• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

へんてこだけど超かわいいリメイク服の“途中でやめる”とは?

Date:2012.10.31

山下陽光さんの服をネットで見て衝撃が走りました。へんてこりんな感じに見えるのですが超かわいいのです。どうも山下さんが昔からちょこちょこ手元にある服をリメイクしまくって1点もののファッション服にしているらしい…。

それが積もりつもって…、「途中でやめる」のブランド誕生となったわけですね。山下さんはファッションリメイクブランド「途中でやめる」のオーナー兼デザイナーです。

ブランド名もユニークですが彼の1点ものの服たちはそれぞれ自己主張をしているように見えます。ちょっと気分を変えたおしゃれをしたいOLさん、もともと個性的なファッションを好むギャルさんたち「途中でやめる」の世界へさっそくご招待いたしましょう。

山下陽光さんの服ブランド「途中でやめる」とは?

大昔に買って着まくっていた服がやぼったくなりタンスのこやしになっているのを発見、でも思い出がいっぱい詰まっているこの服を「えいやっ!」って思い切って捨てることもできず迷ってしまう方多いのではないでしょうか?

そんな時にリメイクをしてまたその服を復活させるということを考えつくのですが実際、実行までになかなかおよびませんよね。それが山下陽光さんはいとも簡単にやってのけます。彼は服飾デザイナーで服をリメイクし世界に一点しかない服に作り直すプロフェッショナルなお方なのです。

へんてこだけどかわいいデザインの個性的な服たちはPARCOも認めるちゃんとしたブランド服に成長しました。俄然、興味がわき、彼に質問する機会がありましたのでちょっとつっこんであれこれ聞いてみましたよ。

山下陽光さんはもともと服飾デザイナーの勉強をされて普通にデザイナーだったのですか?

「途中でやめる」を始めるまでの途中経過を教えてください。

文化服装学院を卒業して、服の仕事をしたりしなかったりしながら、センスゼロの古着屋を始めたら、案の定、服がまったく売れない…!

「どうすりゃいいぜ?」と思って在庫の古着をリメイクしてお店に置きだしたら、案の定あんまり売れない…!「どうすりゃいいぜ!」不景気だし、「やめよう!ヤメだヤメだぁ!」とお店の大家さんに辞めることを報告した翌日、あの天下のPARCOから「途中でやめる」が可愛いすぎるので、うちで扱いたいという連絡がありました。

絶対ドッキリだろうと半信半疑で疑っていたら、ことはスムーズに進んでいきPARCOに陳列した服は無茶苦茶売れてしまいました。この現象は今も自分的にはドッキリだったと思っています。

リメイク服をなぜ作り始めたのですか?いつから?きっかけは?

服には関心があった金欠少年の頃に「シャツとかスボンはイチから作れないけど、袖と袖を入れ替えたり縫い直したりするのは、できるんじゃねぇの?」と思ってやってみました。それがまったく良くないのね。

でも、これを何度か繰り返していき、今度は自分でリメイクした服を着て外出することにー。周囲からは「ひょっとして自分で作ったの?」と言われて、失笑とともに好奇な目で見られました。

まあ褒められることもなく、けなされることもなくで、そのうち洋服自体への興味が薄くなり「どっちでもいいぜ< 」と開き直って作っていったらそこそこ良いのが作れるようになりました。

「途中でやめる」 というネーミングがなかなか面白いのですがこれをつけた理由は?

「途中でやめる」は最初、友人と始めたのです。まずブランド名を決める時に大げんかになり、僕はブランドが大嫌いで(服に)名前があること自体が既に嫌だった…。で、名前をつけないという案をゴリ押ししていたんです。

でも友人は「そんなのデキるわけねぇだろ< 」と叱咤。それももっともな意見だと思ったので「じゃあーわかった、途中で(ブランド名を)やめるっていうのはどうよ?ソレ以外は認めないよ」と友人に強気で 言ったら見事に採用されました。 しかし、最近はこの名前の由来を説明するのがめんどうくさいので、「途中でやめる感じで作っていたら誰からも怒られないから。」と言っています。

どこで「途中でやめる」を買い求められますか?

東京・中目黒の凹(boco)というセレクトSHOPと宮崎県市内のkitaというお店で「途中でやめる」を取り扱っています。詳細は各お店のホームページをご覧ください。

中目黒 凹 (boco):http://boco.petit.cc/

宮崎 kita:http://kita-miyazaki.tumblr.com/

また、年に何度か東京・渋谷PARCOと福岡PARCOで期間限定での取り扱いがあります。不定期ですがいろいろな場所で「途中でやめる」の直売もやっていますので当社のホームページなどでご確認くださいね。

「途中でやめる」:http://tochudeyameru.com/

海外進出を視野に入れていますか?

今のところまったくないですね!以前、香港でクールJapanみたいなフェアがあってそこで出品させて頂いた時に無茶苦茶売れてビックリしました。何か機会があれば海外でやりたいです。

リメイク服を作りたい女性へひとことアドバイスをお願いします。

「とにかく作ってみること!」 うーんと…それだけではなくて、作った服を着てうろついてみるのが良いと思います。最初はまったく上手に作れない、いびつで変なのばかりできあがると思うのですが、そのいびつさこそが「自分だけが美しい&可愛い!」と思える大いなる勘違いからのスタートなのです。

最後に「途中でやめる」の魅力は?

「ダサかっこいいダサい服」なので一瞬よーく見るとカッコよく見えるのですよ。でもガン見すると「やっぱダメだろ?」とも…。「いやいや、やっぱり良いんじゃないか?」といろいろと考えてしまう感じでしょうか!?本当は自分自身、「途中でやめる」を作っていて何一つ魅力がわかっていません。(笑)

参考写真:途中でやめる

この記事をシェアする

関連記事

コメント