• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛依存してしまうのは何故なのか考える

Date:2013.09.19

恋愛依存の体質とは

恋愛依存体質の人っています。
それは、女性でも男性でも必ずいます。
そして、恋愛依存体質の人は、必ず恋愛の度に依存を繰り返します。
また、普段とても仕事熱心だったり、真面目な印象の人に限って、恋愛に関しては依存して行く傾向があります。
これは、一体何故なのか、その理由に迫ってみたいと思います。

真面目に熱心だから夢中になる体質

そもそも仕事にも熱心に取り組む真面目な人と言うのは、一度真剣になり始めるとトコトン行きます。
だから、仕事でも出来る人だと言う評価を得られます。
また、任される仕事量も多く、こなすスピードや計画も的確なので、どんどんこなして行きます。
本人はそれを負担に思ってはいないのです。
むしろ、まかされることに喜びを感じています。

だから、それが恋愛に転嫁された時には、相手に対してとても夢中になれる体質になっています。

そもそも恋愛において熱心になることとは

恋愛をする時に熱心になることは良いことなのでしょうか。
もちろん、気持ちや相手に対する態度としては、それで問題ないように見えます。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
余りにも相手に熱心になり過ぎる余り、仕事と恋愛を同じように扱ってはいないでしょうか。
仕事熱心な人にありがちなのですが、恋愛を仕事と同じようにしてしまうと非常に危険です。
何が危険なのかと言うと、それは、まるで仕事で部下に指示を与えるように、恋人にも接してしまうからです。

すると、相手の気持ちはどんどん離れて行きます。

自分は一生懸命に相手に接しているのに、結果は散々になります。
これは、非常にキツイですね。
このようなことにならない為には、恋愛に熱心になり過ぎる人は、少し自分の気持ちをセーブすることを覚えましょう。

セーブし過ぎる危険性

しかし、そもそもそこまで恋愛に依存しない体質の人が、セーブすると逆効果になります。
とても冷たい人間だと思われてしまいます。
すると、相手との気持ちも通じなくなります。
だから、自分の性格と恋愛に関する依存度を常に分かっていないといけません。

さらに、相手のことを観察してみましょう。
相手が恋愛について、どのような感性の持ち主なのかを判断してみます。
相手が、依存傾向が強い人なら、自分も気持ちをセーブしなくても大丈夫かも知れません。
しかし、相手が常に距離を置く恋愛をしたいタイプなら、セーブが必要です。
ウザイと思われて、別れるのは本当にこたえますからね。

この辺りの匙加減が本当に大切になるのです。

この記事をシェアする

関連記事