• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プロのネイリストが教える、想像以上にキレイになるネイルケア

Date:2012.04.28

あなたの指先大丈夫?

指先がささくれだらけ、爪に元気がない、全体が乾燥してボロボロ…という手の方。これからの季節は、冬の間に受けたダメージを回復させ、人に見せられる手に変えていかなければなりません。

実は指先やネイルは人に注目される場所。「手は年齢を表す」とはよく言ったものです。手や指が汚いと仕事もプライベートでもマイナスイメージ、しかも自分の気持ちも下降しちゃいます。ツルツヤの手を維持して、年齢マイナス10歳を実現しましょう。

指先ケアのプロ、ネイリストの関野唯果さん(「Home Beauty」代表)にお話しを伺いました。

ケアの基本は保湿

「ともかく何よりも保湿」と唯果さんは話します。特にネイル周りは水分が蓄えられていないと、乾燥して白くなったり、二枚爪、薄爪になったりとトラブルのもとです。

それを防ぐには爪の根本甘皮の部分、つまり爪の生えてくるキューティクル部分のケアが大切です。「ハンドクリームで十分ですか?」という質問を受けるそうですが、答えは「No」。ハンドクリームだけのケアでは水分を逃さないバリア力も弱く、保湿も持続しません。

そこで、おすすめはキューティクルオイル。これをネイルまわりに1日に2度塗ってください。高い保湿浸透作用が期待できます。

このキューティクルオイル、市販でも200円ほどのリーズナブルなものから2000円以上の贅沢なものまで品ぞろえも豊富です。匂いや使い心地で自分に合ったものを選んでください。

ちなみに筆者愛用のオイルは、DHCから発売されている「DHCキューティクルトリートメントオイル(爪用美容液)」です。10mlで650円。

カクテルカラーのキュートな小ビンに入っています。これをシェイクしてネイルまわりにさっと一塗りするだけで、保湿はもちろん、リラックス効果も大。

また、キューティクルオイルをオリーブオイルでも代用できます、とのことです。ただし必ずエクストラバージンのオリーブオイルを使ってください。

また就寝時に保湿のために手袋をする女性が多くなりましたが、この手袋の素材はコットン100%などの通気性のいいものを選んでください。厚手のものを長時間すると汗をかいて逆にトラブルの原因となりえます。

むくみ防止

乾燥の次に手の悩みで多いのが「むくみ」。指輪がぬけなくなったりしていたら、要注意です。手のむくみは体全体の健康を知るバロメーターにもなります。例えば生理前はむくみやすいですし、代謝が落ちている時にはむくみがでます。

この代謝の低下は疲労、寒さ、ストレス、ホルモンバランスなどで起こるので、あまり頻繁に手がむくむ場合、医師に相談したほうがいいかもしれません。

ただし、一過性のむくみならば、マッサージが効果的です。リンパの流れを促すマッサージは疾患がない限り、手の先から中心(心臓)に向かって行います。まず体全体循環をよくするために首の付け根をマッサージしましょう。

そして、指先からさするように、かたい部分はもみほぐしながら、手、腕とマッサージ。忙しければ、オフィスの机で指先をそらす、手首を回すだけでも違います。

そして普段から歩く、階段をつかうなど心がけてください。また水分はむくみを増長させるという声もありますが、老廃物を排出するのには多量な水分が必要です。代謝に気をつけていれば、水を飲むことはむしろおすすめです。

しっかりケアされた清潔感のある指先、手元はそれだけでもチャームポイントです。
そして、これからの季節は手の紫外線対策も忘れずに。

(取材協力)
ネイリスト関野唯果~ドイツ、ミュンヘンにて出張ネイルサロンHome Beauty主催。日本人ならではの細やかな感性を生かしたデザインで人気のネイリスト。
HPアドレス:http://home-beauty.de/

この記事をシェアする

関連記事