• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

糊・テープいらず!穴あけパンチとリボンで簡単ラッピング

Date:2014.08.05

ラッピングするのって、楽しいですよね。私、ラッピング方法を考えるの、大好きです。手渡した瞬間に「きゃ~!」なんて喜んで貰えた日には、この人に次は何をプレゼントしよう、なんて思っちゃいます。

今回のラッピングもそんな彼女への贈り物!プレゼントの中身はこのカチューシャです。この方法は重いものには向きませんので、カチューシャやハンカチなどの軽いものでご利用くださいね。

準備するもの

・A4 紙:1枚。お好きな色で、少々厚みがあるものを。
・A4 トレーシングペーパー:2枚
・リボン:約50cm、約20㎝ 各一本
・はんこ・インクパッド:お好みで。
・穴あけパンチ
・定規
・エンボスペン:出なくなったボールペン等でも可
・クリップやピンチなど

はんこでデコレーション

いくらリボンで可愛いとはいえ、紙が無地では少々寂しいので、はんこでデコレーションしましょう。使用したのはこちらの紙。

紫がかったメタリック調です。こちらを台紙として使用します。

押すのは、このはんこ。こちらは毎度お馴染みの自作はんこですが、もちろん市販のものをご使用くださいね。

インクパッド。ツキネコさんの「バーサマジック モルテッドモーブ」。こちらを使って、先ほどの紫の紙に押していきます。

紙の長い辺、左側へ。端から2~3cm離し、並べて押します

最後のはみ出るところは下にいらない紙を敷いてくださいね。

裏返して、短い辺にも同様に。

トレーシングペーパーの右下にもネコを押しました。

重ねるとこんな感じ。

ここまで、工程を説明しましたが、ご自分のお好きな所へお好きなはんこを押して頂いてかまいません。ご参考までにどうぞ。

紙に穴を空ける

ラッピングするのは、こちらのカチューシャ。「半端に残ったビーズを使ったキラキラ可愛いカチューシャの作り方」で作ったもの。

手を加えていないトレーシングペーパー、紫のメタリック紙、はんこを押したトレーシングペーパーの順に重ねて、中に入れるものを上に置いてみましょう。

袋のサイズを決めます。

だいたいの大きさがわかったら、定規とエンボスペンを使って折り目を付けます。
線から上(この画像では右側)が、折り返して蓋になります。

一番上のトレーシングペーパーは山折り、下の二枚は谷折り。

角を揃えて、ずれないようピンチやクリップなどで押さえましょう。
このとき、一番上の山折りのトレーシングペーパーは折ったまま揃えます。

次は穴あけパンチ。

こちらは一穴ですが、二穴のものでも。

穴を並べて開けましょう。間隔はだいたい揃っていれば大丈夫ですが、几帳面な方は計って印をつけてからどうぞ。私はもちろんテキトウです。笑

折り返し線から下の三方向全て、同様に穴を空けましょう。

リボンを通そう

最後の工程。リボンを右上の穴に手前から通します。

裏側で結びましょう。

穴をかがるように、リボンを通します。

角の部分には三回通すと方向転換できます。刺繍と同じ要領。

左下の穴まで行ったらそのままにして、今度は左上から同じ要領でリボンを通しましょう。

左下まで。

蝶結びして、余ったリボンを切ります。

はい、袋の完成です!

蓋部分を折り返してみると、こんな感じ。

うっすらと透けて見えるはんこが、いい味出してます。カチューシャもおぼろげながら見えていて、逆にいい感じ。

これにシールやマスキングテープで蓋を留めて終了!
でもいいですが、ちょっとだけおまけ。

おまけ

折り返しの角を丸くカットします。やらなくてもいいけど、やるだけでだいぶ印象が違う。

サンスターさんの「かどまる PRO」。こちら、3種類の角度でカットでき、しかも少々厚めの紙でもOK。とっても便利です(回し者じゃないですよ!)。

はい、簡単にカット! 更に、先ほど紙がずれないように押さえていたウッドピンチに少量の木工用ボンドを付けて、半円パールを貼りましょう。

乾燥させて、蓋をピンチで留めたら完成!

いかがでしょうか? 言ってしまえば「穴開けてリボンを通しただけ」ですが、私としては、なかなか簡単に可愛くラッピングできた、と満足です。

リボンやはんこによって、雰囲気が変わりそうですね。危ないものは何も使用しませんので、お子さんと一緒に挑戦してみてくださいね。これを渡すのが楽しみです♪

「よろこんでもらえるといいね!」

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事