• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

負担が減れば症状も軽減!生理の不調を彼氏に理解してもらう方法

Date:2014.11.19

生理中は、心と体に様々な不調が出るので彼氏とのデートやお泊りなどが重なると困ることでしょう。

彼氏に言わずに一人で耐えてしまうと「機嫌が悪そう」、「つまらなそう」と生理の不調によって誤解を与えてしまうかもしれませんので、言ってしまったほうが楽になることもあります。

今回は、生理中に起こりやすい頭痛や下腹部痛、イライラなどの不調を彼氏に理解してもらう方法をご紹介します。

生理になると眠くなるFさんの方法

生理になると眠くなるというFさんは、彼氏に迷惑や誤解を与えないように不調を話してデート内容を変えてもらったそうです。

生理前はなかなか眠れなくて、生理になると一気に眠気に襲われるので、彼氏とデートになった時には栄養ドリンクやコーヒーを飲んで寝ないように頑張っていました。

しかし、ドライブや映画など心地よい空間になるとぐっすり眠ってしまって、『つまらないか?』と聞かれることが増えてしまったのです。

生理のことは内緒にしていたのですが、あまりに失礼だろうと思って打ち明けることにしたのです。

『実は、生理になると猛烈な眠気に襲われるの。迷惑かけるから友達と遊んできていいよ』と言ったら、すごく心配してくれて『生理の時は無理しなくていいから俺の家で布団デートしよう』と提案してくれたのです。

それで次の生理からは、デートする時には食べ物や飲み物を布団の周りに並べて、一緒に寝ながらお話しすることにしました。

眠くなったら眠ればいいというデートなのですが、あまりに快適なので生理じゃなくても布団デートすることが増えてしまいました。

生理中のデートはトイレの心配もありますが、彼の家なのでナプキンの漏れの心配もなく楽しめるようになりました。

生理になると痛み止めが手放せないAさんの方法

毎月生理中は痛み止めが手放せないというAさんは、デート中に隠れて薬を飲んで不調を彼氏に気づかれないようにしていたと言います。

しかし、薬が効くまで時間がかかることもあり、『機嫌悪いな』と言われてしまうことから彼氏に打ち明けることにしたと言います。

生理の時に打ち明けてもきちんと説明できないだろうと思って、体調が万全の時に彼氏の前に薬を並べて痛みがひどくて痛み止めを飲んでいること、痛み止めによって胃が荒れて胃痛も出るので胃薬も飲んでいることを話しました。

効果が出るまで時間がかかる時もあって機嫌悪そうに見えるかもしれないけれど違うことも話すと、『そうだったのか。俺に不満が無いとわかって良かったよ』と理解してくれてもっと早く話せば良かったと思いました。

生理になると情緒不安定になるEさんの方法

生理が始まる少し前からイライラして悲しくなるEさんは、彼氏の言葉にも敏感になるので言葉に気を付けるように理解を求めたと言います。

生理前から生理にかけて彼氏の言葉がやけに気になってしまうのです。

会話中、私が何かを間違えて『違うだろ』と彼氏に言われただけで、『怒ることないじゃない!』とキレてしまうのです。

怒ったつもりはなく、ただ違うと言っただけらしいのですが、言葉に敏感になっているのでそのまま喧嘩になってしまい、帰宅という流れが多かったです。

ハーブティーやアロマなどイライラせずに済む方法を探しましたが、全く効果が無かったので彼氏に言葉の使い方についてお願いすることにしたのです。

生理中は特に情緒不安定になるので、私を批判、否定する言葉は使わないで欲しいと理解を求めました。

最初はそんなことで喧嘩が減るとは思わないと言われたのですが、実際には効果ありで生理中も穏やかな気持ちで過ごせるようになりました。

一緒に居ないという選択もありますが、生理で辛い時期だからこそ一緒に居て欲しい。

だから、彼氏に理解してもらえてよかったです。

生理の仕組みを彼氏に理解してもらおう

彼氏に理解してもらうために排卵や生理、痛みの仕組みについて詳しく調べて書類を渡したという女性も居ます。

彼氏は、生理に対する知識がほとんど無かったので、生理の時に起こる不調について話しても『今までの彼女はみんな平気そうだった』と理解してもらえませんでした。

そこで、インターネットで女性の卵巣や子宮の図や症状、生理周期などを検索してプリントアウトし、彼氏に渡したのです。

『こんな物見ないからな』と言っていた彼氏ですが、熟読してくれたらしく次の生理を迎えると彼氏の言動に変化があったのです。

イライラしていても『ホルモンの影響だな』と優しくなったので、書類を作って良かったと思います。

彼女のように生理がどうして起こるのか、体内ではどんなことが起こり、どんな症状が出るのか詳しく理解してもらうことで二人の関係が改善することもあります。

一時の付き合いではなく彼氏と長い付き合いを考えているのであれば、生理だけではなく妊娠しやすい排卵期についても理解してもらえば結婚後の生活も安泰ではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事