塗りますが、こんなひと手間。

ピンクのマニキュアを

ほっぺ部分にチョン!りんごちゃんほっぺ、大好きです。

乾いたら先ほどと同じように白マニキュアで塗ればOK。もう一方の星たちは、やっぱりちょっとキラキラさせたい、と思い…

更にこんなマニキュアたちに協力を仰ぎました。

その結果…

ほら、キラキラ~☆

納得いくまでラメを上塗りしたら、しっかり乾かして…

こちらも上から白を塗りましょう。

ピアスに貼ったら完成

これで最後の工程!色を塗って乾かしたピアスに

こちらのピアス金具を付けます。

丸皿つきピアス金具。貴和製作所さんにて購入。

こんな強力な接着剤で

顔部分の裏に接着。

半日ほど置いて乾かしたら、

軸に胴体部分を通して…

完成です!

星のも同じく

軸に連なった星を通せば

なんだか立体感が!

留めてみれば、ぶら下がりうさぎ。

胴体が動いて可愛い!

カラフルな星たちも、動けばラメがキラキラ輝きます。

モデルが私で恐縮ですが…!

顔だけでもかわいいうさぎ。これはこれで使えますね。


うしろから胴体が…!自分で作っておいて何ですが、これはかなり萌えませんか?


星も、装着したほうがずっと可愛い!これはいろいろ作ってみたくなるってもんです!…っと、ちょっと興奮しすぎました、すみません。

100円のプラ板、ひとつに換算したら30円程度のピアス金具…あとは手持ちのもので、こんなに可愛いピアスが作れるなんて!

仕事にはして行けないけれど、ちょっと遊びに行くときには楽しめそう!皆に「どう?どう!?」と見せたいピアス、できあがりました☆

この記事をシェアする

関連記事