• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いろいろな種類のラップを選んで賢く使いこなす方法

Date:2013.01.04

お台所で何気なく使っているラップ。サランラップやクレラップなどが人気ですが、ラップにもいろいろな種類があります。しかもそれぞれ特徴があるのですよ。

いろいろなラップを知って、保存をしっかりすれば食材の保存も上手にでき、残った料理も今までよりおいしくなるのではないでしょうか?また、ラップの便利な使い方なども紹介しましょう。

ポリラップ

粘着力が弱く、食器によってはつきが悪い場合がありますが、粘着力を強くする添加剤などは使用していないとのことなので、直接食品を包むラップとしては、安全でしょう。

成分としても水素と炭素からできているので、ダイオキシンに関する問題はないとされています。刃の部分が紙なので、使い終わったあとはそのまま捨てることができるので楽です。また、価格が安いのも主婦にとってはうれしいですね。

クレラップ

ラップで困るのは巻き戻りですね。クレラップは特殊なニスのおかげで巻き戻りしなくなりました。切れやすく、斜めにカットされることも少ないはず。どのような食器にも貼りつきやすく、しっかりくっつきます。

ラップの容器の真ん中には親指マークがあり便利。目の不自由な人にも便利なデコボコがついています。丈夫でしっかり密封できるので、野菜の新鮮度が高いです。

サランラップ

キレ味がよく、どんな角度でも切れるので使いやすいです。巻き戻りも防ぐ部分ののりが強く、ラップもしっかりくっつけることが可能です。どんな食器にもつくので便利ですね。

また、フィルムがしっかりしているので扱いやすいです。酸素や水分も通しにくく、食品の鮮度を保ってくれます。香りも逃がしません。酸や塩分にも強く、おにぎりなどを包むのもいいですね。電子レンジ、フリーザーまで使えます。

NEW ローズラップ

添加剤を一切使用していない無添加ラップです。食品を直接包むものですから、安心して使えますね。刃も紙なので、そのまま燃えるごみに出すことができるのも便利です。電子レンジでも使えます。

MKL レンジでチン&保存ラップ

電子レンジでも使えるのがこのラップ。もちろん冷凍保存もできますよ。粘着力も高く、しっかりと食器に貼りつくラップです。マツモトキヨシから出ているラップです。

ジップロック

ダブルジッパーがついていて、密封性の高い商品です。破れにくく、丈夫です。ジッパーの部分は濡れた手でもすべることなく、しっかりとつまむことができます。サイズも大・中・小とあり、用途で選ぶことができます。

原材料からラップを選ぶ

ラップは密着性や切れ味など原材料によって違いがあります。日本で一番多く使われているのが、ポリ塩化ビニリデン製という材料です。密着性や耐熱性も高く、切れ味もよし、香りも逃がさない高性能ですが、価格はちょっと高め。

値段が安いのがポリエチレン製。しかし、密着性も耐熱性も切れ味もちょっと劣ります。価格も高くなく、ポリエチレン製よりも性能がいいのがポリ塩化ビニル製です。ラップを選ぶ際の参考にしてみてください。

ラップの便利な使い方

  • ホコリ除けになります。テレビやエアコンリモコンは汚れても水洗いできませんね。ラップでくるんでおけば、ホコリや汚れがついても取り返ればすむことですね。
  • お弁当などの調味料入れに便利です。塩や砂糖はそのままくるんで、ソースやケチャップなどはラップに入れたらゴムなどで巾着のように止めます。使うときは底を切って使います。

サランラップの電子レンジでの使い方

サランラップをかけて電子レンジで使う際には、少しゆるめにかけましょう。きっちりとかけると、蒸気の圧力で裂けてしまうことがあるそうです。

また、油分の多い食品をサランラップ直接くるんで加熱すると、サランラップが裂けてしまうことがあるそうです。油分の多い食品は深めの耐熱皿にうつしてから電子レンジに入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事