• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

共依存女性は共感できる!?ラストが衝撃的な恋愛映画・ドラマ3選

Date:2013.10.29

恋愛というものは、のめり込んでしまうと、大きなヤケドを負う場合がありますね。特に、共依存に陥る女性は、恋愛に対してかなり一方的な気持ちのベクトルを持って、エネルギーを注ぎ込んでしまう傾向があります。

今回紹介する映画やドラマは、ちょっと激しい女性がヒロインです。それゆえ、周りを巻き込んでの衝撃的なラストシーンも印象的です。

共依存においては、他人から見ると「それって、本当に相手を愛してるって言えるの?」という疑問を持つ場合も多いのですが、こういった作品を観ることで、共依存女性は共感出来ると同時に、客観的にそのような女性を見て、自分の恋愛を振り返ってみるきっかけになるかもしれません。

「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」1986年・フランス

原題は、「37°2 le matin」となっています。官能的なシーンありですが、あくまでもストーリーの一部として溶け込んでいます。

フランスの恋愛映画は、セリフの響きや景色が美しく、魅力を感じる女性も多いと思います。また、日本人とは違った価値観で描かれる恋愛模様に、衝撃を受けることもよくあるのですが、その中でも、こちらの作品はかなりのインパクトがあります。

主人公であるベティの気持ちがよく分かる・・・と感じた女性は、やはり激情型の女性ではないかな、と思います。きっと、恋愛においても気持ちのアップ・ダウンが激しいのではないでしょうか。

共依存の自覚がある方、またちょっと気になっている方、そして、恋愛をするとうまく気持ちがコントロール出来ない・・・という方は、一見の価値あり!です。ただし、観終わった後は、かなり気持ちが重くなってしまうかも・・・。

ちなみに、原題である”37°2 le matin”とは、「37度2分・朝」という意味です。これは、基礎体温のことで、その意味は観た人だけが分かるでしょう。

「髪結いの亭主」1990年・フランス

こちらもフランス映画になります。官能的なシーンもアリです。

髪結いの亭主といえば、女性に食わせてもらっている亭主の代名詞としても、使われています。共依存といえば、まさにそのような関係の夫婦にもよく当てはまっていることが指摘されています。

しかしこちらの作品は、そのような、女性に食わせてもらっている亭主のだらしなさ、ということを主軸にしているわけではありません。静かなようでいて実は、これほどまでに、秘めた思いは激しかったのか・・・という、女性の本当の気持ちと、その行動が衝撃的です。

もし、恋愛にのめり込んでいる、共依存気味の女性は、この妻の気持ちがよく分かる!と感じるかもしれません。

しかしそれはやはり、健全とはいえないことですし、お互いにひとりよがりで、結局この夫婦は、愛し合っていたのだろうか・・・という疑問を感じてしまう作品です。

自分たちの恋愛が、本当の愛か?それとも身勝手な、お互いのひとりよがりの思い込みか?ということを漠然と考えたことがある方は、是非ご覧になってみてください。

「美しい人」1999年・日本・TBSドラマ

こちらは、日本で金曜日の22時から放送されていたテレビドラマです。脚本は、野島伸司さんです。

野島伸司さんが脚本のドラマは、恋愛ドラマにしろ、そうでない場合にしろ、ラストは衝撃的なものが多いという印象で、またストーリーにも、どこか悲哀を感じさせるヒロインなどが登場します。

こちらのドラマの主演は、常盤貴子さんと、田村正和さんです。ちょっと歳の離れたこの男女が出会い、恋愛関係に陥るには、女性側の”ある事情”がきっかけとなりました。

主人公の女性は、田村正和さん扮する美容整形外科の院長に恋をしながらも、実は夫から逃げているという身です。大胆な方法で、折角夫から逃げたにも関わらず、どこか夫を見捨てることが出来ず、またいつも脅されていたことにより、関係を断ち切るのに苦労します。

この辺の関係性なども、共依存に陥っている男女には、ありがちなことで、共感できる女性も少なくないでしょう。

また、院長である男性は、優しく彼女を受け入れ、守っているように見えますが、彼にも彼なりの”ある事情”がありました。そして、他の人物をも巻き込みながら、行き詰まっていく中、迎えるラストとは・・・。

こちら、主題歌や挿入歌がジェーン・バーキンだということもありますが、ストーリーとしても、どこかフランス映画チックな雰囲気が漂うドラマとなっています。ちょっと古いドラマになりますが、DVDも出ていますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

この記事をシェアする

関連記事