• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

付き合い出すと言ってくれない!?彼氏に好きと言わせる方法

Date:2016.04.13

shutterstock_358978886「付き合う前には気持ちを伝えてくれていたのに、付き合ったら全く好きと言ってくれなくなった」という方はいないでしょうか。

洋画のドラマや映画の中では「好き」や「愛してる」と言葉で、寝る前や電話を切る前に伝え合うことは一般的ですが、日本では男性から言ってもらうことがなかなか難しい言葉かもしれません。

しかし、どんなことにもコツはありますので、想いを引き出すコツも当然あります。

今回は、恥ずかしがり屋や亭主関白の彼氏に「好き」と言わせる方法をご紹介しましょう。

なぜ愛の言葉を日本の男性は避けるの?「好き」と言わない理由とは?

日本の男性は、海外の男性と比べ愛の言葉に対する認識が違っているようです。

具体的にどんなことなのかを知っていれば、「好き」と言わせたい時に役立つのではないでしょうか。

日本の男性が好きと言わない理由を4個ご紹介しましょう。

理由1 彼女よりも下の立場になりたくないから

想いを告げることで自分の立場が下になると思ってしまう男性の場合は、好きと言わない傾向にあるようです。

気持ちがないわけではないものの、想いを口に出して言うことで関係が変化すると思っていることが好きと言わない原因のようです。

理由2 恥ずかしい気持ちがあるから

イケメンで女遊びが盛んな男性の場合は、「好き」という言葉を言い慣れているので簡単なことですが、そうではない男性の場合には恥ずかしい気持ちが強いようです。

「好き」と言いたくても恥ずかしさが勝ってしまって何も言わない男性は多いようです。

海外の男性と比べると日本の男性は、外では彼女にキスしない、抱きしめないなど恥ずかしがり屋の傾向もありますので、「自分は外国人ではなく日本の男。だからこのままでいい」と開き直っているケースもあるようです。

理由3 特別な言葉と認識しているから

「好き」という言葉は、「おはよう」や「おやすみ」の挨拶と違って特別な言葉と認識している男性の場合には、軽々しく口には出さないようです。

全く言ってくれないわけではないのですが、いつでも聞ける言葉ではないのでますます特別感が出てしまうようです。

理由4 既に知っているだろうと安心しているから

付き合いを始める時に男性が「好き」と告白している場合は、「俺の気持ちは知っているだろう」と安心しているケースも多いようです。

「一度言ったのだから何度も同じことを言う必要は無い」と思い込んでいる場合には、二度と聞くことができないかもしれません。

どんな彼氏でもOK!想いを隠す彼氏に「好き」と言わせる方法とは?

なぜ彼氏が「好き」と言わないのかという理由がわかった所で、実際にどうしたら「好き」と言わせることができるのか、その方法を5個ご紹介しましょう。

1 他の男性の話をする

彼氏の気持ちを聞くことができない時には、彼氏以外の男性から「好き」と言われた話をするという方法があります。

関係に安心している彼氏の心を揺さぶるために、他の男性の話題を出して嫉妬させるのです。

職場やバイト先などにいる男性から好意を寄せられている、告白されたなど彼氏が動揺するようなことを言ってみるのです

もちろんあなたの気持ちは彼氏にあるということを伝えた上で、「男性から好きなんて、最近言われてなかったからドキドキしちゃった」と嬉しそうに言ってみましょう。

楽し気に話すあなたの様子を見た彼氏は、危機的状況にあるのではないかと不安になって想いを口にした方が良いのではないだろうかと考えてくれるかもしれません。

話を聞いてすぐに「好き」とは言ってくれなくても、しばらく待ってみましょう。

時間が経過するにつれて自分の想いを伝えておかないと他の男性に奪われてしまうかもしれないと思ってくれれば、彼氏の口から「好き」という言葉が出るかもしれません。

ポイントとしては、彼氏を怒らせない程度の嫉妬をさせることです。喧嘩から関係が悪化することもありますので、真剣ではなくあくまで冗談っぽく話すことをお勧めします。

2 「好き」と言って彼氏の気持ちを引き出す

彼氏に好きと言って欲しいのであれば、自分から「あなたのことが好き」と言って彼氏の気持ちを引き出すという方法もあります。先手必勝という言葉がありますので、まずはこちらから「好き」ときちんと伝えるのです。

彼氏の目を見て、名前を呼んで、想いを伝えることを繰り返していると、彼氏も「好き」と言われることに慣れてきて「好き」の言葉に対するハードルが下がって自分からも言いやすくなるでしょう。

「好きと言ってくれないなら私も言わない」ではなく、あなたから気持ちを伝える努力をしましょう。

「好き」と言いやすい関係を築くことができれば、素直に想いを伝えやすくなって恋人同士の絆も深まるのではないでしょうか。

ポイントは、「好き」という言葉を出し惜しみしないことです。お手本を示すように彼氏へ言い続けることで、彼氏の伝えたいという気持ちを引き出すことができるでしょう。喜んでもらえるように「好き」という時には、穏やかに笑顔も見せて言ってみてはいかがでしょうか。

3 声が届く距離で過ごす

恥ずかしがり屋の男性の場合には、想いを口にするだけでも勇気が居るのに「何?聞えない」と彼女に言われてしまったら、二度と「好き」とは言ってくれないかもしれません。

「好き」と言ってもらいたい場合には、彼氏の近くに居ることも言わせる方法の一つです。

デート中で外出している時も自宅にいる時も聞き逃さないように、彼氏が小さい声で想いを伝えても彼女の耳に届くと思ってもらえるように傍に居ましょう。

慣れていない言葉を発するのですから最初からはっきり伝えることができないかもしれないからです。

また、近くに居るだけではなく二人の間に流れる空気を読んで、良いムードの時には話し過ぎずに彼氏の言葉に耳を傾けましょう。普段からふざけ合っている関係の場合には、「好きと言っても笑われてしまう」と思われている可能性もあります。

さりげなく近くで過ごすためには、声がけもお勧めです。以下の方法でスキンシップをしてみましょう。

  • 「ここにごみがついている」と言って肩に触れる
  • 「綺麗な髪だね」と言って髪の毛に触る
  • 「私よりも手が大きいね」と言って指や掌に触れる

彼氏が好きな香りを身にまとって離れずに近くで過ごす時間ことも効果的ですから、ご紹介した方法でスキンシップの回数を増やしてみてはいかがでしょうか。

ポイントは、どんなに小さい言葉で発する「好き」も聞き逃さないことです。徐々に声の大きさも変化していくでしょうから、彼氏が慣れるまでは近くで過ごして「好き」という言葉を逃さずにキャッチしましょう。

4 不安な気持ちを彼氏に話す

「好きという気持ちが前提にあるからこそ付き合っているのだ」と思っている男性は、彼女に言う必要性を感じていないこともあります。「好き」と言ってもらえないことで、彼女がどれだけ不安になるかをきちんと伝えることが必要です。

お勧めの伝え方は以下です。

  • 「好きって言ってくれないと私のことが好きなのかどうかわからないから不安になる」
  • 「好きって言われなくても平気なタイプじゃないから言って欲しい」
  • 「私のことが好きって知っているけどたまには口に出して」

本心を話して、彼氏が大丈夫だと思っていることは勘違いで不安であるということに気づいてもらいましょう。

彼女が欲している言葉であれば、必要な言葉なのだと彼氏も理解して「好き」と言ってくれるのではないでしょうか。

ポイントは不安になっていることを感じてもらうことですから、冗談だと思われないように真面目に伝えることです。

不安にさせて喜ぶ男性は居ないでしょうから、どれだけ悩んでいるかを彼氏に話して理解してもらいましょう。

5 お祝いのイベントを使う

イベントを使って彼氏に「好き」と言わせる方法もあります。イベント時には、あなただけではなく彼氏も気分が高まりますから、ムードに流されて「好き」を言いやすくなる時期でもあります。

主なイベントは以下です。

  • 出逢った日
  • 付き合った日
  • 誕生日
  • クリスマス

ご紹介したイベント時に「プレゼントとして好きって言って欲しいな」とお願いしてみるのです。

誕生日や資格取得のお祝いなど彼女を祝うイベント時には、彼氏も祝いたいという気持ちが強いでしょうから言ってもらいやすいでしょう。

また、イベント時に言ってくれるようになったら、日常でも何かをしてあげたらそのお礼として「好き」と言ってもらうと良いでしょう。

「好き」という機会が増えるほど、彼氏が口に出しやすくなるでしょうからあなたも「好き」と言う機会を増やして愛情表現しやすい関係を目指してみてはいかがでしょうか。

ポイントとしては、イベントの前に自らプレゼントをおねだりしないことです。高級ブランド品や旅行などをおねだりした後に、「好きって言葉を聞きたい」と言っても「もう十分あげただろう」と断られる可能性もあります。

プレゼントは彼氏の判断に委ねて、もらった場合にはきちんと喜びを伝えてから「好き」のおねだりをしましょう。

想いを伝え合うほうが距離は縮まる!「好き」を日常的に使える関係を目指そう

shutterstock_260840768
彼氏に「好き」と言わせる方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「好き」や「愛してる」などの愛の言葉を日常的に使える関係になることができれば、日頃の感謝の気持ちや悩み事なども気軽に話すことができるのではないでしょうか。

「好き」という言葉に対する苦手意識や恥ずかしさなどを払しょくしてもらうためには、あなた自身が恥ずかしがらないことと、とにかく彼氏の口から言わせて場数を増やすことです。

「今日は晴れで気分がいいね」と天気の話をするように、「今日もかっこいいね。あなたのことが好きよ」と想いを伝え合うことができるようになれば、恋人関係は更に良い方向へ進んでいくのではないでしょうか。

ご紹介した方法は、コツさえつかめば意外と簡単にできるものばかりですから、できそうなことから試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント