• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつ自分に起こるか分からない恐怖の恋愛体験コラム

Date:2012.11.09

今回は私の友人の恋愛体験を紹介します。どこでもありそうな話、そしてこんな男性には気を付けてほしいという意味もあり友人が話してくれました。

私の友人A子さんの現在も続く恋愛体験です。A子さんが入社した会社は小さな建設会社、社員は社長を含めても20名弱だったそうです。A子さんの直属の上司は社長の息子(当時副社長)のBさん。

彼女が担当していたのは設計で、慣れてないことが多かったので毎日Bさんからいろいろと教えてもらい残業をしていたそうです。

そんなこともあり、A子さんはBさんのことが好きになりはじめていました。それはBさんも気づいていたそうで、2人がそういう関係になるには時間もかからなかったそうです。

付き合い始めて間もなく、会社に綺麗な女性が来るようになりました。Bさんと親しげに話す様子を見てBさんの知人、もしくはご家族の人かと思っていたそうです。A子さんはあまり気にしていなかったそうですが、ある日会社の人から「あれはBさんの婚約者だ」と教えられたそうです。

A子さんはBさんと付き合う時に彼女がいないこと、もちろん結婚していないことを確認していました。それでお付き合いを始めたのに急に婚約者という人が現れて驚き、Bさんに確認をしました。

Bさんの説明は「会社経営のために結婚するのであって、本当に好きなのはA子さんだから別れるつもりはない」ということでした。しかしA子さんは不倫をする気もないし、相手の家庭を壊してまで付き合いたくないということで何度か別れを切り出しましたがすべて聞き入れてもらえませんでした。

別れないままBさんの結婚式、もちろん会社の上司ということもあり結婚式には出席させられました。奥さんを見ていると1日も早く決着をつけなければと思い、どうしても受け入れて貰えないのであれば仕事を辞める決意をしたそうです。

新婚旅行から戻ったBさんにその旨を説明しましたが、相変わらず聞く耳を持たずスルーされるばかり。思い切って仕事を辞める手続きに入ったのですが、Bさんが副社長ということもあり、いろんな理由をつけて退職届を受理してもらえませんでした。

社長も元々人数の少ない会社なので仕事ができる人が抜けるのは会社としても痛手になるということで副社長であるBさんの意見ばかり尊重するだけでした。

Bさんの結婚から約1年後、まだ関係はずるずると続き半ば強引に会わされるといったような状況が続いていた時にBさんの奥さんに子供ができました。

子供ができれば今度こそは別れてくれるだろうと思い、子供の為そしてお互いのためにいい加減関係を切って欲しいと頼んだのですが、今度は脅迫まがいなことを言ってくるようになりました。もし別れるのであれば、結婚前から今まで付き合っていたこと、〇〇のホテルへ行ったことなどを全て社長に話すということでした。

こういう話が出てくれば必ず自分の親の耳にも入ってしまう、でも別れなければという気持ちが強かったので会社をしばらく休む(体調不良による長期休暇という形)ことにし、その間に引っ越し先などを見つけることにしました。

自分だけでは心細いので学生時代の友人数名には現在の状況を説明し、一緒に引っ越し先などを探してもらうようにしていました。

引っ越し先も決まり、これでもう仕事もきっぱりと辞めて1からやり直そうと思った矢先、Bさんに引っ越し先がばれてしまいました。今となってはどうしてそれがばれたのか分かりませんが、Bさんに連れられて物件のキャンセルをせざるを得なくなりました。

これから数年、実はいまだにA子さんとBさんはお付き合いが続いています。唯一救われているのが就職先を変わったこと。でも毎晩のように電話が入り、時々家に押しかけてくることもあるそうです。

本当は第三者に介入してもらいきちんと別れたいとは言っていますが、世間ではどう見ても妻子ある男性に手を出したA子さんが悪いというふうになってしまうので、どうしようもないまま今も過ごしているそうです。

上司や万が一妻子ある人とお付き合いをしてしまった場合は、ずるずると続けていくのではなく事実関係が分かった時点できっぱりと別れないと女性がつらい思いをするとA子さんは言っていました。

別れのツラさより、別れたくても別れられない状況に追い込まれる方が何十倍もツラく、自分がおかしくなってしまうから簡単に体を許してお付き合いをするのはやめてほしいということも話していました。

いつ自分が好きな人からこういう目に合うか分からりません。A子さんのようにならないよう彼氏の性格はきちんと知っておく必要があります。

この記事をシェアする

関連記事

コメント