• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

レースをレジンでコーティングすると、こんなに可愛いんです!

Date:2014.09.17

rejin-top-Edit

突然ですが、レースのリボンがキラキラ硬化していたら、絶対可愛いですよね!ふと思い立ってしまったらもう、やってみるしかありません。

結果から言いますと、大成功!でした。可愛い缶にバッグチャーム、ブローチまで、一気に三つも作ってしまいましたよ!世界に一つ、なグッズが増えちゃいました。

準備するもの

・リボンレース
・レジン液
・シリコンマット
・お菓子の缶の蓋
・木製ピンチ
・針
・糸

リボンの準備

同じものを作っても面白くない!ので、3種類のリボンを作ります。可愛いリボンが売られていると、つい手が出てしまいませんか?私だけ?何にしても、沢山ある中からこの3種類。

リボンに結びましょう。

さて、宙に浮かせて作りたいため、こんな準備。缶の蓋にシリコンマットを敷き、木製ピンチを留めます。

針に糸を通したら、ピンチの中心のコイル部分をくぐらせます。

リボンの2か所をすくって、反対端に留めた木製ピンチに通します。戻ってきたら更に2か所をすくい、糸の端同士を結びましょう。

浮いています。

硬化させる

リボンにレジン液を染み込ませます。こちらのレジン液を

リボンに直接垂らしましょう。

左下の足部分以外、染み込ませたところ。ちょっと色が変わっています。

3つのリボンすべてを同様に。

あとは窓辺に置いて、硬化させるだけ。裏までしっかり硬化させるために、途中で裏返してくださいね。

色んなものに貼りつける!

せっかくできた可愛いリボン、使ってみないわけにはいかぬ!…というわけで。こちらの缶。

パリのお土産か何かが入っていたような…定かではありませんが、硬化リボンに雰囲気ピッタリなので、採用!

次はこちら。

ロケット ハートNo.1 42×40mm 金古美 貴和製作所さんにて購入。見るからにピッタリなので、採用!

最後は王道、ブローチにしてみます!

それぞれに載せるリボンや位置を決めたら、

レジンで貼り、再び窓辺へ。

硬化したら、出来上がり!

なんてカワイイ!

写真だと分かりませんが、リボンはしっかりカチカチ。陽の光に反射してキラキラ。

次はロケット!

シックなレースからチラリと覗くロケットの柄がなかなか良い!


中にお子さんやペットなどの写真を入れてあげるのもよいかも?


リボンがしっかりとしているので、長持ちしそうです。

このまま貰っても困ると思うので、バッグチャームにしちゃいます。…といってもチェーンを通すだけ。

チェーン、17cm程度。

ロケットの穴に通して

マルカンでアジャスターを繋ぎましょう。

これだけで、バッグの取手に引っ掛けられます。

付けてみると…

あら、雰囲気ぴったり!!

柔らかいリボンも可愛いけど、この固さが良い!ブローチだって、ほら!

実際に見ると、ふつうのレースリボンよりも、ちょっとキチンと感がありますよ!

ともするとレースのリボンは「森ガール」的なイメージになってしまいますが、このカチカチレースリボン(そんなネーミングでいいのか私!) は、そんな心配をすっかり消し去ります。むしろちょっとハードなファッションに使いたい。


ああ、大満足です!可愛さが写真でお伝えしきれないのが残念でなりません。ほんとうに、やってみて~!と叫びたい。笑

「ぜひ×10やってみて~~!!」

この記事をシェアする

関連記事