• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理前にイライラするのはどうしてなの?その原因と対処法とは

Date:2014.12.09

生理前に理由もなくイライラすること、ありませんか?

また、気分が落ち込みやすくなったりするのもこの時期ですよね。おまけに気分だけでなく、体調も悪くなってしまうのです。

それはホルモンバランスの変化が原因です。その原因を理解し、少しでも症状を軽くする方法をご紹介します。

PMSって何?

PMSとは、Premenstrual Syndromeの略で、月経前症候群のことです。

生理前に起こりやすい不快な症状のことを、まとめてこのように呼びます。

これに悩まされる女性は、成人女性の9割近くにも上るのです。

さまざまな不快症状のうち、最も多いのがイライラです。

次いで腹痛、眠気が強くなる、頭痛などがよくみられる症状です。

なぜ女性には、PMSが起こるのでしょうか。それはホルモンバランスの変化に、対応できないからなのです。

女性の体は、女性ホルモンが優位に働きます。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンがありますが、それぞれが生理の周期に合わせて分泌量が変化するのです。

ホルモン分泌が変化することで、それに体が対応できないとPMS症状が出てくるのです。

PMS症状が起こりやすい時期

PMS症状が起こりやすい時期は、いつごろなのでしょうか。一つは排卵前後です。

排卵前はエストロゲンというホルモンの分泌量が増えます。

それが排卵後には妊娠に備えて、プロゲステロンが優位になるのです。

次は、生理前です。排卵後に妊娠が成立しなければ、生理が起こります。

そして、妊娠を維持させるためのホルモンの分泌量が減少してきます。その影響で、不快症状が出やすくなります。

症状に個人差があるのは何故?

PMS症状ですが、誰にでも現れるものではありません。

その症状の現れ方はさまざまで、人によって症状の重さも異なるのです。

その鍵を握るのは、ホルモンバランスです。

ホルモンバランスが乱れると、症状が重くなりやすいのです。

特に現代女性は、ホルモンバランスが乱れている方が、非常に多いのです。

ストレスや冷え、喫煙、睡眠不足、運動不足、カフェインの摂りすぎ、お酒の飲み過ぎが主な原因です。

PMS症状改善のためにできること

PMS症状が重い方のために、症状を軽くする方法をご紹介します。

体を温めること

症状改善のためには、子宮の働きを高めることです。

その最も良い方法は、冷やさないこと。

夏でも冷房がガンガンに効いた部屋にいる、冷たい物ばかり食べたり飲んだりしていませんか?お風呂も、シャワーだけですませていないでしょうか。

暑い季節でも、冷たい物はなるべく控えて、体を温める物を口にしましょう。

腹巻や靴下を着用するのも、よい方法ですね。

下半身の血行をよくすると、冷えが緩和されます。

ウォーキングなどの軽い運動をして子宮の部分を温めてあげましょう。

ストレスを解消!

ストレスが原因で、ホルモンバランスが乱れます。ストレスなしの生活を送るのは、無理です。

そこでためすぎないように、上手く解消しましょう。

体を動かす、カラオケに行く、アロマを炊くなど、自分が心から楽しめることを行う、リラックスできる環境を整えます。

睡眠をたっぷりととること

睡眠をたっぷりととりましょう。どうしても睡眠時間を確保することが難しいときは、こまめに体を休めるだけでも効果的です。

電車での移動時間、会社の昼休みを利用して、10分でもいいので眠って休息しましょう。

眠りたいのに寝付けない方は、睡眠環境を整えましょう。

カフェインの摂りすぎを控える、お風呂にゆっくりと入る、癒し効果の高い音楽をきく、など方法はいくらでもあります。

婦人科を受診する

PMS症状がひどい方が、時々いらっしゃいます。普通に生活を送ることさえ、困難になるほどです。

そんなときは産婦人科を受診するのも、いいでしょう。もしくは漢方を処方してくれる薬局に行き、適切な漢方薬を処方してもらいます。

PMSは努力次第で改善が可能です。症状が緩和されれば、生理前でも気分晴れやかに過ごせますね。

この記事をシェアする

関連記事