• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブランケットやストールが大変身!ボタンを付けるだけのポンチョの作り方

Date:2012.11.10

可愛くてつい買っちゃったり、プレゼントで貰ったり、たくさん持ってるけど意外に活用してないフリースのひざかけ、ありませんか?そんなひざかけを使って、簡単にあったかポンチョを作るアイデアをご紹介します。手持ちのストールをおしゃれポンチョにアレンジする方法もありますので、ぜひチェックしてみてください。

ひざかけとボタンで作る簡単ポンチョ

用意するのは、
ひざかけとボタン、あとはソーイングセットだけです。

肩まわりを十分に覆って保温するために、大きめのひざかけを使うのがオススメです。

ひざかけの裏面下にボタンをつけます。裏面下、というのは出来上がりを想定した位置決めですが、柄の上下がないものや無地のものはボタンはどこにつけてもOKです。

ひざかけを上下半分に折り、ボタンの上にくる布にハサミで切れ目を入れます。これがボタンホールになるので大きすぎないように。ボタンのサイズに合わせて切ってください。フリースだし、自宅用ポンチョなので切りっぱなしでも大丈夫だと思いますが、ほつれるのが心配な場合はミシンなどでボタンホールを作るか、当て布を縫いつけ、その布ごとボタン穴をあけてください。

ボタンを通すとこんな感じ。もう片方のサイドにも同じようにボタンをつけ、ボタンホール用の切り込みを入れてください。

折りたたまれた状態のひざかけを開き、ボタンでとじた側面に両腕を通すと、ごらんのような肩かけポンチョの完成です!はおるのに最適の軽さとサイズ、袖口の可動域も広く動きやすいので家事用としてもオススメ。無地のものや柄のおとなしいものを選べば、オフィスの冷房対策用にも使えると思います。もちろん、ボタンをはずせば普通にひざかけとしても使えるので、必要に応じてアレンジしてください。

ストールの簡単ポンチョアレンジ

こんどはお手持ちのストールをポンチョにアレンジするアイデアです。普通に首に巻く意外アレンジの難しいサイズですが、安全ピンでとめるだけで新しいスタイルがキープできるんです。

生地に裏表があれば裏返して肩にはおり、胸の位置で安全ピンをとめてください。

生地を重ねた上からピンをとめた方が生地をいためにくく、安定感も増します。

ストールで作るおしゃれポンチョ

次は、少し長め&広めのストールを使って、もう少しおしゃれなポンチョスタイルをアレンジしてみましょう。

ストールの片方の側面にレースを縫いつけます。写真で使用したものは100円でゲットしたレースのミニストールです。レースの長さは、きっちり側面の長さいっぱいになくてもさまになります。

肩にはおった胸の位置にボタンをつけます。可愛いものがあれば目立つようにつけてもいいし、シャツ用の小さな半透明のボタンしかなければ、目立たないようにつけてもかまいません。ボタンホールはつけず、レースの穴にボタンを通してボタンホールがわりにします。

肩からはおると、写真のようなナチュラルな雰囲気の今風ポンチョスタイルになりました。強い日差しをさえぎるのはもちろん、冷房の風が直接肌にあたるのを防ぎたい時にも使えるかわいくてオシャレなストールポンチョです。レースはきっちり全体を縫ってもいいし、中央部をワンラインで縫ってサイドをひらひらさせ、襟もとに表情をだすのもオススメですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント