• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

“獲れたて”野菜よりも栄養が高い?美肌になる冷凍野菜の選び方

Date:2014.02.21

野菜は新鮮なものでないと、栄養素もなくなっている場合があり野菜を食べる効果がないと言われています。野菜は新鮮なものを選ぶことが、野菜の効果を得るためには必要です。

では、新鮮な野菜とはどのような野菜でしょうか?スーパーに出ている野菜はどれくらい新鮮なのか?と考えると分からないものです。獲れたて新鮮野菜、と言われていても、さっき獲ってきたわけではありません。

そのような、いつ収穫したのが分からない野菜よりも、冷凍野菜の方が新鮮、と言われているのをご存知ですか?冷凍野菜には栄養がない、と思っていませんか?それは誤解かもしれませんよ。

冷凍野菜は新鮮で栄養価が高い?

スーパーなどに並んでいる野菜は、どれも新鮮そうで栄養もたっぷりに見えますね。しかし、それらの野菜よりも冷凍野菜の方がビタミンやポリフェノール、βカロチンなどの栄養が多く含まれているという調査結果があるのです。

商品に並んでいる野菜は実際にお店で売られるまでには、出荷から数週間経っていることが多いのだそうです。さらに、家庭でも買ってきた野菜をその日の内に調理するとは限らないですね。

その点冷凍野菜は、収穫した直後に冷凍されるので、ビタミンや抗酸化物質の多くが失われずにすむのです。

自宅で冷凍保存してもいい?

お店で買ってきた野菜を自宅で冷凍しても、すでに栄養素が失われているので意味がありません。また、お店で売られている冷凍野菜は、特殊な方法で冷凍にしてあるので、栄養価が高いまま保存できるのです。

特殊な方法とは、酸化酵素の働きを抑え、味や栄養素の低下を防ぐ効果のある冷凍方法だそうです。

冷凍野菜のメリット

冷凍野菜は栄養がある、ということもメリットの一つですが、他にも冷凍野菜のメリットがあります。使いたい時に使いたい量だけを使えるので、無駄がないです。栄養もそのまま保存されますね。

また、調理するのに簡単というのはもともと冷凍野菜のメリットです。カットしたり、皮をむいたりする手間が省けますから、時短調理が可能です。さらに、価格は1年を通して変わらないというのも冷凍野菜のメリットですね。

どの冷凍でもいいわけではない?

冷凍野菜であればどれでもいいか、というと一概にそうとは言えない部分もあります。国産であればある程度の品質や安全性が確認できますが、輸入ものに関しては確認できない場合があります。

冷凍保存の方法や冷凍する時間に関しても、一番栄養価が高い時期に冷凍にしているか、保存方法は栄養を逃がさない方法でなされているか、といったことも確認したい点です。味わいや鮮度に関しても比較して、自分で納得したものを選ぶようにしましょう。

冷凍野菜をおいしく食べるコツ

いくら栄養価が高いからといっても、おいしく食べられないといやですね。冷凍野菜はちょっと間違うとあまりおいしく調理ができない、と思っている人もいるでしょう。冷凍野菜をおいしく食べるには、コツがあるのです。

まず、加熱のし過ぎは冷凍野菜を柔らかくしすぎて、鮮度を感じさせなくしてしまいます。電子レンジで加熱する時も、ゆでる場合でも、袋に書いてある加熱時間を確認してから調理をしましょう。

冷凍のまま、熱湯でゆで、冷水に取るとおいしく食べられますよ。また、さといもやかぼちゃは蒸し器で蒸すのがおススメ。

冷凍野菜を電子レンジで解凍する際には、ラップをかける、かけない、などといった違いもあるので、よく説明を読んでから電子レンジを使いましょう。

この記事をシェアする

関連記事