• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲労回復や美容に最適!今年の冬は「レモン鍋」で温まろう

Date:2013.12.20

今年の冬の顔はレモン!

今年2013年の注目の美容法、健康法はレモンを使ったものが目白押し。中でも、驚きなのは「レモン鍋」です。レモンと鍋料理は直接結びつかないように思えますよね?しかしレモンは万能調味料で、塩や油との相性が抜群です。

鍋料理に入れて煮込むことで皮までしっかり食べることができるので、レモンの栄養を余すことなく摂取できます。

レモン鍋は料理店でも食べられる、一般的な鍋なんです。瀬戸内ではレモンがよく獲れることから、牡蠣鍋などにレモンが入ることは珍しくありません。変わり種なようですが、比較的誰にでも親しみやすい鍋料理なのではないでしょうか。

また、レモンの旬はあまり知られていません。実は冬が一番収穫量が多く美味しい時期なんです。レモンは付け合わせやアクセントにする程度にしか使われないので、あまり旬を意識する人はいないかもしれませんね。

これを機に、旬のレモンの味わいを感じてみましょう!

レモン鍋の効能とは?

レモンを鍋に入れることの最大のメリット、それは皮まで食べること。レモンの皮は、実の部分の約5倍のビタミンCを含んでいます。

ビタミンCによる美容と健康効果をおさらいしてみましょう。まず、美白効果が非常に高いです。この夏の猛暑の日差しで日焼けしてしまった人は、レモン鍋でガッツリ美白成分を補いましょう。

また、シミそばかす予防にも効果的。寒い時期にしっかり肌バリアを作り、来年の夏に備えるのもオススメです。

また、健康面でも優れた効能を発揮します。寒い時期は風邪をひきやすく、インフルエンザなどの感染症にも対策が必要。ビタミンCは免疫力をアップさせる効果があり、病気にかかりにくい体を作ります。

さらにレモンに含まれているクエン酸も忘れてはならない存在です。疲労回復に効果を発揮しますので、疲れを感じたときや、体力を温存して仕事に臨みたいときなどにも最適。ビタミンCは二日酔い防止や改善にも役立つので、お酒と一緒に楽しむのも良いですね。

効能はこれだけではありません。シトラールという香り成分をご存知でしょうか?シトラールは柑橘系の植物に含まれており、リラックス効果の高い香り成分。アロマテラピーなどではよく使用されています。

このシトラールもビタミンCと同じように、皮に多く含まれます。なんと果汁と比較すると約7000倍もの量になるのです!精神的にリラックスしたいときや、集中力を高めたいときにもオススメ。

つまり、レモンは皮を食べてこそ栄養を摂取できるというわけ。皮ごと食べる機会はなかなかないですし、食感もあまり良くないので煮込んで食べるのが一番簡単な食べ方なのです。

どんな食材と一緒に入れたら良いの?

冒頭でも言ったように、レモンは塩との相性が抜群です。鍋のベースは塩味の和風鍋が最適。メインは牡蠣やホタテ、エビなどの魚介。鶏肉や豚肉。意外にも、和風食材になり得るものなら何でも合います。牛肉やソーセージなどはちょっと不向きかもしれませんね。

レモンと一緒にカボスをプラスしても、和の味が増して美味しく頂けます。野菜類は白菜や大根などの根菜。椎茸やえのきだけなどのキノコ類。洋風野菜でもあるブロッコリーもレモンとの相性は抜群です。

自宅で簡単に調理できる鍋なので、一人暮らしの女性の味方。粉末ダシと塩さえあればできてしまうので、一人分をささっと作れるのも魅力ですね。お一人でも、仲間内でも美味しく食べられること間違いなし。美味しく食べながらキレイに、健康体になっちゃいましょう!

この記事をシェアする

関連記事