• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【レビュー】青汁が苦手な人におすすめな苦くない「レモンの青汁」を紹介します!

Date:2012.10.20

この記事のタイトルとURLをコピーする
【レビュー】青汁が苦手な人におすすめな苦くない「レモンの青汁」を紹介します!|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/remonaojiru19083/

ちょっと最近健康に気を使うようになって、青汁を飲み始めたんですが、青汁の種類って沢山あってしかも味がちょっとずつ違ってきてるみたいなんですよ!そこで!絶対飲みやすい青汁じゃないと続けれない私が選んだのはこの「レモンの青汁」!

レモンの風味がとっても飲みやすくってお子さんがいる人にもとってもオススメできちゃいます!でも・・・本当に美味しいの?どんな商品なの?って気になっている人の為にレモンの青汁を徹底レビューしちゃいました!

→大人から子供まで飲みやすいレモンの青汁の詳細はコチラから!

送料無料!そして梱包はこんな感じ

紙袋で届いてちょっとびっくり。厚手のダンボール紙なのですが、雨が降っていたこともあって、ちょっと不安でした。他の会社は全て箱詰めなのに…と、ここはちょっと減点です。

中身は緩衝材(いわゆるプチプチ)で包まれており、箱にはゆがみやつぶれ、折れはありません。簡易包装のご時世ですから、確かにこれでいいのかも知れませんが…。手荒な宅配業者にあたったとき、本当に大丈夫なの?という疑問点はのこります。

手数料、送料がゼロ円なのは嬉しい限り。商品の値段以外にはお金がかかりません。特にこの、「手数料ゼロ円」というのは大きいです。「クレジットカードは持ちたくない」「現金払いがいい」という人に安心。今はカード決済が当たり前になっているので、代引きは○○円以上~や手数料がかかるところがほとんど。

そんな中で、この心遣いはありがたいです。サイトの構成も親切で、住所入力は簡単です。でもパスをとらなければいけないので、ちょっと手間はかかります。

内容物はパンフが沢山(笑)

開封。パンフレットとシェイカー、そしてレモンの青汁入りの箱。シェイカーは、読みやすい目盛りがしっかりついてます。ただ、「着いてすぐ使える」訳ではありません。

結構な量のあるこのパンフレットをちゃんと読み込まないと、水の分量などがわかりません。「パンフレットや説明書は読まずに捨てちゃう」というタイプの人は、要注意。

パッケージは可愛いですよ!

黄色いパッケージは愛らしさ抜群!女性に人気の出そうなデザイン。健康食品にかわいいパッケージなんて必要ない、というご意見もあるでしょうが、毎日飲むものだからこそ、見た目の可愛らしさは必要です。毎日使う定期入れをお気に入りのデザインで選ぶのと同じです。

早速レモンの青汁を飲んでみる(一袋)

さて、いよいよ味の検証です。120mlに2包、または60mlに1包、が規定値なので、まずは1袋60mlで挑戦しました。氷を入れる方法もありますが、あえて何もいれずに飲んでみました。一口飲んでびっくりします。これ、ものすごくおいしいです。ジュース代わりにできるほどの飲みやすさ!青汁を飲んでる、という気が全くしません!

青汁にありがちな青臭さ、嫌味、変なにおいもまったくなし。「まずい青汁」というイメージさえ覆されます。特に青汁初心者の人にお勧め。わずかな酸味とレモンの香りが、更に「飲みやすさ」を高めてくれます。これ以上においしい青汁は、なかなかみつからないんじゃないかな、というほどにおいしいです。味は本当に文句なしです。

他の青汁は味が悪くて飲めなかった、続かなかった、という人も是非チャレンジしてください。このように、味には欠点らしい欠点はありません。後味も比較的いいです。ただし、味がやや中途半端に感じる人もいるでしょう。

また、あまりの飲みやすさ故に、「健康になっている」「青汁を飲んでいる」という満足感は薄いです。1包で作る60mlは、その飲みやすさと相まって、非常に少なく感じます。充足感は感じません。すぐに飲み終わってしまうので、物足りないです。

お次は二袋に挑戦

次は120ml2包バージョン。パンフレットではこちらを推奨しています。今回は、冷凍庫でキンキンに冷やした水を使っています。指でつつけば割れてしまう程度の氷が張った状態のものです。これは……60mlの上をいくおいしさです!元から薄かった青臭さは完全に消え、甘みがない分ジュースより飲みやすいほどです。

レモンの香もほのかで、爽やかな酸味だけが生きています。しかもその酸味がきつくない!マイルドでありながらしっかり味もついていますし、抜群のおいしさです。この飲み方を知ってしまったら、氷を入れるバージョンや常温には戻れなくなるほどです。一気に飲めてしまいます!

パンフレットには、氷を入れて飲む飲み方も紹介されています。これも悪くはありません。ただ氷を入れてしまうと、味が薄まるのに何故かレモンの匂いだけが鼻につく…また鉄くさく、やや喉にぬめつきを感じる人もいるでしょう。飲み方は、冷やした水で作るの一択でよさそうです。

【商品特徴】

「生きた酵素と無農薬・無科学肥料育ちのケール」がウリ文句。いわゆる「顔が見える農業」で、虫の処理、収穫なども全て手作業でやっている事がわかります。酵素は熱に弱いといわれますが、無加熱製法の為、生成段階では酵素を壊しません。

今回飲んだレモンの青汁は、その名前の通りレモン果汁その他が1/4をしめています。もちろん100パーセント青汁、という商品もあるので、青汁に慣れている方はお試しあれ。

レモンの青汁の総合評価

    味:S
    価格:E
    申し込みの分かりやすさ:A
    価格表記、コース案内:D

    ※ランクは→(S~E。Sが最高)

ここまでおいしい青汁は皆無と言っていいほど。青汁はまずい、と思っている人にこそお勧めです。この青汁を、「飲みにくい」「まずい」と感じる人はほとんどいない筈です。ジュース代わりに飲めるほどの爽やかさとおいしさです。「青汁を試してみたいけれど、まずそうだから勇気がでない」「昔青汁を試してみたけれど、まずくて捨ててしまった」「味にうるさい」…

そういう理由で二の足を踏んでいる人は、迷わず試してください。青汁のイメージをも変えてくれます。この味は画期的とさえいえるでしょう。特に、キンキンに冷えた水で割るのが一押しです。すっきりと飲めますし、喉越しも爽やか。特に朝によいでしょう。スポーツをした後などにも効果的です

ただし、大きな欠点はその価格。60包で6141円です。しかもこれは、割引後の価格です。定期購入すれば更に割引が効き、一見すると他の会社のものと変わらないように思えます。(それでも少し高めですが)しかし上で触れたとおり、この青汁は、その飲みやすさ故に1包ではまず満足できません。

パンフレットでも推奨していますが、基本的に1回で2包使うように出来ています。となると、結局1杯で200円以上になってしまいます。毎日飲むものですから、これは決して安い価格ではありません。また、ネットでの申し込み(住所登録など)は分かりやすいのですが、それに比べて理解し辛いのがコース案内。

とにかく多数のコースがあり、価格や割引率も様々です。色々選べるのは良いのですが、どうしても煩雑さが先にきます。今までの青汁の味に不満だった方。青汁ビギナーの人。おいしい健康食品を求めている人。ある程度の出費は覚悟している、という人にはお勧めの青汁です。

味は文句なしで抜群ですし、すっきりした飲み心地はくせがありません。価格と味を天秤にかけて、味に傾くならば是非レモンの青汁を利用してください。

【後日談】

    メルマガを配信拒否できる方法はありますが、パンフレットの送付は断れません。「送付不要」の欄がないからです。お得な情報もありますが、DMをわずらわしいと感じる人は、送付の中止を求めたほうがよいでしょう。

→大人から子供まで飲みやすいレモンの青汁の詳細はコチラから!

この記事のタイトルとURLをコピーする
【レビュー】青汁が苦手な人におすすめな苦くない「レモンの青汁」を紹介します!|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/remonaojiru19083/

この記事をシェアする

関連記事

コメント