• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚したい!でも恋愛が長続きしない!意外な5つの理由とは?

Date:2015.03.05

shutterstock_164329655_

結婚するならこの人!と思っても、恋愛関係が早々に終わってしまったら、結婚までたどり着けませんよね。そのように、結婚したいのになぜか恋愛が長続きしないということで、悩んでいる女性も多いようです。

ここでは、そんな女性に向けて、理由になっていると思われる意外な事柄を5つ取り上げますので、参考にしてみてください。

1.クールすぎる

恋愛において、相手の男性に対し、あまりにもクールすぎる印象を与える女性は、恋愛が長続きしない傾向にあります。適度にクールなのは、男性の「追いかけたい」という本能に火をつけてくれるのですが、度が過ぎると男性も不安になってしまうのです。

たとえば、恋人関係になった途端、満足してしまい、恋人のことをないがしろにしていませんか?連絡を怠ったり、何週間でも会わないでいても平気というのでは、寂しくなってしまう男性も多いのです。

そのようなクールすぎる態度はまた、男性を不安にさせたり、自信をなくさせてしまいます。本当に自分のことを好きなのかどうか、分からない…と感じさせてしまうのです。時には、浮気を疑われて疑心暗鬼にさせてしまうかもしれません。

これでは、早々にフラれてしまっても仕方がありません。時には情熱を持って(無理ならフリをして)、愛を一緒に育てていくような態度を示しましょう。

2.何でも一人で決めてしまう

男性は出来れば、女性に頼りにされたい、リードしたいという気持ちを持っています。今は、積極的に女性をリードしたいという男性は減ってきているかもしれませんが、それでも、本能的にはリーダーシップを発揮したいという部分が残っているはずです。

そのため、あまりにも女性が何でも自分一人で決めてしまうと、男性は寂しく感じてしまいます。自分のことを自分で決めるのは構わないのですが、恋人である男性にも関わってくることや、2人のことでしたら、やはりまずは相談することも大切です。

2人のことなのに、勝手に1人で決めてしまい、事後報告をされる…ということが続けば、身勝手な女性だと思われて、相手が離れていってしまう可能性も高いでしょう。ある程度「こうしたい」という思いがあっても、彼の意見にも耳を傾けてみましょう。

3.本当の気持ちを言わない

恋に臆病で、相手に対して遠慮してしまい、自分の気持ちをなかなか言えない女性もいます。本当は良いと思っていないのに、いつも彼氏に合わせて「それでいいよ」なんて言っていませんか?

最初のうちは、健気でかわいい女性に思われるかもしれませんが、男性も次第に、物足りなさを感じてくるかもしれません。また、本音を言っていないな、と気づかれてしまうこともあるでしょう。

男性が、「彼女は自分の本当の気持ちを全然言ってくれていないのでは?」と感じ始めると、自分のことが信頼出来ないのかと、寂しい気持ちが芽生えてきます。それだけではなく、自分自身も本音を言えなくて窮屈になるはずです。

そんな様子が相手にも伝わってしまい、なんとなく不信感を持たれてしまうことも。また、本当は何を考えているのか分からないので、あまり本気でこの恋にのめり込めなくなってしまい、別れを告げられてしまうことが多くなるのです。

もし結婚した場合、一緒に生活をするのですから、結婚相手には本音を隠し続けることは不可能に近いはずです。いずれ結婚したいと思っているのなら、その点を踏まえて、遠慮して自分の意見を言わないことは男性を喜ばせるわけではないということも考えてみましょう。

4.悪い意味でのギャップが大きい

恋愛が始まる前や、始まったばかりの頃に、彼の気を引きたいからと、あまりに「演じてしまっている」女性は要注意です。彼にとって理想の女性を演じるということも、ある程度は必要ですが、度を超えると後で化けの皮が剥がれてしまうからです。

もちろん、ずっと演技を苦痛なく続けられる場合は良いかもしれませんが、たいていはうまくいかないはずです。そして、彼氏と付き合えたことで気が抜けてしまい、3ヶ月あたりから、徐々に素が出てしまう女性も多いでしょう。

素が出たことで、かえって良い印象を与える場合もありますが、彼氏にとって、マイナスに感じられるギャップに写ったとしたら、その時になって騙されたような気持ちになり、ガッカリされてしまいます。

そうなってしまうと、「思ってたような女性と違った」ということで、フラれてしまうことになるのです。こんな事態を招かないためには、最初から無理な演技をし過ぎないことです。

5.だらしないという自覚がない

生活面でだらしない女性は、男性に対して、将来結婚してやっていくという未来を思い描かせることが出来にくくなります。

たとえば、彼氏が家に遊びに来るのに、全くきれいにした形跡がなかったり、普段からほとんど掃除をしていないと感じさせるような汚部屋に住んでいるとか、よく忘れ物をしたり財布を落とすなど、不注意といったことも挙げられます。

また、人との約束を守れないなど、対人関係においてもルーズな一面が目立つのはマイナスです。これらのことは、自分自身でそういう面があるという自覚があれば、多少なりとも気を付けようと努力はするでしょう。

また、あらかじめ彼氏にそういう面を打ち明けた上で、直すように努力するということを宣言することも出来ます。それなら、彼氏も前向きな印象を持ち、応援してくれるかもしれません。

しかし、自覚がない場合はちょっと厄介です。気を付けるという意識が芽生えませんし、たとえ彼氏から注意されたとしても、「何が悪いの?」とばかりに聞く耳持たずです。

そうした女性は、運悪く(?)相手の男性が潔癖症だった場合、即効でフラれてしまうことになりそうです。

恋愛が長続きしている人をお手本に

いつも恋愛が長続きしないという場合、自分ではなかなかその理由に気付きにくいかもしれません。そんな時は、ここで取り上げたことを参考にしてみる他、周囲で恋愛が長続きしている人がいたら、よく観察してお手本にするのも良いですね。

親しい間柄の場合は、長続きの秘訣を聞いたり、客観的に見て直したほうが良いところはあるか、率直に尋ねてみるのも良いと思います。

この記事をシェアする

関連記事