• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ライバルの多いモテ男を落とす口説き方

Date:2013.04.04

会社や学校、バイト先で素敵な男性を見つけたことはありませんか。一目惚れであればルックスや身のこなしがスマートな男性でしょうから、ライバルが居ることに間違いはないでしょう。

例えばその素敵な男性に彼女や奥様が居れば諦めることも出来るかもしれませんが、ライバルが多い場合は燃えるのではないでしょうか。

もちろん中にはライバルが居るなら諦めようと身を引く女性も居るかもしれませんが、せっかくの出逢いをモノにしてみませんか。今回はライバルが多い男性を振り向かせる方法をご紹介します。

ライバル達と差をつける

ライバルが多いということは、アプローチされた数も多い男性と言えるでしょう。例えばバレンタインやクリスマスなどのイベント時にプレゼントと告白をセットで渡すという行為に新鮮さは感じないかもしれません。ライバル達と同じ行動は、アピールにもなりません。

あえて同じ行動には出ずに、贈り物は彼の出世や彼にとって良いことがあった日にあげましょう。もちろん、その時には告白はしません。「おめでとう」とだけ言って渡すことで相手は「どうしてくれたのかな?」と考えるでしょう。この考えさせることがポイントです。

同時期にライバル達の中の一人として考えてもらうのではなく、お祝いを贈った唯一の人として考えてもらいましょう。理由を尋ねてきたらその時には自分の気持ちを話してみてはいかがでしょうか。

意外とみられている普段の真顔を笑顔に変える

アピールされる機会が多い男性は、女性を見る目がこえていることが考えられます。身だしなみに気を配ることはもちろんですが、忘れてはいけないのは気が緩んでいる時の顔です。

口が開いている、口紅がとれている、怖い顔をしているなどはマイナスポイントになります。せっかく素敵な男性があなたを見ても真顔だったら怖くて声も掛けられないかもしれません。ですから普段から笑顔で居る様に心がけましょう。

微笑む程度の笑顔で構いませんので、通勤中や一人の時間にも口元を上げて柔らかな表情を心がけましょう。

「いつも笑っていて可愛いね」と思ってもらえるように、今この瞬間から微笑みましょう。笑う門には福来る、彼があなたの元へやってきたらとびきりのスマイルでデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

なるべく関わる時間を作る

ライバル達の居ない時こそアピールチャンスです。関わることが無ければお互いの距離は離れたままです。

残業の時間や休憩時間など彼がひとりでいる時間を見つけたら即行動です。お茶を持って行く、お菓子を差し入れる、わからないことを聞きに行くなど何か理由をつけて彼に接近しましょう。

初めは緊張するかもしれませんが、何度も言葉を交わすうちに徐々に気持ちもほぐれて行くでしょう。ポイントとしては会話を自分から終わらせてその場を去ることです。「もっと話したいな」と思わせるためには長居は無用です。

彼と居たい気持ちは抑えて「もうちょっと話さない?」と言われる時までは端的に済ませましょう。彼があなたとの時間を欲したその時には、二人きりになれるカフェやレストランへ場所を移そうと誘ってみてはいかがでしょうか。

彼があなたを気になっているならデート相手へ昇格です。振り向いてもらえるまでは時間がかかるかもしれませんが、一度振り向いてもらえたら後は少しずつのアピールあるのみです。ライバルたちの一人に埋もれないように自分なりにアピールして行きましょう。

最後に・・・

連絡先を手に入れてメールでアピールする方法は簡単です。相手の顔ではなく文字だけのやりとりはお手軽・簡単なので、相手にとってお手軽な女性になるかもしれませんのでお気をつけください。

この記事をシェアする

関連記事