• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲む美容液とも呼ばれるピクノジェノールの驚くべき美容効果

Date:2016.08.25

shutterstock_95187295ピクノジェノールというスーパー抗酸化作用を持つ成分をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない名前で食べ物?化粧品?と中身が想像つかないと思いますが、フランスで採れる松の成分です。

健康維持だけでなく、美容にも女性の不調にも効果があるというピクノジェノールのパワーを知ったらきっと試してみたくなるはず!

ピクノジェノールの健康効果や美肌効果、摂取方法などをご紹介します。

ピクノジェノールの正体は松の樹皮から抽出される成分

ピクノジェノールとは、フランスの南西部ボルドー地方で採れる松の成分です。大西洋沿岸に生息するフランス海岸松の樹皮から抽出された成分がピクノジェノール。

このピクノジェノールにはOPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)という特殊なフラボノイドが含まれていて、現在発見されているどの成分よりも抗酸化作用が強いといわれているのです。

アンチエイジング効果抜群!ピクノジェノールの美容効果

現代最強の抗酸化物質といわれるピクノジェノールの美容効果をみてみましょう。

ピクノジェノールのすごさを知ったら、美肌作りのために今日からでも使いたくなること間違いなしです。

強力な抗酸化作用で肌の老化防止

ピクノジェノールが抽出できる海岸松は、その名の通り海岸に生息する松で世界各国にあるものですが、フランスはボルドー地方の海岸松が有効成分を効能で含んでいるとされています。

抗酸化作用は、

  • ビタミンCの340倍
  • ビタミンEの170倍

ともいわれ、世界中の研究者が注目しています。

ビタミンCとともにコラーゲン生成に役立つ

肌の弾力を保つためのコラーゲン生成にはビタミンCが必要です。

ところがビタミンCは水溶性ビタミンなので、尿などですぐに排出されてしまい、体の中に溜めておくことが出来ません。

また、体内で作り出すことは出来ないので、毎日継続して食べ物から摂る必要があります。

ただ、毎日必要量のビタミンCを取る為に果物野菜を食べ続けるのはけっこう大変ですよね。

そこで、せっかく摂ったビタミンCを無駄にせず最大限活用するために、ピクノジェノールが役に立つのです。

ピクノジェノールは体内でのビタミンCを保護し、さらに効果を高める働きがあるとされています。

ビタミンC以上の抗酸化作用を持つピクノジェノールを摂取すれば、ビタミンCとの相乗効果でコラーゲン生成に大きな役割を果たしてくれます。

肌の弾力を保ちシワを予防する効果

肌の弾力を保つためには、

  • 膠原(こうげん)線維と呼ばれるコラーゲン
  • 弾性繊維とよばれるエラスチン

の両方が必要です。

コラーゲン繊維同士を結びつける役割があるのがエラスチンで、エラスチンがなければ肌のハリが失われてしまいます。

ピクノジェノールはコラーゲンとエラスチンを守ることにより肌の弾力を回復し、シワを予防してくれるのです。

紫外線から肌を守る「飲む日焼け止め」

私たちの皮膚は紫外線を浴びると活性酸素を増やして身体を守ろうとします。

活性酸素自体は体にとって必要なものではありますが、増えすぎると細胞の酸化と老化の元となり、細胞を破壊してしまうという悪影響があります。

シミやシワを予防するためには、活性酸素を増やさないことが何より大事!

ピクノジェノールは強力な抗酸化作用でこの活性酸素を取り除く働きがあります。

紫外線のダメージから身体を守ってくれて、体の中から美白が出来る「飲む日焼け止め」として使うことが出来ます。

ポリフェノールで痩せやすい体質へ改善

ピクノジェノールのダイエット効果にも注目したいですね。

ピクノジェノールには「プロアントシアニジン」というポリフェノールが含まれていて、これがドロドロの血液をサラサラにしてくれるんですね。

これによって基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすい身体になることでダイエット効果が期待できるというわけです。

ピクノジェノールを飲んですぐに脂肪が燃えて痩せる、というわけではありませんが、血行を良くして身体を温めることにより、代謝のいい身体を作ることができます。

健康維持のサポートにも!ピクノジェノールの健康効果

ピクノジェノールの素晴らしい効果は何も美容に対してだけではありません。生活習慣病から女性の健康まで幅広く不調をカバーしてくれます。

婦人科系疾患の予防や改善にも

アメリカでは子宮内膜症の治療に使われるなど、すでに一般的になっているピクノジェノール。

日本ではまだまだ知られていませんが、

  • 子宮内膜症
  • 月経困難症
  • 月経前症候群(PMS)
  • 生理痛
  • 更年期障害

など、女性の不調に関して効果があるとされ、辛い症状緩和に役立つそうです。

ピクノジェノールには痛みや炎症を抑える働きがあることから、副作用の不安もなく、痛み止めを飲んだ時のような効果が得られるといわれています。

また、更年期障害などの女性ホルモンが関わる症状についても、世界各国ですでに臨床試験が行われ、更年期障害特有の

  • ほてり
  • 多汗
  • 不眠

などに有効性が認められたとの報告があります。

ホルモン療法は副作用も強く出る場合がありますが、ピクノジェノールならその心配がないので、医師の中でもピクノジェノールのサプリメントをすすめる人もいます。

血液をサラサラにして血流促進効果

ピクノジェノールは血管の柔軟性を保ち、血液をサラサラにする効果があるので、

  • 糖尿病などの生活習慣病の予防
  • 肩こり、冷え性
  • 肌のくすみ

などに良いとされています。

特に女性は、血行が悪いと体全体が冷えて、健康だけでなく美容の面から見ても嬉しくないですね。

血流が良くなれば、病気の予防はもちろんのこと、美肌作りにも効果があります。

抗酸化作用による高血圧改善効果

抗酸化作用がなぜ高血圧の改善につながるのか。それはピクノジェノールの抗酸化作用が血管を老化から守ってくれるからです。

血管が老化してくると、固くなり血液が流れにくくなっていきます。それで高血圧などの症状が出るのですが、血管が老化する原因のひとつが活性酸素。

ピクノジェノールの抗酸化作用で活性酸素を取り除くことによって、血管が老化するのを防ぎます。血管が弾力を持っていれば、血液が流れやすく血圧も正常に近づきます。

風邪を引きやすい人にも免疫力アップにおすすめ

ピクノジェノールはビタミンCを保護して酸化から身体を守り、ビタミンCの働きを強化する作用があります。

ビタミンCは免疫力の強化には欠かせないビタミンで、

  • 風邪を引きやすい人
  • 風邪がなかなか治らない人

は積極的に摂りたい栄養素です。

ストレスなどで身体が弱っているなと感じたら、ビタミンCと一緒にピクノジェノールを摂ると免疫力アップに役立ちます。

つらい花粉症の症状を緩和する

花粉症は、もはや日本の国民病といってもいいほど、毎年辛い症状に悩んでいる方が多いアレルギー疾患です。そんな花粉症の症状まで和らげると、ピクノジェノールが注目を浴びています。

ピクノジェノールの強力な抗酸化作用は、

  • 抗ヒスタミン効果
  • 抗炎症効果

で、花粉症の症状を緩和させます。

ピクノジェノールを飲めば花粉症が治る、というわけではありませんが、鼻水・鼻づまりなどの症状が軽くなれば、1年中快適に過ごすことが出来るかもしれませんね。

ADHD(注意欠陥多動性障害)への効果

日本でも2.5%の子どもがADHDである可能性があるといわれており、今ではそれほど珍しくはなくなった発達障害のひとつです。

画期的な治療法がない中で、ADHDの改善に役立つのではとピクノジェノールが注目されています。

脳の血流を良くすることで症状が改善されるのでは、と考えられていますが、副作用の心配がほとんどないというところも大きなメリットです。

アメリカではすでにその効果を認められ、特許も得ているピクノジェノール。

日本でも症状の改善が認められたという報告もあり、今後の更なる研究が待たれるところです。

肩こり・腰痛などの痛みを抑える作用

ピクノジェノールは身体のあらゆる痛みに効果があると研究も進んでいる成分です。抗炎症作用があるので、それが痛みを取り除くのでは、と考えられています。

具体的には、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 関節炎
  • 椎間板ヘルニア
  • 神経痛

など、筋肉から関節の痛みまで幅広く対応できるところが素晴らしいですね。

鎮痛剤のように眠くなったり胃を荒らしたりすることもなく、安心して飲めるとこもピクノジェノールが注目されている理由でしょう。

原因のよくわからない慢性疲労症候群

どうにも疲れが取れないのに病院に行ってもどこも悪くない、そんな状態を「慢性疲労症候群」と診断される場合があります。

アメリカではこの症状にピクノジェノールが有効であるとの報告が多く発表されているとのこと。

日本ではまだ研究途中ですが、

  • 疲れやすい
  • だるさが抜けない
  • 微熱が続く

などの症状に悩まされていて、かつ病気ではないという状態で悩んでいる方は、ピクノジェノールを試してみてはいかがでしょうか。

認知症の予防にも?アルツハイマー病への効果

アメリカ・カリフォルニア州にある大学の研究で、ピクノジェノールが

  • 記憶力
  • 学習能力

の向上に役に立つ、というマウスでの実験結果が出ています。

臨床実験はまだまだこれからですが、本当に効果が見られれば、認知症の改善に役立つのではと期待されています。

どのように取り入れる?ピクノジェノールの摂取方法

では、松の樹皮から抽出した成分だというピクノジェノールは、どのように摂取すれば良いのでしょうか。

ピクノジェノールのサプリメントを利用する

ピクノジェノールは健康食品ですから、飲み方に決まりはありませんが、1度にまとめて飲むのではなく1日数回に分けて飲んだ方が効果的だといわれています。

ピクノジェノールはスイスのホーファー・リサーチ社の登録商標なので、ピクノジェノールという商品名がついたサプリメントには必ず同社のロゴマークがついています。

◆ピクノジェノール100mg
アメリカNOW社のサプリメント。1粒でピクノジェノールが100mg摂れます。

天然アムラエキス由来のビタミンCも120mg配合されているので、相乗効果で「飲む美容液」としての効果が期待できます。

ピクノジェノールサプリ 0826-1

価格:5980円

ピクノジェノール100mg(フランス海岸松樹皮エキス) – 海外サプリメント通販【サプリンクス】
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-03267/

ピクノジェノール配合の化粧品を使う

ピクノジェノールは飲むだけではありません!肌から取り入れるために、化粧品としても使えるのです。

化粧水や美容液など、ピクノジェノールが配合された化粧品も数多く販売されています。

◆ピクノジェノール美容液
ピクノジェノールの抗酸化作用で肌の老化防止に役立ち、肌をあらゆるダメージから守ってくれます。また、血流を改善することで肌のくすみも解消し、血色の良い肌を作ります。

ピクノジェノール エッセンス 0826-1

価格:16000円

エッセンス(美容液) ピクノジェノール配合無添加基礎化粧品
http://www.pycnoshop.jp/?pid=43068869

重篤な副作用の報告はないものの、摂取にはこんな点に注意

ピクノジェノールは安全性の高い健康食品ですから、重篤な副作用などは報告されていませんが、どんなに素晴らしいといわれる健康食品でも体質に合わないことがあります。

飲んでみて調子が悪いと思ったらいったんやめることです。

また、身体にいいからといって、1度にたくさん摂るのはオススメできません。1日の摂取量は体重1kg当たり1mgを目安にすれば大丈夫です。

つまり、体重50kgなら50mgが標準的な摂取量ということになります。個人差があるので、自分の体調、体重に合わせて摂るようにして下さいね。

また、それほど多くはないかもしれませんが、松アレルギーの人は注意が必要です。胃腸障害(吐き気など)が起きることもあるので、不快な症状が出たら飲むのを控えましょう。

女性は妊娠したら摂取をやめ、授乳中も控えた方が無難です。

というのも、妊娠中の影響についてはまだエビデンスが少なく、その副作用などについてわかっていないことも多いからです。

ピクノジェノールで美肌も健康も手に入れよう!

ピクノジェノールがどれほどすごい抗酸化作用があるか、おわかりいただけたでしょうか。

美容でも健康でも、細胞が老化する原因のひとつが「酸化」です。若さを保つためにはいかにして身体を酸化させない=錆び付かせないかということがとても大切。

女性の不調にもよいという嬉しい効果もありますから、美容のためにも女性の健康を保つためにも、ピクノジェノールを一度試してみたいと思いませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント