• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

《手相占い》霊感の強い人は、手相に「あるマーク」が出ています

Date:2013.11.10

はたして自分には何か霊感があるのだろうか?と考えた事はないでしょうか。

実は不思議な体験をよくするとか、ピンチの時は不思議と守られているような気がするという人の手相には、あるサインが表れている事があります。あえて霊感と記しましたが、勘が鋭い人も一種の霊感だと言えるでしょう。

○ご先祖様に守られているありがたい線

のように感情線と知能線の橋渡しをするような線があり、さらにその線がクロス状態になっていたのなら、その人はとても徳のあるご先祖様が守ってくれている証拠です。

何故か自分だけ事故を免れたとか、事故にあったとしても信じられないほどの軽症で済んだなど、危機の際には必ず助けてくれるというサインです。このような命に関わる事はもちろん、会社では自分だけがリストラ候補から外れたなどという事もありえます。

自分自身の第六感も鋭い部分もありますので、チャンスをうまく捉える事も得意のはずです。ご先祖様を敬い感謝する気持ちを常に忘れないようにしなくてはいけません。

△先祖運がいいが、邪悪なモノに憑依される怖さも

「仏眼」という眼のマークを親指の第一関節に持つ人がいます。「仏眼」と言うのは、

のようなまるで眼が開いているようなマークです。クロス線と同じく基本的には先祖運が良く、本人も勘が鋭いタイプです。ご先祖様を敬い感謝の気持ちを忘れなければ自分の大きな力になってくれる事でしょう。

ただし自分の中に邪悪な気持ちがあった場合、残念ながらこの「仏眼」を持つ人は悪い霊に憑依されて物事がうまくいかなくなる可能性もありますので、心の持ちようには注意が必要なマークと言えるかもしれません。

誰だって憎い人の一人や二人、いても不思議ではありません。しかし負の念で気持ちが汚される前に、一度気持ちを落ち着けてご先祖様に語りかけてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこの「仏眼」ですが、産まれ持ったものがほとんどであり、一般的な手相と違って行動により出たり消えたりする事のほとんどないものです。

この記事をシェアする

関連記事