• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長続きする恋愛がしたい?秘訣は男友達を彼氏にする事です!

Date:2015.02.19

shutterstock_194888807_
ドイツの哲学者であり文学者でもあったニーチェは「不幸な結婚が起こるのは、愛情不足によるのではなく、友情の不足によるものだ。」という格言を残しているのを知っていますか?

「男性と女性は恋愛感情なしで真の親友にはなれない…」という意見が大多数の中、実は友達として付き合い始めた男性こそが、貴女にとって最高な生涯のパートナーになるらしいのです!

調査で証明された“友情”の重要性

最近発表された調査結果で、190人の18ヶ月間以上付き合っているカップルを対象に2人の友情レベルとその後の関係を調べたところ、4ヶ月後に既に別れてしまったカップルの内30%は最初の調査で“友情レベルが低い”カップルだったそうです。

それに比べ、4ヶ月後もまだ理想的な恋愛関係を保っていたのは友情レベルの高いカップルがほとんどだったようなのです。

この事からも、付き合い始めはどんなカップルでも夢のような日々を過ごせるのですが、ある一定の時期を過ぎた頃から2人の“友情レベル”がそのカップルの運命を左右する事が明らかになったのです。

友情がもたらす恋愛関係への利点

ではなぜ、同性の友情に比べて“もろい”と言われている男女の友情が恋愛に効力があるのか不思議ですよね?

実は、友情は自分にも2人にとっても、以下を始めとする良い効果をもたらしてくれることが分かっています。

自分への良い影響

  • 「私には頼れる友として彼がいてくれる!」という安心感
  • 安心感から養われるストレスや逆境に強い心
  • 友人として“必要とされている”という実感から湧く自信

その他、男性の友達を持つ利点に、過食やお酒の飲み過ぎなども抑えられ健康的なライフスタイルに改善されるケースが多い事や、総合的に“しあわせ感”が増すという事も海外の有名な医学サイトに掲載されているのです。

2人の恋愛関係への効能

  • 友達として大切だから“無条件の愛情”を与えられる
  • 失敗したり、残念なところを見たり見せたりしても揺るがない絆がすでに有る
  • 相手が間違った事をしていたらお互いに言い合える
  • 分かり合えているから自分を偽る必要がなく、何でも相談できる

上の項目の中で、最も男女の恋愛が長く続く要素は “無条件の愛”

異性としてではなく、一人の人として大切な存在だったからこそ収入や見た目の良さなどの男性としての“条件”に目が曇らず、相手を思いやれるというのが男女の“友情”が理想的な恋愛関係を築くと言われる最大の理由なのです。

友情は育ててはぐくむ

但し、既に彼との友情が有るからといっても、そのまま放っておいて相手の好意に甘え続けていたりしたら愛情も友情も続きませんよね?

これは女友達同士でも同じことなので、やっぱり男女の友情も育てていかなければならないのです。

彼の救援サインをいち早く見つけて2人で辛い時期や困難を持ちこたえる事こそ、2人の“友情”が最も試される時でもあります。

また、何もない日常でも彼が「今日面白い事があってね…」と話かけているのに、ゲームやLINEで女友達とのトークに夢中で「今忙しいから!」や「チョッと待って!」と彼の“感動や興味深い事を共有”しようとしているのに水を差す行為は止めましょう。

友情は会話が無ければ育てる事は不可能で、また一方的に話かけて成り立つものでもありません

恋愛+友情=理想のカップル

「今から男性の友達を作らなきゃならないの?」や「もう、結婚・恋愛関係にあるから手遅れ?」と考えている人も多いかもしれませんね?

でも、ニーチェの言葉を教訓に既に恋愛関係にある男性とこれから友情を育んでも遅くはないかもしれませんよ。

何はともあれ、男性と恋愛抜きでの友情を保つのは中々難しいかもしれませんが、恋愛感情が絡んでいれば、男性と友情を育む事は難しいどころか2人の関係の為には良い事づくし…。

よって、彼とこれから友情を育ててみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事