• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ヘッドホンで繋がっているあなたのムードと携帯・iPodのプレイリスト

Date:2013.11.27

精神状態とあなたのミュージックプレイリストの不思議な関係

音楽は言葉を超えた万国共通語と言われるように「頭で理解する」と言うより「心で感じる」と言った方がシックリきます。でも、やはり私達は音楽を聴くと頭でまず曲調やリズムを理解し、その情報を神経へと伝達し、また神経で感じた事で聴く音楽を選択しているのです。

要するに、音楽と私達の脳及び心の関係は意外に深く、影響し合い、しかもあなたの携帯やiPodに入っているミュージックプレイリストは現在・過去のあなたを象徴し、そのプレイリストの中から今、抱いている感情やムードに合うものを選択して聴き分けているのです。

頭で音楽を聴くとムードが変わる?!

何を唄っているのか歌詞の理解できない外国の音楽、でも曲調が明るく、テンポが良いと自然と気分もウキウキして、人が見てないのなら踊り出したくなるなんて事も有りますよね?

しかも、次に何が演奏されるか分からないと、余計にワクワクして脳に刺激を与え感情を左右するドーパミンと言われる神経伝達物質の分泌を促し、気分を高揚させてくれるそうです。 

この音楽の能力を利用して、人のムードを意図的に変えてしまう治療をするのが音楽セラピー。

実際に、アメリカの音楽セラピーを使った調査を、痛みに苦しみ、そして辛い治療をしなければならないガン患者さんを対象に行ったところ、自分の好きな明るく軽いテンポの音楽を聴けば聴く程、痛みが緩和されたという患者さんや放射線治療への不安感や落ち込みが軽減されたと報告する人が増えた事が判明し、また別の研究ではうつ病などの診断を受けた人達に音楽セラピーと通常の心療セラピーを分けて受けてもらったところ、音楽セラピーをした人達の方がウツや気分の落ち込みの度合が通常のセラピーより低かった事も科学的に証明されているそうです。

被災地、シニアホーム、小児科病棟への慰問の中には音楽のコンサート等が多いのもこの音楽の能力を一番必要としている場所だからこそなのです。

逆もまたしかり…で、ムードが音楽を選ぶ

また、音楽が気分を変えるのでは無く、ムードが音楽を選ぶ場合ももちろんあります。例えば、大好きな彼との恋愛が終わり、世の中が全てブルーに見えてしまう様な時にハイテンポのリズミカルな音楽を選曲する人って余りいませんよね?

これはとある消費者団体が行った調査でも証明されているのですが、失恋直後の様な人が落ち込んでいる時、同情して、この悲しみを理解して欲しい時ほど人は泣ける曲を意図として選ぶそうです。

そして失恋中ずっと、ケツメイシの「涙」やミスチルの「Over」を聴いていたのに、誰かを好きになると音楽もガラッと変わりYUKIの「朝が来る」や いきものがかりの「気まぐれロマンティック」が定番のプレイリストになったなんて事良く有る事です。

これは、やはり恋をしている、恋愛をしているという感情の高まりが今の自分に気分にマッチするものを選ばせている証拠です。

恋愛にも利用できるミュージック

自然界の鳥の世界ではオスがメスの気を引く為に、心地良い鳴き声でうたって求愛をするのですが、この心地良い音を聴きい取る能力が当然、私達人間にも有るので、恋愛・失恋により音楽を聴き分けている訳なのです。

確かに、初デート中に偶々入ったカフェで流れてきた曲が偶然二人ともが好きな音楽だったら、それだけで話も盛り上がり、恋愛感情までもピークに達してしまいそうですよね?

よって、好きな人が出来たら直ぐに彼の好きなアーティストや曲名をまずチェックすると恋愛成功へのカギになるかもしれません。

そして、結婚して暫く経つカップルも偶には旦那さんと昔良く一緒にコンサートに行ったグループの曲などを2人で鑑賞して見るのも夫婦円満の秘訣です。

その人、その時に合った選曲

心理学研究者たちも色々と、どのジャンルの曲がどのムードの時に効果的かというのを研究し続けているようですが、やはり選曲というのはその時のムードだけでは無く、年齢、性別、育った環境や経済状態にまで関わってくるそうで、未だに選曲と心理状態という明確なプレイリストは出来ていない様です。

なので、「私が時々オフコースの‘さよなら’を聴いて泣いているのを人に知られたら恥ずかしい!」とか、「恋愛中にショック・ロックは過激過ぎ?」などと心配せず、自分のその時々の感情に任せてプレイリストを作るのが一番良いそうです。

これから、好きな曲に出会ったら、「なぜこの曲が好きなんだろう?」とちょっと自分の深層心理を分析して元気のバロメーターにしたり、「彼はこの曲どう思うかな?聞いてみよう!」なんて憧れの彼へのアプローチとしてミュージックを是非利用してみてください。

この記事をシェアする

関連記事