• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぽっちゃり体型の女子がおしゃれを楽しむのための着こなし術

Date:2013.02.21

「ぽっちゃり 着こなし」で検索してみて、びっくり。ヒットしたサイトの多くが「ぽっちゃりを細く見せる」「着こなしでぽっちゃりコンプレックスを解消」「ぽっちゃり体型をカバー」というものばかりだったから。

ぽっちゃりは、隠すべきカバーすべきマイナス要素なのでしょうか?いえいえ、ぽっちゃりさんのカーヴィーなボディラインはむしろ引き立てるべき!!

ぽっちゃりさんの魅力をひきだす、ぽっちゃり女子のための着こなし術をご紹介します。おしゃれは、痩せガールだけの特権じゃない!ですから、ね。

細い部分をだして、セクシーに

ぽっちゃりさんがしがちな着こなしが、「隠す」着こなし。お尻まで隠れるだぶっとしたトップスに、長め丈のボトムス。おかげで、なんだか全体的にもっさりした印象・・・。

いやいやいやいや、素敵な部分を出していきましょうよ!手首、足首、首、首とつく場所は出していきましょう。・・・・あ、CHI首だけは隠しておいてくださいませ。そこだけはね、出しちゃうと、おしゃれってより猥褻物陳列罪的危険が強まりますからね。

それ以外の首パーツは、出しちゃった方が軽さと抜け感がプラスされます。首を出してすっきり感を、腕まくりで手首を出して軽さを、丈短パンツで足首を出してセクシーさをアピールしましょう。

ミニに臆するなかれ!

90年代のショーパンやミニスカは「選ばれし者の服」でした。雑誌に「今シーズンはショートパンツが来る!」なんて載っていても、着用するのはモデルさんや芸能人、はたまたそれらの人レベルにスタイルがいい人ばかり。なんとなーく「ミニは若くてスタイルのいい人のもの」的な暗黙のルールがあったのでした。

でも、今は21世紀!バブルがはじけて、IT景気やらいざなみ景気やらを超えた私たちにとって、そんなルールは関係ないのです。ロングブーツやレギンスがあれば、アラフォーもアラサ―もミニをはくし、「足が太いしー」なんてこと気にする必要ナッシング。

「でもやっぱりミニは敷居が高い・・・」と思う方は、スカート・タイツ・ブーツのうちの2~3アイテムの色をそろえてみてください。統一感がでるから、チャレンジしやすいですよ。

ウエストマークでカーヴィー強調

痩せガールがウエストマークするのは、「ここがウエストですよ」という腰の高さをアピールするためのもの。いわば足長に見せるテクニック。

でもぽっちゃり女子なら、足長効果+カーヴィーライン強調効果も狙えて、まさに一石二鳥!ウェストマークすると、くびれが強調されてメリハリがつきますよ。まずは手持ちのベルトを使って、ぜひお試しを。

咲き誇れ、ぽっちゃり女子

ぽっちゃり女子は、「細く見えるから」という理由で黒紺茶の服を選びがち。気付いたら、ワードローブが黒とかグレーやカーキなどのくすんだ色ばかりだった・・・なんて方も多いのでは?

肌がキレイなぽっちゃりさんが黒を着ると、くすんで見えたり、重い印象になることも。せっかくの魅力的なお肌を活かすためにも、白やパステルカラーなど明るい色にもチャレンジしてみましょう。

お肌にも透明感が出るし、ぽっちゃりさんの武器である「美肌」をアピールできますよ。

包むんじゃない、ラッピングするんだ!

上記にも書きましたが、ぽっちゃり女子は体型を隠すために、だぼっと全身を覆う服を着がち選びがち。だけど胸元がつまっていると、窮屈そうに見えてしまうことも。胸デカぽっちゃりさんは、胸元のあいた服で上半身の印象をすっきりさせましょう。

大事なのは、「隠す」「カバーする」という気持ちで服を選ぶのではなく、「飾る」ための服を選ぶこと。だぶだぶした服で体型を隠すより、思い切って出してしまった方がすっきり見えることもあります。

色んな服にチャレンジして、あなたをより魅力的に見せる着こなしをしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事