• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あの絞りにくいレモンを簡単に絞りやすくする方法!

Date:2013.10.21

レモンを絞るのはなかなか大変

サラダのドレッシングや、ほっと一息つきたい時のハチミツレモン、またはお酒にも、なにかとレモンを使う場面があります。容器入りのレモン果汁という便利なものもありますが、やっぱり生のレモンで香りを楽しみたいというときもありますよね。

でも、レモンの皮がなかなか硬くて重さの割りに、汁があまり取れないと感じる方も多いのでは?そこで今回は、特別な道具を使わずに、レモンを簡単に絞れる方法をご紹介します!

実際に比べてみました!

絞り取れる量にどれくらいの差があるのか確かめるために、今回はレモンを2個用意しました。左側のレモンは重さ137g、右側は129gです。

まずはいつも通りの方法でレモンを絞ってみます。こちらが137gのレモンです。丸々1個使いました。

レモンを半分に切って、レモン絞り器を使わず、そのまま手の力だけで絞ります。

絞り汁はそれぞれ別のコップに入れることにしました。

やはりレモンは皮が硬くて、生のレモン汁を取るのは結構、力のいる作業です。ここまでがいつも通りのレモンの絞り方です。

それではいよいよカンタンな方法のご紹介!

特別な道具は要りません。まずは、レンジでレモンを丸々数秒(10~20秒程)温めます。こちらは129gのレモンです。

普段、レンジで物を温めるときの要領と同じように温めます。今回は、600ワットで20秒温めました。

温め終わったレモンをゴロゴロと転がします。皮をやわらかくするためです。

先ほどと同じ方法で絞ります。半分に切ってコップに絞ります。

温めてゴロゴロ転がさないレモンと比べて、かなり絞りやすくなっています!ジュ~っと一気に絞れます。皮がやわらかくなっているので、半分に曲げやすくなります。

2個のレモンを絞った結果発表!

いつも通りの方法でレモンを絞った場合、137gのレモンから約25ccのレモン汁が絞れました。レンジで加熱してゴロゴロ転がした場合、129gのレモンから約38ccのレモン汁が絞れました。

簡単に絞れる上に、量も沢山取れました!とても簡単で特別な道具も要らないので、レモン汁が必要な場合には、この方法をぜひオススメします!

この記事をシェアする

関連記事