• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

梅雨でも快適人気レインブーツ!あなたはショート派?ロング派?

Date:2014.07.13

雨の日の買い物や散歩、お子さんのお迎えなどは足元が悪いと行きたくないと思う事もあるものです。特に梅雨時期は雨が連日降るので、一日も早い梅雨明けを願う方もすくなくないのではないでしょうか?

梅雨など雨の日が好きではない理由として、靴だと濡れてしあって気持ち悪い…とか、靴を履くと重くて暑いなどがあります。パンプスであってもスニーカーであっても、靴が濡れると靴も悪くなりますしきちんと手入れしないと蒸れて臭くなることもあります。

かと言って、長靴ではオシャレができなかったり、重くて履く気になれなかったりします。そんな雨の日事情を解決してくれるのが、レインブーツ!

クオリティーの良いもの選びがポイント!

長靴もガーデニング専用のような機能性重視デザインからかわいいデザインのものも出てきましたし、年々長靴の重さも軽くなっています。一方レインブーツは…5、6年前ブランドものが多くコストパフォーマンスもよくありませんでした。

しかもロングデザインが多くクラッシックな雰囲気のものが主流でした。しかし、最近は取り扱うメーカーも多くなり、コストパフォーマンスもかなり良くなり10分の1の値段で買えるようになってきました。

またレインブーツは有名ブランドが手掛けてきたゆえに、軽くデザインもよく通気性という点でも高品質です。しかもロングとショートといったブーツの丈まで選べますし、何と言ってもコストも低くなり手が出やすいアイテムになりました。

とはいえ安価なものは通気性の面で、若干質が劣ります。急に寒くなったのでちょっと高めだった(2万)レインブーツをはいて外出したら…通気性が良く作られているため、全く暖かくありませんでした。

一方安価で飛びついて購入したレインブーツは暖かい…、つまりそれは通気性が悪かったという事です。ですから、コストとクオリティーが比例しているため、暑くなってくる初夏の梅雨時期の外出にはコストの面で妥協しない方がより良いものが手に入ります。

かと言って高すぎても、結局風化するため5,10年も使用できませんから見極めて購入することをお勧めします。

オシャレに自信がなくても脚長スタイルに!

ショートのレインブーツとロングのレインブーツ。たいていの方は、普段のファッションスタイルでショートかロングを選んでいるものです。長めのスカート丈を多く着られる方だけでなく、ショートパンツスタイルが多い方もショート丈のレインブーツを愛用されているかもしれません。

ショート丈のレインブーツで脚を長く見せるのは上級者のテクが必要です。ひとつ間違えると脚長どころか、短く見えてしまうものです。ですが、ロング丈のレインブーツであれば膝丈スカートであれば脚長効果があります。

ロング丈は暑そうで…と選ばない方も少なくないかも知れませんが、ロング丈であっても先ほど少しふれたように通気性が良いので思ったような不快感はありません。最近のゲリラ豪雨を思い返してみると、ショート丈では雨が中に入ることもしばしばあるのが現実です。

しかしロング丈はジッパーでしっかり上まで上がりブーツ口が閉まるため中に入ってくるとこはまれです。オシャレに自信のない人にも機能性と脚長効果というデザイン性を見るとロング丈のレインブーツは使いやすいといえるでしょう。

オシャレ上級者ならブーティーレインブーツ!

とはいえショート丈のレインブーツを着こなせる方なら、ブーティースタイルのレインブーツがおススメです。一昔前のようなショート丈特有の野暮ったさがなく、フェミニンなスタイルでポイントになるリボンやボタンなどがあしらわれておりスカートにも合います。

ロングブーツ以上の脚長効果のあるショート丈のブーティーもあります。たいていの場合ブラックやダークブラウンといったと色のトーンの深いものよりも、ヌードカラーやグレーなどの中間のカラートーンのものが脚長効果があります。

ショートもロングも気持ちよく履けるお気に入りの一足があると、雨の日も楽しく外出できます。レインブーツや長靴など雨でなければはけないわけですから、梅雨ならではの気候をオシャレに楽しんでまいりましょう♪

この記事をシェアする

関連記事