• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛が面倒な貴方!まずは恋愛エネルギーを確保する努力を

Date:2017.10.10


中学時代や高校時代は人並に恋をしていたはずなのに、大人になるにつれ、だんだん恋愛が面倒になってきた。そんなあなたは「恋愛エネルギー」不足かもしれません。

恋愛なんて、もともと面倒なものなのです。学生時代、大変な思いをしても何度も誰かを好きになれたのは、エネルギーが有り余っていたのが一因でもあります。

大人になれば、仕事に追われたり、家事をこなしたり、やらなくてはならないことが増えます。同時に、自由になるお金を得ることで、好きな習い事に通ったり、趣味の時間を楽しんだり、やりたいことの幅も広がります。

エネルギーの量には限りがあるため、いろんなことを頑張りすぎると、恋愛に回すエネルギーがなくなってしまうのです。

いつかは結婚したいと思いつつ、恋愛を後回しにしているあなた!「いつか」などと悠長なことを言っていると、いつまでたっても恋愛に回すエネルギーは確保できませんよ!

恋愛に回すエネルギーがない!?現代女性のエネルギー事情とは

shutterstock_124923545 - コピー
少し前の世代の女性に比べて、今の女性たちはエネルギーの使いどころが多々あり、「充実した生活」を求めて、エネルギーをバンバン使ってしまいがち。

一昔前なら、社会人になると、「仕事はほどほどに婚活にエネルギーを注ぐ」という女性も多かったのですが、今は事情が違います。

女性の社会進出によりエネルギーの多くは仕事へ

一世代前あたりは、女性の社会的活躍も難しいものでした。女性は結婚相手を見つけるまでの2~3年くらい「腰かけ」で働くものと考えられていて、長く会社にいすぎると、結婚はまだなのかと暗に退職を勧められる「肩たたき」に合うことも多々ありました。

仕事内容も、「どうせすぐに辞めちゃうから」とお茶くみ要員であったり、やりがいのない仕事ばかりだったり。

それに比べて、今では女性の活躍の場は随分と増えました。30歳を超えても普通に働き、男性と変わらない仕事を与えられることも珍しくなくなり、やりがいもアップ!女性も男性同様、仕事にかけるエネルギーの比重が大きくなってきました。

でも、やりがいがある分、仕事量の増加やストレスで疲労感もいっぱいです。お付き合いに癒しを求める男性も多いため、癒されたいのに癒す女を演じるのも面倒…と、恋愛はつい後回しに。

晩婚化による独身女性仲間の増加

独身女性の価値をクリスマスケーキに例えて、25を過ぎると売れ残りと言っていたのはいつの時代だったでしょうか。最近では30歳を超えても独身でいる女性の多いこと!私の周りには35歳を超えても独り身の友人もかなりいます。

仕事に夢中な人もいれば、相手を見つけられない人もいますが、どちらにしても、世の晩婚化のせいで、それほど焦っている感じがしないのです。

  • 「私だけじゃない」という安心感がある
  • 独身の女友達が遊びに付き合ってくれるので寂しくない

面倒で傷つく危険性もある恋愛や婚活よりも、気心知れた女友達との遊びの方がずっと楽しいのでしょう。無理をしてまで恋愛にエネルギーを回す必要なし!ということに。

自分時間を捨てられない!エネルギーは恋愛より趣味に

世の晩婚化に安心して独身生活を長く続けていると、自分のための時間を楽しむことを覚えてしまいます。

働くと自由になるお金があるので、学生の頃とは違って、やりたいことがある程度できてしまい、その楽しみ方を覚えてしまうのです。

エネルギーを注いで仕事をする

お金が手に入る

残ったエネルギーと稼いだお金で、趣味や習い事、自分磨きに励む!

またもや、恋愛は後回しです。

恋愛に必要なエネルギーは増える一方!

やりがいがあること、楽しいことに圧されて、恋愛に配分されるエネルギーはどんどん減っていくのに、恋愛に必要とされるエネルギーは増えてきています。以前ほど、男性側からの積極的なアプローチが望めないからです。

  • 女性同様、恋愛を面倒に思う男性が増えた
  • 「自分から言い寄って断られるのが嫌」というプライドばかり高い男性が増えた
  • 「恋愛事で傷つくのが嫌」というナイーブ男子が増えた

女性側も待っているだけでは、恋愛が上手くいかなくなってきているのです。

また、晩婚化が進むにつれ、30代になってから結婚を意識し、恋の相手を探す人も増えましたが、女性は年を重ねれば重ねるほど、恋活も婚活も大変になっていきます。若さというポイントが減った分、頑張らなければならないのです。

ただでさえ面倒と思っていた恋愛が、さらに面倒でエネルギー消費の激しいものに!「もういいや~」という気持ちになる人も多いようです。

恋愛エネルギーを確保するために、余裕あるエネルギー消費を!

バランスの悪い食生活、睡眠不足、運動不足から、質のいいエネルギーをそもそも作れていないのに、エネルギーは消費する一方の現代女性たち。

忙しいのはわかりますが、せめてもう少しエコなエネルギー消費を心がけて。省ける消費は省き、なんとか恋愛エネルギーを確保しましょう!

仕事への精神的エネルギー消費を減らす

肉体的に疲労困ぱい、勤務時間的にも超過が半端ない!というくらいに忙しい仕事に携わっている人は別として、精神的に疲れている人などは、仕事におけるエネルギー消費の仕方を見直す余地は残っています。

会社を出たらすっぱり忘れる!
仕事の失敗も、解決していない問題も、煩わしい人間関係も、会社から離れたらすっぱり忘れること。難しいですが、「ここが境界線」という場所(ビルの出口、最寄り駅の改札など)を決めてしまえば、スイッチの切り替えがしやすくなります
人付き合いにエネルギーを使い過ぎない
職場での人間関係に必要以上に心惑わされないようにしましょう!人付き合いが苦手な人は、変に気を遣いすぎたり、周囲の態度に一喜一憂したり、腹を立てたりして、精神的に疲れてしまいがち。
周囲に振り回されがちな人は「会社は仕事をする場所」と割り切り、苦手な人間関係は「仕事の案件のひとつ」と考え、感情スイッチはオフにして頭で処理するようにしましょう。

遊びすぎは禁物!楽しいことも上限を決める

習い事、趣味、旅行、女子会。プライベートで心から楽しめる何かを持っている人も、エネルギーの使い方に注意が必要です。楽しすぎると、ついついエネルギーを使いすぎるからです。

スマホやパソコン、ネットなどの依存性があるものも、やりすぎてしまう傾向があるので気をつける必要があります。

いくら楽しくても、充実感があるとしても、ほどほどに抑えられないものは、毒!です。

人生をかける価値があるものは別ですが、そうでないなら、エネルギーを使い果たしてしまわないように、上限を決めることをおすすめします。

無駄に悩まない!悩むべきことにのみエネルギーを

エネルギーの使い道として最ももったいないのが、くよくよ悩むこと!人間はついつい悩んでしまうようにできているのですが、悩みには「悩む価値のある悩み」と「悩むだけ無駄な悩み」があるのです。

【悩む価値のある悩み】

  • 検討することによって最善の選択ができる
  • 深く考えることによって理解が深まる
  • 時間をかけて考えることによって結論が出る

【悩むだけ無駄な悩み】

  • 自分以外の人の気持ちなど、考えたところで当人に聞かなきゃわからないこと
  • 試験の結果・仕事の評価など、現時点では考えても答えがでないこと
  • 結婚や人生の不安など、漠然としすぎて考えても不安が増すだけの悩み

考えても答えが出ないことをくよくよ悩むのは、エネルギーの無駄遣いです

  • 無駄に悩みそうになったら大声を出して、悩みを無理やり追い出す!
  • 「悩みを紙に書いて箱の中に入れて鍵をかける」など、自分だけの儀式を持つ

悩みを吹き飛ばすには瞬間的なエネルギーや、何かしらの封印儀式のようなものが有効な場合があります。無駄に悩む行為をやめるための、自分なりの方法を見つけてみてください。

消費すべきときに集中消費も有効!エネルギーの出しどころを知る

人生において、エネルギーを集中して使った方が、結果効率のよいエネルギー消費につながることもあります。エネルギーの使いどき(人生の勝負どき)があるということ。

たとえば、新しい職場に配属されたときなど。知らない人ばかりの環境におかれたときは、短期集中してエネルギーを使うべきときです。

最初の1~2か月は、とにかくフロア中の人の名前と顔を覚え、手当たり次第に挨拶&話しかけるという作業を自分に課すのです。毎日エネルギー全開で。

すると、3か月もすれば、こちらから声をかけなくても、向こうから話しかけてきてくれる人がかなりいることに。

もちろん、ただ適当に話しかければいいというものではありません。

  • 笑顔で。好意的であることを全面的に押し出す!
  • 人をよく観察して、適した言葉をかける!
  • 感じが悪い人にも笑顔で、挨拶だけは欠かさないようにする!

ひどく大変なことですが、自分で期間を決めて頑張ります。

  • 話しかけることにも「慣れ」が出てきて、楽に話せるようになる
  • こちらから働きかけなくても、周囲が動いてくれる関係性ができてくる
  • 人を観察したことで、苦手な人や接し方のコツなどがわかるようになる

一気にエネルギーが必要になりますが、短期間で得るものも多く、後のエネルギー消費はぐんと削減。余裕が出てきたところで恋愛にエネルギーを注げば良いのです。

このように、「今は○○にエネルギーを注ぐべきとき」と期間を区切って割り振るのもやりくり上手な方法ですが、区切りを短期間にすることがポイントです。

「今は仕事が」と何年もそれにエネルギーを注ぐのとは、意味が違うので混同しないようにしてください。

自分なりの省エネ方法を探して、早めの対策を!

shutterstock_163911950 - コピー
いろいろと述べましたが、生活は人それぞれ。エネルギーの使い方も人それぞれ。エネルギー削減になると紹介した方法も、人によってはストレスを感じ、結果、エネルギーを余分に使うことになるかもしれません。

自分なりに有効と思う方法を見つけてみてください。省ける無駄遣いはないか、エネルギーを使いすぎている場所はないか、探してみてください。

どうやってもエネルギー消費を抑えられない人は、質の良いエネルギーをつくるしかありません。

  • 十分な睡眠・質の良い睡眠
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 適度な運動

この3つを軸に生活の質を良くする努力をしてみてください。生活の質を上げればホルモンバランスも整うため、より恋愛しやすい状態になります。生活リズムの乱れが著しい人は、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

恋愛にもともと興味がなく、将来的にも結婚する気がなければ、無理に恋愛エネルギーをつくる必要はありませんが、「いつかは結婚したい」と思っている人は、早めに恋愛エネルギーの確保を。

恋は休めば休むほど、恋の仕方を思い出すのにエネルギーがいります!
年をとればとるほど、出会いを見つけるのにも、恋愛を成就させるのにも、多くのエネルギーを費やすことになります!

「今は恋愛以外にやりたいことがあるから」などと言わずに、「恋愛」もやりたいことの中に入れてあげてください。

一度きりの人生である上に、恋愛を楽しむことができる時間も限られています。エネルギーを上手にやりくりして、「仕事もプライベートも恋愛も!」と欲張りな人生を歩んでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント