• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ひとつの恋愛が終わる時!「もうやっていけない」の線引きはどこで?

Date:2014.04.08

恋人とのお付き合いの中で、「別れよう」「別れたい」と考えてしまうことは、時として訪れます。しかし、そのような考えが頭をもたげても、また考え直したり、お互いの努力などで乗り越えて行くことは多いでしょう。

では、どのような時に、女性が決定的に「もうやっていけない!」と感じ、ついに別れを決断することになってしまうのでしょうか。気になるその線引き部分を探ってみたいと思います。

仏の顔も三度まで!崩壊の音が聞こえたり、怒りが笑いに変わった時

どんなカップルも、たいてい、同じことが原因となってケンカを繰り返すことがあると思います。

「仏の顔も三度まで」とは言いますが、実際にはそれ以上に何度も同じことで怒り、そして結局許しているという女性は多いでしょう。仏様以上の女性が多いのですね。

そんな女性でも、ある時ついに「もう限界」という時を迎えることがあります。そんな時には、人はよく「何かがガラガラと崩れる音が聞こえた」とか「プツンと糸が切れる音が聞こえた」などと言います。

これは、実際に経験した人には分かるのですが、本当にそのような音が聞こえるもののようです。このような時、今まで散々怒ってきたことが、もう呆れた笑いに変わってしまいます。急にバカバカしく感じてしまうのですね。

相手に対し、怒りの感情すらも湧かなくなった時・・・それは、相手を受け入れることが出来た時の他に、「もうこれ以上この人とはやっていけない」という確固たる気持ちが湧き出て来てしまった時、という場合もあるのです。

きっと、音が聞こえた瞬間、既に小さくなっていた愛の炎が、完全に消えてしまったのかもしれません。

生理的に無理!となったり、この人の子どもは産めない!と感じた時

今までいろいろあっても、何とか許して来られたのは、男性として魅力を感じていたから、という部分があると思います。性格や価値観が合わないと感じて苦労しても、本能の部分で惹かれていると、なかなか別れられないものだからです。

しかし、そんなふうに、男性としての魅力すら感じられなくなってきた時、女性は「生理的に無理!」と感じはじめます。このように感じるようになったら、よくある”ケンカしてもエッチして仲直り”ということも、出来なくなってしまいます。

また、将来は結婚を・・・と考えていたのに、「この人の子どもは産めない!」と感じるようになってきた時も同様です。こうなると、もうこれ以上恋人関係を続けることは難しいでしょう。

何度も裏切られすぎた!もう何も信じられなくなってしまった時

あまりにウソや裏切りが続き、もう相手の言うことが何も信じられなくなってしまったという時です。今まで、繰り返し裏切られても、それでも信じてきたという経緯があると、男性は今度も同じように信じてくれるのでは、と考えるかもしれません。

しかし、女性が本当に心の底から、「もう何を言われても、信じることは出来ない。いや、これ以上信じたくない」と感じてしまった時、その関係に終止符を打つことになります。

将来が見えない!これ以上一緒にいるのが時間の無駄だと感じた時

お互いにある程度の年齢であれば、結婚も視野に入れて付き合っていることが多いと思います。その場合、やはりひとつのゴールは、結婚ということになるでしょう。

しかし、そこを目指していたはずなのに、いつしか二人が結婚するという将来が見えにくくなってしまうことがあります。それは、男性がいつまでも決断しないとか、定職に就かないなど、理由は様々でしょう。

でもこのまま一緒にいても、結婚はしなさそうだし、ズルズル付き合っていても時間の無駄、と女性が感じたら、サっと切り替えて別れを選ぶということはよくあるようです。

この記事をシェアする

関連記事