• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

外は雨でも心は晴れやかに。雨女に贈る雨がうれしくなるおしゃれなレイングッズ

Date:2012.09.07

雨の日は気分も憂うつになりがちですね。通勤では靴は濡れてしまうし、ストッキングの替えも必要。髪をセットしても湿気でまとまりがなくなってしまう、電車などで濡れた傘を持つのはうっとうしい…など憂うつになる材料はいくらでもありますね。

さらに洗濯物は乾きが悪い、外出するのも面倒、なんてこともあります。でも、雨の日のそういった憂うつを解消してくれるレイングッズはいろいろあるのをご存知ですか?

かわいくて、楽しくて、便利なレイングッズを手に入れれば、今までよりも雨の日が好きになるはずです!

和風な傘でしっとりと

最近はさまざまな種類の傘がお手軽な値段で出ていますね。中でも着物に似合いそうな和風な傘が人気のようです。和風のデザインを施した傘も素敵ですが、本物志向の人には和傘がおススメ。

竹の骨に和紙や絹布などを張って作られた傘で、歌舞伎の舞台などでもよく使われる傘です。開くとパリパリと音がして、傘に当たる雨の音も心地よい響きです。

シンプルなデザインで京都や金沢といった古都を思わせる雰囲気を持つ和傘。時には雰囲気を変えて和傘をさして雨の中を歩いてみるのもいいですね。

楽しくてかわいいレインブーツ

足の甲のところに目がついているカエルのようなレインブーツを見たことがありますか?一瞬ギョッとしてしまうのですが、履いているのを見ていると愛らしくなってしまうブーツ。それが『Wellipets Frog Rain Boots』です。

レインブーツと言っても、要は長靴です。なんとなくあか抜けない感じは否めません。それならいっそ、カエルのレインブーツのような愛らしいブーツを履くのもおススメです。

こんな冗談みたいな長靴を履いていると、愉快な気分になって、雨の憂うつさも消えていきますね。

他にもバスケットシューズ風のレインブーツや、パンプスタイプのレインパンプスなどもありますよ。雨の日には雨の日用の靴をオシャレに履きこなしましょう。

雨の日の便利グッズ

折りたたみ傘を使った後、折りたたんでバッグにしまうのは気がひけますね。雨のしずくがついたままでは、バッグの中も濡れてしまいます。

そんなときに便利なのが、傘ケース。ケースの内側が雨のしずくを吸収する素材になっているものもあり、濡れたままバッグにしまうことができます。

また、靴を履いたまま履くことができるレインシューズがあります。これならパンプスでもサンダルでも雨の日に関係なく、履くことができますね。

ちょっとした雨はレインハットが便利

雨が降るのか降らないのか、という天気の日は傘を持っていくかどうか迷いますね。かさばる傘を持っていくよりも、ちょっとした雨ならレインハットが便利です。くるくるっと丸めてバッグの中にしまえるし、軽いので持ち運びも楽。

かわいい花柄模様のハットやおしゃれなデザインのものもいろいろありますよ。雨でも晴れでも使えるハットも多いので、自分好みのハットを見つけましょう。

雨の日でも髪が広がらないようにする方法

雨の日は特に髪がまとまらないものです。雨の日でも髪が広がらないようにするブローの方法にはコツがあります。

ポイントは根元からしっかりと乾かすこと。髪が濡れた状態でトリートメントをつけ、ドライアーを後ろから前に当てます。髪を引っ張るように乾かしましょう。最後には冷風を当てます。

また、雨の日でも髪が広がらない美容液、ラサーナ『海藻ヘヤエッセンス』が人気を集めています。

雑誌などでも取り上げられている商品で、パサついた髪やダメージの大きい髪などにもおススメの髪の美容液です。

雨の日には室内植物園

じめじめしている雨にウンザリしたら、室内植物園に行ってみてください。おススメの一つは新宿御苑大温室。

ここは新宿のジャングルとも言われ、アブラヤシやカカオノキなど背の高い熱帯植物や蘭の室、スイレン室、などさまざまな種類の植物を観ることができます。

大きくて生命力にあふれた植物を間近で見ると、雨のせいでふさぎこんだ気分も晴れ、エネルギーがわいてくるようです。植物に囲まれていると、頭もスッキリとしてきますよ。

新木場にあるドーム型の建物が特徴的な、東京都夢の島熱帯植物園や千葉市花の美術館などもおススメですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント