• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「恋愛は最高の美容液」科学で効果を実証!恋愛ホルモンでキレイになろう

Date:2012.03.29

2014-06-11

恋をすると分泌される恋愛ホルモン

~恋愛をしている~それだけで、女性の毎日は今までと変わる。話題の映画やレストランがあれば、すぐに情報をキャッチ、高いアンテナが張られる。

新作のコスメやファッションに敏感になる。鏡の前でたっぷりと時間をかけてお化粧をする。話題のパックやエステを試したり…。


日常の景色すら「恋している」だけでキラキラと輝いたものにうつるだろう。そして、友だちや家族に「最近、なんか違うね」「きれいになったんじゃない?」と声をかけられることも多いはず。

そう、この、恋をするとキレイになる、それは実は本当のことなのです。もちろん、彼に愛されたいがゆえに、お化粧やスタイルに気を配るから、というのも事実ですが、実際は、恋をすると、もっと体の内側から、キレイになる仕組みがあるのです。

恋愛ホルモン この言葉、耳にしたことがあるのでは。これ、うそや迷信ではありません。恋をすると、脳内の4つのホルモン分泌が活性化され、本当にキレイになってしまうのです。

この4つのホルモンとは
・フェニルエチルアミン
・エストロゲン
・ドーパミン
・オキシトシン

これらを総称して恋愛ホルモンと呼ばれています。それぞれにどのような効果があるのか見ていきましょう。知ればあなたも今すぐ恋したくなるハズっ!

フェニルエチルアミンの効果

いわゆる、恋の病の正体が、このフェニルエチルアミン。略してPEAと呼ばれます。このPEAは、チョコレートやココア、チーズなどに含まれる香り成分。

消化を促進し、ウエストをキュッと引き締める働きがあります。また癌(がん)治療などで、鎮痛剤として使われるモルヒネにも含まれる、つまりは「軽い麻薬」。

チョコレートを口の中で溶かすと、高揚感を感じるのは、このPEAのせいでもあります。「やる気物質」などとも呼ばれて、気持ちを上向きにさせる作用があるのも、特徴。

この上向きの気持ちが、恋を時に盲目にさせてしまったり、許されない恋ほど多量のPEA、が分泌されるそうなので、そこは要注意。

エストロゲンの効果

キレイホルモンとしてあまりに有名。女性の第二次成長期に多量に分泌され、更年期に入るとその分泌量が瞬く間に減少する、という事実からみてもわかるように、女性らしい体をつくるのに不可欠なホルモンです。

具体的にいうと、胸が大きくなる、ウエストがくびれる、肌のキメが細かくなり、色白になる…とキレイへの変化が現れます。

恋愛をすると、このエストロゲンの分泌が盛んになることがわかっていて、よりモテる体つくりに貢献してくれる、キレイ連鎖促進のホルモン。

恋愛感情が生まれて1か月ほどで、体に変化があらわれるそうです。ただしストレスがかかると分泌が減るので、どうか、つらい恋をしないように…。

ドーパミンの効果

ドーパミンは別名「快楽ホルモン」。心地いい、うれしいという快楽・快感の動機となる行動は、このドーパミンの分泌によって、再現されようとするのです。つまり脳に「これは気持ちいいから、もう一回やりましょう」と訴えるホルモンなのです。

いい恋をしていると、このドーパミンが多量に分泌されて、相手をよろこばせようと努力をしたり、自分自身もウキウキしてデート前の身支度に気合がはいってしまいます。

しかも、興奮状態を起こさせるので、交感神経が刺激され瞳孔が大きくなり、目力アップ、頬もピンクに。また、姿勢がよくなることも言われています。

ただし、このドーパミン、研究によって、加齢、つまり10年歳をとるごとに、10%も減少してしまうこともわかっています。ドーパミン分泌低下をストップさせるのに、恋愛は有効な手段ともいえそう。

オキシトシンの効果

こちらは愛情、信頼を決定づける母性ホルモン。出産や授乳でも多量に分泌されることからもわかるように、母が子を思う愛のごとく、無条件で相手を守りたいという思いを起こさせます。この分泌がさかんだと、恋の相手を信じる気持ちが高まるというわけです。

また、オキシトシンは性的刺激によっても多量に分泌されることもわかっています。彼に対しても性的関係をもった後のほうが多く分泌され、より愛を感じられるということです。

オキシトシンの分泌によって「心地いい 安心」という気持ちがもたらされ、ドーパミンの分泌にも大いに関係しています。

この衝動で、彼とまたセックスしたいという欲求もうまれ、無意識に、しぐさや振る舞いも女らしくなってきます。

さらに、オキシトシンが分泌されると、優しい気持ちになり、社交性も高まるので、彼とのコミュニケーションもより潤滑になる、というわけです。

こちらのオキシトシン、あまり分泌が多いと無気力になったり、逆に自己中心的な愛に溺れる可能性もあります。まさに、母親がよその子を犠牲にしても、自分の子をたすけようとする心境でしょう。

ともかく、絶対愛の感情はこのオキシトシンから生まれるようです。

恋する女性をキレイにする4つのホルモン。このホルモンの働きで、恋する女性はますますキレイになることが実証されています。

恋愛中のドキドキする気持ち、愛して愛されたい衝動、そのすべてが女性にとって、最高の美容液。あなたも、恋愛ニートはそろそろ卒業、外にでて、いい恋しましょう!

この記事をシェアする

関連記事