• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プールでも!イベントでも!ラッシュパーカーで日射しに負けない夏に

Date:2013.11.04

夏本番!どんどんと暑さが厳しくなってきて、海やプールが恋しくなる季節になりました。友達や彼と海へ行ったり、子供と一緒にプールへ行ったり、水着で太陽の下に出る時に心配なのはやっぱり日焼けですよね。

強い日差しから身を守るための強い味方、ラッシュパーカーがあれば夏を更に満喫できちゃいます!

ラッシュパーカーってどんなもの?

水着のように水に濡れても大丈夫な素材でできたパーカーです。サイズの選び方によって違いますが、水に入ったときにもブカブカしないように普通のパーカーに比べて体にフィットした細身のものになります。

水着と同じような素材なので、Tシャツ着用での水泳が禁止されているプールでも着たまま泳ぐことができるのが嬉しいところ。素材自体に紫外線カットの加工がしてあるものがほとんどで、日焼けの防止はもちろん海では擦り傷やクラゲに刺されるのも防止できます。

日焼けをしたくない人だけでなく、体型を気にする人からも注目を集めているラッシュパーカー。ポッコリビール腹を気にするパパからも支持を集めています。

日射しを忘れて夢中で遊ぶ子供さんにもオススメ!油断すると肌が弱くて日焼けがヤケドのようになってしまうこともありますので万全の対策をしてあげましょうね。

水辺以外でも大活躍のラッシュパーカー

最近はデザインも豊富になってきているので、水辺以外でも活用できるようなものも。

スポーツ観戦や野外ライブでの日焼け防止アイテムとして、ビーチリゾートへ向かう飛行機での冷え防止アイテムとして、車の運転時の腕焼け防止アイテムとしてなどなど様々な使い方ができます。

素材が薄くて軽く小さく折りたためるので、バッグに入れて携帯するのも楽々です。乾きがとても早いので、旅行など荷物を少しでも減らしたい時には昼間はビーチで着て洗って干し、夜は冷え防止に羽織るなんて使い方も便利です。

本気で泳ぐ人にはラッシュガードがオススメ

ラッシュパーカーはフードが付いているので、シュノーケリングや本気で泳ぐ人には少し邪魔に感じてしまうこともあるかもしれません。そんな人にはフードの無いラッシュガードの方が使いやすい場合もあります。

頭からかぶって着るTシャツタイプとジップアップのタイプがありますが、個人的には脱ぎ着がしやすいジップアップタイプがオススメです。

すぐに乾く素材でできてはいるものの、長時間水の中で過ごす場合には濡れたままのラッシュガードを着ていると寒く感じる場合もありますので、陸の上ではラッシュパーカーを羽織るなどと使い分けるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事