• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネガティブ女子必読!今すぐポジティブに生活する為の5つのコツ

Date:2013.03.06

1.「ありがとう」を10回言う

神棚に向かって「ありがとう」と10回言っても意味がありません。他人があなたになにかをしてくれたときに「ありがとう」と言うのです。言うべき相手がいないという淋しい生活を送っているのであれば、コンビニの店員さんに向かって言いましょう。

あなたが無事に欲しいものを買えたことに対して「ありがとう」と言うのです。「ありがとう」を言うタイミングを探すこと自体が、ポジティブシンキングになっているときでもあるのです。

2.コンビニで10円募金する

募金、しましょう。募金をしたら、いい人になった気分になります。10円を募金したら、3分くらいは「あたし、いい人!いいことしたな!」と思って気分がウキウキします。このウキウキ感を味わうために募金をするのです。

もっと厳密に言えば、10円を募金したら、10円分のなにかいいことが起こるものです。世の中、不思議とそういうふうになっています。

3.テレビを消して音楽を聞く

テレビはちょうどいいところでCMが入って、イラっとします。また、興味のないタレントがわけのわからないトークをしているのを聞きながらイラっとすることもあるでしょう。小さくイラっとするテレビを消して、たまには好きな音楽を聞きましょう。

癒されます。テレビを見て、ハイテンポで生きている皆さんに自分を合わせなくても、音楽を聞いて、スローテンポで生きていってもいいのです。それで世間から置いていかれるなんてこと、ありません。

4.ウオーキングをする

ウオーキングをすると、ストレスが少なくなっていくのがわかります。事実、歩くことで骨盤が背骨を刺激して、考えがまとまったり、余計な考えがどこかに消えたりする・・・という調査結果があります。

ウオーキングをする習慣をつけると、ネガティブに考えている時間自体が少なくなって、生活全体が徐々にポジティブになってきます。

5.自炊を心がける

コンビニのお弁当はお手軽でいいですが、ときには自炊をしましょう。ひとり暮らしであれば自炊のほうが高くつきます。また料理をする時間が無駄に感じられるものです。

しかし、無駄を排除しすぎると人はネガティブになります。無駄がほどよくある生活こそが、豊かな前向きな生活なのです。

なんだか精神論みたいですが、無駄だなあと思って、1輪の花も活けないよりか、花を活けたほうが豊かな生活になると思うでしょう?それと同じで、多少の無駄がある生活こそが、ポジティブシンキングをもたらすのです。無駄を愛しましょう。

この記事をシェアする

関連記事