• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛したいのにできないあなた、恋愛準備ができていないだけかも?

Date:2013.06.06

結婚したい。彼氏が欲しい。何より、恋愛がしたい。そう思いながらもなかなか心が動かず、恋愛の仕方が分からなくなってきたなんて声をよく聞きます。

自分では前向きに恋愛したいと思っているつもりでも、実は恋愛する準備が整っていないのかもしれません。本当はすぐそばに恋があるのに、遠ざけてしまっているのは自分自身かもしれませんよ。

過去の決着をつけられていないのではありませんか?

誰しも印象に残っている過去の恋愛はあるものです。一度は好きになって一緒に過ごした人ですから、記憶を消すのは無理な話。でも、心の奥でちょっとした未練のようなものがくすぶっていて、それが恋愛の足を引っ張っている場合があるのです。

知らず知らずのうちに出会った男性を大好きだった彼と比べているなんて人は意外と多いです。思い出はどうしても時間とともに美化されていくものですので、良い部分はより良く、悪い部分は少しずつ薄れていきます。

そんな美化された思い出と目の前の男性を比べても勝てるはずなんてありません。何より、それぞれ良い部分と悪い部分があるのに、他人と比較して評価することは全く意味の無いことなのです。

こんな話をすると「私は昔の彼氏に未練なんて全くないし、関係ないわ」と頭っから否定する人も多いのですが、実はそんな人こそ要注意。強がって否定している内はなんの解決もされません。

「一番大好きだった彼がすごく気の利く人だったから、出会いがあっても彼と比べて気が利かないとすぐ思ってしまっていたかも」とか、「前の彼がスポーツ好きだったから、同じようにスポーツマンを求めていたかも」などと認める人の方が、自分の心と向き合って過去と決着をつけることができるのです。

もちろん、前の彼がまだ好きかもなんて場合は新しい恋になかなか踏み出せない場合も多いので、彼に再アプローチするのでないならきっちり心の整理が必要ですよね。

何でも年のせいにしていてはダメ!

「もうちょっと若かったらね」とか、「もうそんな年じゃないし」とか、年齢を理由に逃げていませんか?年齢を重ねても魅力的な人は沢山いますし、多少のシワがあっても何歳になってもモテる人はモテます。

年のせいにするようになったら、恋愛に対してサボっている証拠です。年のせいにして恋愛から逃げようとしているのです。逃げたくなる理由は、傷つきたくないという不安や恋愛を成就させる自信の無さだったりします。

でも、自分に自信がなくて年齢のことで卑屈になった女性は魅力的と言えるでしょうか?年齢なんて関係なく、人生を楽しんでいる幸せなオーラこそが魅力的に見せるのです。まずは傷ついても失敗しても大丈夫だと笑顔で言えるように、自分を強く持つことが大切です。

恋の予感にワクワクしていますか?

恋愛したいと強く思うあまり、いつしか出会いを義務のように思ってしまっている人がいます。必死に出会いの場に参加して、ノルマをこなすようにデートして…そんなことでトキメクはずがありません。

恋愛することはちょっと横に置いておいて、まずはその場を楽しむ事が大切。まだ知り合ってすぐなのに「この人とは結婚は無いな」なんて勝手に仕分けをせずに、友達を増やす感覚で充分。

結婚の事を考えるのは、相手から付き合って欲しいと言われてからでも遅くはありません。新しい友達から恋愛になればラッキー、そうでなくても友達の友達と知り合う機会が増えるかもしれません。

常に「新しい恋を誰としようかな」とアンテナをはることは大切ですが、恋をしなければとストレスに感じるようになってしまわないようにしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事