• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好きな人に送りたい、メールテクニックを身につけよう

Date:2012.11.09

昔は好きな人や告白をする時は手紙で伝えるという方法が主流だったのですが、今やメールで気持ちを伝えるのが主流となってきました。

だからこそ好きな人に好かれるメールを送りたいというのが女性の心情です。今回は男性が貰って嬉しいメール、注意したいことなどを紹介したいと思います。

意外に気になる絵文字

女性はメールにたくさん絵文字を使う傾向があります。絵文字を使うとかわいいし文字を打たなくても絵文字で気持ちを伝えることもできるということで、いろんな絵文字を駆使してメールをしている人が多いのは事実です。

しかしその絵文字、意外に使い方が難しかったりするのも事実です。女性は絵文字がたくさんのメールを貰うと嬉しいのですだ、男性の中で絵文字をたくさん使っているメールをあまり喜ばない人もいます。どうしてでしょうか。

1.解読不明な絵文字はダメ

文字を打たないで部分部分を絵文字で表現する人がいますが、自分が分かっているから相手も分かるだろうと思って使っていても案外「どういう意味?」というものが多く困っている男性が多いそうです。できるだけ相手もわかるような絵文字の使い方をするようにしないと相手には何も伝わりません。

2.ハートの乱用は重い

好きな人だからこそ使いたくなるハートマーク。少しだけならいいけれど、あまりにハートマークを乱用されると男性はドン引きするそうです。彼氏であればそこは指摘もできますが、お付き合い前の男性などにハートマーク乱用のメールは控えておきましょう。

自分では案外気づかないもの、自分がお付き合いする前の男性からハートマーク乱用のメールが届いたらと考えながら使うといいかもしれません。

こういうとこに要注意

最近流行っているギャル文字、年代関係なく使われていることが多いですが、ついつい好きな人のメールなどに使っていないでしょうか?

普段からギャル文字を使っている人はいいのですが、慣れていない人がギャル文字を使ったメールを貰うと何を書いているかさっぱり分からないということが多いです。

あと意外に気になると指摘されるのが、改行です。普通もそこまで改行は気にしていない人が多いと思いますが、男性がメールを貰って意外に気になるのが改行だそうです。

改行されていないと文章が読みづらく、どこが一番伝えたいことなのか分からないことがあると耳にしたことがあります。内容も大切ですが、相手の読みやすさも考慮してメールを送るのが思いを伝える第一歩になります。

全てを伝えるのは逆効果?

最近はメールで好きですという思いを伝える人が多いですが、男性の中にはメールですべてを済ませてしまうという行為を嫌う人もいます。メールで簡単に告白や好きな思いを伝えられても安く感じるという声もあります。

好きな人への思いを届けるのに必須アイテムのメール、しかしそこで全てを伝えるのではなく序章だけを伝え、あとの思いは直接伝えることに意味があるようです。それに全部伝えられるより序章ぐらいの方が男性はドキドキするということなので、上手にメールを使いましょう。

メールは便利だけど好きな相手には以外に使いづらいアイテムだったりします。いろいろと勉強し相手に思いが伝えられる素敵なアイテムとして使いこなしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント