• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

伝説とまで言われる恋コスメ『ピンミラ』の使い方

Date:2013.05.02

コスメの口コミサイトなどで話題になっている「恋コスメ」をご存知ですか?使うだけで出会いがあったり、使った日に好きな人と距離が縮まったり、恋に効くと言われているのが「恋コスメ」です。

その中でも「伝説」とまで呼ばれているのが、エクセルのデュアルアイシャドーのピンクミラージュというカラー、通称「ピンミラ」です。

「ピンミラ」ってどんなコスメ?

パールの入ったベージュと、紫がかった濃いピンクの二色が入っています。濃いピンクは紫芋の色に似ていることから、「芋ピン」と呼ばれています。実際に見てみると、なんとも派手なピンクでちょっと手を出すのを躊躇してしまうぐらいの存在感です。

粉質はとてもしっとりとしており、肌にしっかりと馴染むので粉とびはしにくいと思います。

どう使えばいいの?

伝説にまでなったコスメですが、買ったものの使いこなせずに放置されているという話もよく耳にします。中には「使うとまぶたが荒れているみたいになる」という声も…。本当に使いにくいコスメなのか、実際に試してみました。

まずはアイホール全体にベージュを塗り、下まぶたにもライン状にベージュを塗ります。下まぶたに塗ることで流行の「なみだ袋」メイクの効果が生まれ、なみだ袋がプックリと見えます。

下まぶたにベージュを塗るためにピンミラをリピートする人もいるとか。更にお好みで目頭をベージュでかこんでおきます。

ここまでは共通で、ピンクの使い方で印象が変わります。ライン使いしたり、目尻のみにぼかしたり、派手さを生かした個性的なメイクも可愛いですが、大人の女性としては上品にいきたいところ。

見た目はきついピンクですが、ベージュの上に重ねると綺麗な薄ピンクになります。目尻の方が少し濃くなるように5ミリ幅程度で薄くぼかし込み、しっかりとアイラインを引きます。アイラインは黒でも悪くないですが、茶色や紺色が合いそうです。

ピンクを入れすぎた場合は、上から更にベージュを塗ると良い具合に薄くなります。幅を広くしてしまうと泣いてこすった目のようになってしまいますので要注意。下まぶたは目尻から黒目の下に薄くピンクを乗せると、目が潤んだように見えます。

使ってみました

上記の方法で使用して紺のアイライナーをしっかり引いた顔を鏡で見てみると、なんだかアイメイクが薄い印象に。

普段はブラウン系のアイシャドウなどで陰影のついたアイメイクをしているので、色がピンクだけで影となる色がないとなんとも頼りないように感じてしまいます。

実際にこれだけでは深みが出ないので、手持ちのブラウンアイシャドウと組み合わせて使うという人もいるようです。アイライナーやマスカラでギャルメイクにするなら別ですが、目を大きく見せたいという人にはちょっと物足りないことでしょう。

家族や友人に見てもらった際も、ひと言目はみんな口を揃えて「アイメイク薄くなった?」との感想でした。

ただ、男性陣からは「ピンクは上品かつちょっとセクシーな雰囲気」「自然に見えるメイクの方が高感度が上がる」「お嫁さんのような清楚な印象」という意見も出ていたので、「恋コスメ」の効果は期待できそう?

この記事をシェアする

関連記事