• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

重くなって持ちにくいビニール袋を簡単に持てるようにする裏ワザをご紹介!

Date:2012.11.27

スーパーマーケットに行くと、つい買いすぎてしまいますよね。はじめから買い物目的で、自転車を漕いでスーパーマーケットに行く場合は、カゴに乗せて帰ればいいので大丈夫ですが、仕事帰りなど、歩きで立ち寄ったスーパーマーケットで、予期せぬ量の買い物をしてしまった場合、帰りが地獄になります。手に食い込んで痛いし、重さで腕が痛くなってくるんですよね~。今回は、重さからくる苦痛を軽減する裏技をご紹介します!


はい、ビニール袋です。スーパーマーケットなどで買い物をすると中身を入れるためにもらう、薄いビニール製の持ち手つき袋です。

さあ、こんな風に、たくさん買い物してしまって、パンパンに膨れ上がったとします。オイオイ、これを下げて延々歩くのかよ・・・と気分が暗くなってしまいますね。

そんなときは、店員さんにもう1枚ビニール袋をもらいましょう。言い方は何でもいいんです。「足りなくなりそうだから、もう1枚ください」でも良いし、単に「もう1枚ください」でもオーケー。店員さんはお会計のとき、これくらいの量ならこの枚数だな、と計算して出してくれますが、客からオファーがあったときには、快くもう1枚出してくれます。サービスですからね、ふっふっ。もらうのが恥ずかしいなら、カバンの中に家にあるビニール袋を1枚、入れておいても良いですね。

そして、このもう1枚のビニール袋を、取っ手の部分に巻いていきます。グルグル巻いていきます。ポイントは、なるべく太くすること。取っ手をそのままの状態で持つと、かなり薄く細くなるものですが、もう1枚巻くことで太くします。

はい、こんな感じに仕上げます。これくらい太くなっていれば問題ないですね。なお、もしも紙袋がもらえるようなら、紙袋をもらうようにしましょう。そっちのほうが持ちやすくなるので。でも、ビニール袋を巻くだけでも、じゅうぶんな効果はあります。

このようにして持つと、アラ不思議、とっても持ちやすくなります。簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。ちょっとの工夫で、買い物をした帰り道が苦痛じゃなくなります 笑

このようにタオルで代用するのも可能です。「持ち手をどれだけ太くするか」がポイントですから、厚みのあるタオルは理にかなっているかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント