• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ランチタイムを使って頭と心を活性化してみませんか?

Date:2013.08.07

朝、バランスの良い食事を取るのは、健康に良い事はもう知られていますよね。でも、昼食の時間って皆さん、どの様に過ごしています

か?結構「今日はやる事がたくさんあるから」とか「今日は残業したくないし…」なんて言いながらコンピューターの画面見ながらおにぎりを頬張っていませんか?

昼食時間というのは午後の仕事も頑張れるように食事を取る時間ではあるのですが、活用して仕事の効率を上げ、自分自身を磨く事も出来る、毎日訪れるチャンスなのです。そのチャンスを最大限に生かすためのヒントを紹介します。

ランチは仕事の効率を上げ、ストレスを回避する為の大事な休息時間

人間の継続的な集中力って一般的に2時間が限度だと言われています。朝9時から出勤し、ランチが12時だとするともうとっくに集中は切れているはずですよね?

それなのに無理して仕事を続けていても以外に効率が上がらず、不注意なミスをして、創造性も、仕事の質も落ちます。そうなると、今後の仕事への意欲や評価にも必然的に影響が出てきます。

それなら、新鮮な吸気を吸いに外に出て気分転換をした後で、午後の仕事をテキパキと終わらせた方が、効率が良いと思いませんか?週明け、休暇明けは、皆さん気分一新して仕事が出来たりするのと同じ事なのです。

未練がましくコンピューターに張り付いて仕事に追われていると、ストレスレベルを上げ、体調を崩すだけなので、思い切って机から離れましょう。

お昼に楽しい計画をする

ゴールデンウィークも終わってしまったし、少し最近、仕事する意欲が無くなってきたかな?なんて思ったら、次の旅行や休暇の予定をランチの時間に立ててみるのも良いですね。

自分へのご褒美を先に計画すると、それを心待ちにして自然と毎日の仕事もハリが出てきます。お昼時間に旅行代理店に行ってみるのも、プチ旅行気分で楽しい気持ちになりますね。

同僚やお友達とのランチ

やはり、ランチタイムを楽しむ方法で一番多いのは同僚やお友達との食事です。楽しい会話は気分を高揚させてくれるし、交友関係も深まります。もし、友人と一緒に食事ができない場合でも、お昼の時間に電話やチャットをしてみることで代行が出来ます。

しかも、心配や悩み事なんかがある場合には、精神面でのサポートも期待でき、まさに一石二鳥。ストレスなんか1時間でスッキリ無くなりますね。但し、上司や同僚の悪口を言う場合には周囲に気を付けて、程ほどに…。

頭をトレーニングする

一時、頭脳トレーニングのゲームソフトが流行りましたが、ランチの時間に頭を活性化するのも、午後からの頭の回転に良い効果をもたらしそうです。スマートフォンやタブレットの普及で益々便利になりお昼時間に幾らでも楽しめるようになりました。

また、昨今はオンラインで英会話や語学も学べるので英語の資格を目指したりと、仕事にもプラス。あるいは、楽器を習ってみるのも、良い頭のトレーニングになります。

ランチタイムに社会貢献

最後は、ランチを利用して社会に貢献して、自分自身を向上させるというのも有効な時間の使い方です。ただ、時間は限られているので、気軽に出来る募金活動のボランティアや献血から初めて見るのも良いと思います。

「自分は人の為に何かをしている」という満足感や一社会人としての責任感も芽生え、生活にハリが出てくるかもしれません。しかも、活動を通して新たな人脈、人との交流が増え交友範囲も広がります。

勿論、上にリストアップした事以外でお昼に出来る事もあるかもしれません。自分に合った、活動を探して仕事の効率や評価を上げ、毎日の生活も楽しめたら言う事は無いですよね?

この記事をシェアする

関連記事