• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鬱陶しがらないで!ポジティブな人と一緒にいると幸運が舞い込みます

Date:2013.10.08

あなたの周りにやたらとポジティブな友人はいますか?何があっても「大丈夫でしょ」、「なんとかなるでしょ」と気軽に過ごしている友人。

そんな姿を見ていると、その姿に影響されこちらまで明るくなれると思える反面、「どうしてそんなにポジティブでいられるの?」と不信感を抱いてしまうこともあると思います。

とくにあなたが真剣に悩んでしまうタイプの人だとしたら、ポジティブな人と一緒にいることがちょっとつらくなってしまうということもあると思います。

ポジティブな人に「何をそんなに悩む必要があるの?」と言われてしまうと、もうこちらからは何も言えなくなってしまうし、そもそもそんなに単純じゃないのよ!と言ってしまいたくなることもあるでしょう。

でもちょっと待ってください。ポジティブすぎる人のことを鬱陶しがることは、ひょっとしたらあなたの損につながってしまうかもしれません。ポジティブな人と一緒に時間を過ごすと、不思議とあなたの周りにも素敵なことが起こります。

これは物事を楽観的に捉えることができるようになるため、考え方自体が変わってくることにより引き起こされるポジティブな連鎖でもあるのです。もし最近、いいことないなぁと思っているのであれば、ぜひポジティブな人に近づいてみてください。

ここではそんな明るい人たちの幸運につながる考え方をご紹介します♪

転んだときにわかるポジティブな人の思考

ポジティブな人というのは言い換えれば、プラス思考な人ということですね。プラス思考な人というのは、悪いことが起きてもとにかく明るく前向きな考え方をするようです。

例えば転んでしまったとき。マイナス思考の人であれば「転んでしまった、なんてついてないんだろう、痛かった、なんでこんなことばっかり」と思う傾向にあるでしょう。しかし、これがプラス思考で考えたらどうなるでしょうか。

「転んじゃった、でも頭を打たなくてよかった、大きな怪我をしなくてよかった」ということになります。これがポジティブな人の考え方です。同じ「転んだ」ということでも、こうもとらえ方が違うのです。

そして、この前向きな考え方は、幸運を呼び込むことにつながります。前向きに考えることくらいで幸運など舞い込むわけがない、と思われる人もいるでしょう。

しかし、転んだことをいつまでも引きずってイライラして、会う人会う人に「こんなことがあったんだ、最悪だよ」と言って、傷口を見せてまわる人よりも、あっけらかんと「一度転べば今日の不運は全部そこで使い果たしたはず♪」と考えられる人であれば、やはりその後も変わってきて当然と言えるでしょう。

気持ちを切り替えられるかどうか、というのも幸運を迎え入れるためには大事なことなのかもしれませんね。

わずか、と考えるか、こんなにたくさんと考えるかで変わってくる

さて、例えばジュースを目の前にしたときに、そのコップに入った量を見て「これだけしか残っていない」と思うか、「まだ半分も残っている」と思うか。こういうことでもポジティブな人というのは当然、後者の「まだ半分もある」と思うプラス思考を大切にしています。

そして当然ですが、後者の考えのほうに幸運はやってきます。

なぜなら「これだけしか残っていない」と考えること自体、物事に対する考え方がマイナス方向に傾いているからです。これはとてももったいないことです。「まだ半分も残っている」と考えるほうがはるかに気持ちに余裕が生まれますし、そう思うことで気持ちも安らぎます。

ジュースでなくても、これは仕事や部下への対応、自分で決めたノルマなどに対する考え方にも通じるものがあるはずです。

部下が頼んだ仕事を「これだけしかやってくれてない」と考えてイライラするのか、「まだ半分までしか進んでいないが丁寧にやってくれたのだから、残り半分も期待できるであろう」と考えるのか。

それだけで気持ちも態度も変わってくるはずです。そして明らかに部下に慕われ、好かれるのは後者のほうです。

悪口を言っても楽しくない、ということを学ぶ

さて、ポジティブな人というのはあまり人の悪口を言いません。言ったとしても決してネチネチ言わず、ギャグなどを交えて爽やかに言いますよね。ポジティブな人というのは人の悪口を言っても楽しくないということをちゃんと知っているのです。

悪口を言うくらいなら、直接その悪口の対象となっている人と話し、仲良くなってしまう方がはるかに楽だし、のちのち楽しいということをきちんと理解しているのです。

悪口というのは言っているその瞬間だけは憂さも晴らせていい気分になるかもしれませんが、長い目で見ればあまり意味のないことなのかもしれません。

それなら、その悪口の対象となっている相手と、あえて交流する時間を持ち、自分の味方につけてしまうほうがいいのかもしれません。ポジティブな人というのはそれが自然にできてしまうのです。

そういう前向きな考えが味方を増やし、仲間を増やすことへとつながるのです。こういうところから幸運は舞い込みます。真似してみるのもいいかもしれませんね。

悩んでも結果は一緒なのだから、という考え方

ポジティブな人というのは必要以上に悩みません。彼らは口をそろえて言います、「悩んでも結果は一緒なんだから悩むだけ無駄だよ」と。これを言われてしまうと、慎重に生きている人は「そんな後先考えなくて大丈夫なの?」と思ってしまうかもしれません。

しかし、ポジティブな人というのはただただ悩まないのではなく、「解決できる自信があるから大丈夫」という根拠のない確信があるのです。根拠こそなけれども、この確信や自信はとても大切です。

幸運を手に入れたければ、この「なんとなくだけど、自分は大丈夫そうな気がする」という考えを身につけたほうがいいかもしれません。

ほんの一部ですが、ポジティブな人の考え方を載せてみました。目の前に起きた出来事を少しでもプラスに考えることで、幸運は手に入ります。考えすぎてしまうという人は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

この記事をシェアする

関連記事