• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

私達相性悪いのかも?恋愛関係を間違わずに診断する10の秘訣

Date:2015.03.09

shutterstock_134647148

巡り合って彼と付き合い始めたけど、月日が経てばたつほど「あら?私達って相性が悪い?」とか「もしかして、もう愛情が薄れてきている?」などと考え込む事も増えてきます。

でも、その貴女の恋愛に関する診断は果たして本当に合っているのでしょうか?

判断を誤って、せっかく今まで築き上げてきた2人の関係を無駄にしない為にもヒントとなる10の秘訣を紹介しますので、決めるのはこの記事を読んだ後にしませんか?

1:趣味や好みが合わなくてもOK

彼の好きな映画や音楽に自分は全く興味が持てない、あるいは彼はスポーツ大好きのアクティブ派だけど、自分は運動と言うものが昔から得意ではない…なんて、カップルも多いのです。

確かに共通の趣味を持っていると2人で会話をする時にも盛り上がるかもしれませんが、自分と全く同じ趣味で同じ好みの男性といつも四六時中一緒に行動すると考えてみて下さい。

貴女は本当に自分の分身の様な男性に興味を持ち続けられますか?

2:いつも一緒…でなくてもよい

愛し合うカップルはいつ何時でも一緒にいるのがベスト…というのは当てはまりません。

例え、自分は読書をしていて、彼は隣の部屋でテレビを見ていてもそれぞれの存在は感じることはできますし、出張が重なって週末会えなくてもかえって会えない時間がある事で相手の存在の重要さに気付いたりするものなのです。

ワザワザ合わない様にする必要は無いまでも、別々の時間は2人の愛情をより深めてくれますよ。

3:ドキドキしなくても問題なし

自分にとって“最高のパートナー”ならば、彼と会っている時はいつもドキドキあるいはハラハラするようなドラマチックでなければならない…なんてまさか信じていないですよね?

ときめいたり、ドキドキするのは思春期の女の子まで。

大人の男女の付き合いは個々の異性として向き合い、一緒に喜んだり共感したりして愛情を育むものなので、ドキドキやドラマは“大人の恋”には必要ありません

4:良い恋愛関係=ケンカしない?

昔から「ケンカするほど仲が良い」とか「夫婦げんかは犬も食わぬ」と言いますよね?

よって、良い恋愛がいつも平和的で「相性ピッタリな2人に口論なんて有り得ない!」…ということはゼッタイにないのです。

ほぼ毎回会う度にケンカをしていても、その後2人が歩み寄る事ができるのなら全く心配する必要はありません。

それに、ケンカや口論がまったく無いカップルは将来問題を直視せずに無視し続けるいわゆる“仮面夫婦”になる危険性大です

5:問題は全て解決できません

とは言え、2人の問題をワザと見つけ出し問題提起ばかりしていても良くありません。

というのも、恋愛関係において2人がいつも問題を完全に解決できる事ばかり起こるとは限らないからです。

例えば、上に書いた2人の好みの違いで生じる問題は幾ら話し合ってもどちらかが妥協しなければ平行線のまま。

よって、解決しなければその後2人にとって重大問題になる場合でなければ多少の問題はそっとしておきましょう。

6:成長しなくてもOK

「良い恋愛関係とは2人が共に成長出来る関係…」なんてどこかで読んだ気もしますが、確かに2人が付き合う事により良い変化が有ったら最高ですね。

でもだからといって「自分も成長しないし、彼も変わらないからこの恋愛は本物じゃないのよ!」と悲観的になり即決するのは止めましょう。

恋愛の理想を追い求めるためにハードルを上げて2人でストレスを溜め合うのは決して良い結果には結びつきません。

成長ではなく、一緒にいると心が安らぐ、楽しい、彼と付き合う前の自分より明るくなったという“変化”に着目して恋愛を楽しみましょう

7:フェイスブックに載らなくても問題なし

2人が付き合っていて楽しい時間を過ごせているのなら、彼がSNSなどで自分達の事を余り友人や知り合いにシェアしていないからと言って不信感を抱くのは間違っています。

2人がどれだけ仲が良いかを彼の幼馴染みや親せきが一部始終知る必要は全くありません。

8:彼に疑いを持ち始めたらもうおわり?

彼と元カノとの関係を怪しんだり、彼の自分への気持ちに不安を感じるのは運命の相手ではないから?…などと疑いを持つ事は良くあります。

でも、不安や心配になる事はどんなカップルにもあり、自分の彼への愛情がそれだけ深いものだと言う証拠にもなるのです。

逆に、彼に対して不安にならない方がそれだけ彼に情熱を感じていないという事にもなり得るのです。

どうしても気になるのでしたら、陰で悩んでいないで彼に直接聞いてみるのが一番です。

9:毎日ラブラブでなくてもOK

恋愛で毎日何処にいても何をしていても彼の事ばかり考えているのは恋愛初期のみ。彼と片時も離れずにいる!…なんて、10代の女の子の空想上の恋愛です。

大人の男女にはそれぞれ毎日果たさなければならない義務や責任があるのですから、毎日相手の事を考えられない、一緒にいられない状況があって当たり前。

大人の恋愛において熱愛中と言えるのはそんな相手の状況をどれだけ愛情をもって受け入れられるか、理解できるかではないでしょうか?

10:「幸せな恋愛」は人それぞれ

とここまで色々と「私達ってもしかして…もう終わってる?!」と思ってしまいがちな項目を上げてきましたが、全てのカップルに当てはまる「幸せな恋愛の定義!」というものは存在しません

自分たちの状況や価値観や信条を考慮にいれて自分たちに合った付き合い方をするのが幸せなカップルになる一番の方法なのです。

友達のカップルがとても仲が良いからと彼らの真似をしても、どこかしらに歪みや無理が出てきて、彼との関係をかえって悪くしてしまう事もあるのですから、2人で臨機応変に楽しい時間を過ごせば自ずと幸せなカップルになっているはずですよ!

この記事をシェアする

関連記事