• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゲストの満足度が高い!レストランウェディングのメリットと注意点

Date:2017.03.24

レストランウェディングは数ある結婚式の種類の中でも特にカジュアルな雰囲気を持っていて、ゲストへの細やかなおもてなしを叶えることのできるウェディングです。

普段はレストランとして運営されているお店を貸し切ってそこでウェディングを挙げることで、専門式場やホテルでのウェディングとは一味違った式にすることができます。

料理の質はもちろんのこと、演出などの自由度の高さも魅力的です!

では具体的に、レストランウェディングとはどのようにして行うウェディングなのでしょうか?

レストランウェディングのメリットや行うときの注意点も合わせてご紹介していきます。

レストランウェディングとはどんな式?必要な準備や手間など

ウェディングの種類には、ホテルウェディングや専門式場でのウェディング、他にも船上やゲストハウスで行うものなど様々なものがあります。

中でもレストランウェディングは、比較的最近生まれた新しいウェディングになります。

ここでは、レストランウェディングとは具体的にどんな式なのか、式を行うために必要な準備の手間についてを簡単にご紹介します。

レストランを貸し切って行う結婚式

レストランウェディングとは、普段はレストランとして営業されているお店を結婚式の日だけ貸し切り、そこで結婚式を行うというウェディングの形式です。

あくまでも普段はレストランとして機能している建物ですから、専門式場のように結婚式のためだけに特化したような設備はあまり整っていません。ゲストのおもてなしや式場の飾り付けなども自分たちで一から手配する必要があります。

しかし、仮にもレストランですから出てくる料理はどれも絶品ばかりです!そのため、

  • 料理にこだわりたい
  • ゲストに一流の料理を提供したい
  • おもてなしを自分たちの手で作り上げたい
  • アットホームな式にしたい

といった希望を持つカップルから支持を得ているのがこのレストランウェディングなのです。

レストランにないサービスは自分達で用意する

レストランウェディングを行うなら、他のウェディングと違って若干準備に手間がかかります。

あらかじめ結婚式を挙げることを前提につくられた建物(ホテルや専門式場など)でのウェディングには、最初から

  • 装花
  • 写真
  • 演出
  • 衣装

などのサービスが含まれています。

レストランウェディングでは、以上のようなサービスは全て完璧に用意されているわけではありません。

レストランは結婚式のために用意された建物ではありませんから、レストランウェディングでは結婚式のために必要なサービスを自分たちの手で準備する必要があるのです。

結婚式を行う予定のレストランによってはウェディング用のプランを用意してくれていることもありますが、料理以外のプランがないレストランで式を挙げる場合はスタイリストやカメラマンなどを自分たちで探すことも必要になります。

しかし、準備を自分たちの手で進められるということは、裏を返せば演出や挙式スタイル、装飾などを全て自分たちの好きなようにアレンジすることができるということです。

確かに準備の手間はかかりますが、自由度が高いという点は魅力の一つとしても考えられますよ!

自由度の高さに料理の質など…レストランウェディングのメリット

レストランを貸切で行うレストランウェディングには、次のような魅力・メリットがあります。

挙式スタイルが自由に決められる

挙式には、

  • 神前式(神社・神殿などで行う日本の伝統的な挙式)
  • 教会式(教会・チャペルなどで牧師の前で誓いを立てる挙式)
  • 人前式(列席者が証人・立会人になる自由なタイプの挙式)

の3種類のタイプがあります。

もし新郎新婦に属している宗派があれば、挙式スタイルによっては式場やウェディングの種類が縛られてしまうこともありますよね。

また、「どうしても挙式はチャペルじゃなきゃ!」といったようにこだわりを持つ新郎新婦もいるでしょう。

レストランウェディングは、基本的にどのスタイルの挙式も行えることで知られています。

会場に選んだレストランによっては、敷地内にチャペルが併設されていることもあります。また、近所に教会や神社があれば紹介してもらえますし、もちろんレストラン内で人前式を挙げるのもポピュラーです。

挙式は結婚式のスタート地点になる重要なポイントです。ふたりでよく話し合い、レストラン側と相談しながら満足のいく挙式スタイルを決めましょう。

工夫次第で費用を抑えられる

よく結婚式の準備でネックになるのが費用の問題です。結婚式後にはハネムーンや新生活、子育てなどが待っていますからできるだけ予算は抑え目でプランを立てていきたいですよね?

レストランを結婚式の会場に選ぶと、多くの場合が衣装の持ち込み料がかからず、ヘアメイクや写真撮影なども自分たちの手で行えるため費用を抑えることができます。

新郎新婦の行った準備やプランによって金額は細かく変動しますが、専門式場で行う結婚式の平均費用が約370万円ほどなのに対し、レストランで行う結婚式の平均費用は約260万円ほどです。

例えば知人や友人にカメラマンやスタイリストの人がいれば外部業者に頼むよりも安く済みますし、新郎新婦が自分でヘアメイクを仕上げるという例も珍しくはありません。

比較的リーズナブルに行えるレストランウェディングでは、ご祝儀を決められた金額の会費制にしてゲストの負担を減らすことも可能です。

せっかくレストランで行う結婚式ですから、浮いた費用で料理を豪勢にしても良いですね!

料理のクオリティが高い

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、招待するゲストにも満足して貰わなければ気持ちの良い式にはなりませんよね。料理は結婚式の中でも、多くのゲストが楽しみにしている要素です。

レストランウェディングの魅力は、何といっても料理のクオリティの高さです!レストランは料理の質で商売をしている場所ですから、もちろん出される料理は一級品。専門式場やホテルで振る舞われる料理とは一味違います。

事前にしっかりシェフと相談すれば、ふたりのこだわりを実現した料理を振る舞って貰えます。

ふたりの理想を実現した当日だけのオリジナルメニューを作って貰えることもありますし、列席者や新郎新婦の好みや体質などに合わせてアレルギーを引き起こす食材を避けた料理を作って貰えます。

どんなゲストが参加するのかを相談しておけば、小さな子どもやお年を召した人など、ゲストに合わせて細かな気遣いのなされた料理を当日の式で振る舞うことができますね!

また、レストランで働いている人は全員料理に精通したプロの人ばかりです。そのため、出来立ての料理を一番美味しい状態で提供して貰えるのも魅力の一つ。

新郎新婦だけが楽しむのではなく、ゲストも満足できるのがレストランウェディングのメリットです。

選べる雰囲気・会場の幅が広い

レストランと言えば、実にたくさんの種類がありますよね?

  • 和風
  • 洋風
  • 中華
  • イタリアン

…と、挙げればキリがありません。その中でも、雰囲気がクラシカルなお店やモダンなお店、カジュアルなお店と派生していきます。つまり、1軒1軒のレストランによって店内の雰囲気は細かく異なるのです。

会場に選ぶレストラン次第では、雰囲気まで思いのままにすることができます。より一層ふたりらしいオリジナルの結婚式を挙げられますよ!

レストランウェディングを挙げた新郎新婦の中には、普段からよくふたりで訪れるレストランを会場に選んで思い入れのある式にしたという例もあります。

また、専門式場やホテルと違ってレストランウェディングの会場内はカジュアルな雰囲気ですから、新郎新婦もゲストも緊張することなく式を楽しむことができます!

アットホームな式になる

レストランを貸し切って行うレストランウェディングでは、プライベート感があって気安いアットホームな式を執り行うことができます。

そのためゲストと新郎新婦が気安くお話できる距離感を保つことができ、会場内にいる人みんなで和気あいあいとした結婚式になります。

新郎新婦は会場内を自由に動き回ってお世話になった人と一人ずつゆっくりお話をすることができますし、ゲスト側も”ただ見ているだけ”の式ではないので、全員が主役の式を実現させることができます!

かしこまった雰囲気はないのでマナーや立ち振る舞いなどを気にする必要がありません。そのためゲストに余計な気を遣わせないのも魅力的ですよ。

細かなこだわりを叶えられる

準備に多少の手間はかかりますが、その分自由度の高い式にすることができるのがレストランウェディングです。

  • 料理のメニューや材料
  • ペーパーアイテム
  • 会場の装飾
  • 演出の方法

など、多くの点に直接手を加えることのできるレストランウェディングでは、細部まで新郎新婦のこだわりを叶えることができるのです。

レストランによっては臨機応変に新郎新婦の希望に応えてくれるところもあります。

レストランは結婚式専用の施設ではないため、会場のオーナーと一から打ち合わせをして型にはまらないオリジナリティの溢れる式にすることができますよ!

式の後も会場を訪れることができる

レストランウェディングは、会場がレストランですから式を終えた後にも再びお客として会場に使った場所を訪れることができます。

結婚記念日などに式を挙げたレストランを訪れて、ふたりの思い出をより色濃く深いものにすることができるのはレストランウェディングならではの魅力です!

将来、ふたりに子どもが生まれたらその子を連れてレストランを訪れるのも素敵ですね。

通常は結婚式を挙げた会場はその場限りで、再び訪れることはほとんどありませんよね。

しかしレストランで式を挙げた場合、式の後何度でも会場を見て、式のお手伝いをしてくれたシェフの顔を見ながら料理を楽しむことができます。

ふたりの思い出がいつまでも色あせません!

レストランウェディングを成功させるために注意したい会場選び

素敵な魅力がたくさん詰まったレストランウェディングですが、もちろん 行う上で注意すべき点もあります。一生に一度しかない結婚式ですから、絶対満足のいくものにしたいですよね!

レストランウェディングを成功させるカギは何と言っても会場にあります。そこで、レストランウェディングの会場選びで注意したい点をいくつかご紹介します。

事前に会場となる店内の広さを見ておく

レストランウェディングの会場を決めるとき、料理や雰囲気に一目ぼれしてついそのお店に即決してしまう…というパターンは少なくありません。

しかし、レストランウェディングの会場を選ぶときは、必ず会場となる店内の広さに注意して見ておきましょう。

結婚式の会場に選ぶレストランで注意してほしいポイントは次の通りです。

  • テーブルとテーブルの間隔(当日、披露宴でドレスを着て通れるか?)
  • ゲストや新郎新婦の控室となる場所
    (どのくらいの人数がどのくらいの間隔で入れるか?)
  • 喫煙場所の有無・広さ

当日に会場が狭いせいでドレスが通れなかったりゲストが待つための控室が狭かったりしては、せっかくのレストランウェディングが台無しです。

当日のゲストや自分たちの行動を具体的に考えながら会場の下見をしておきましょう。

レストランの立地条件を見ておく

レストランはあくまでも料理を提供する場所ですから、なかなか見つけづらい場所にあったり駅や宿泊施設から遠い場所にあったりします。

その土地に馴染みのない人や、遠方から来て宿泊する予定のゲストが不便を感じないかどうかを考えながら会場の立地条件を見てみましょう。

レストランによってはゲストが着替える場所が用意されていないところもあります。そういった場合、ゲストは宿泊施設で準備を済ませることになりますよね。

また、式が終わった後は誰でも少なからず疲れているはずですから、会場と宿泊施設は近いに越したことはありません。

いくら設備が整っていたとしても、当日道に迷ったり移動手段に困ったりしては意味がありません。店内の様子を見ることも大切ですが、お店の立地もしっかり見ておきましょう。

レストランスタッフが結婚式に慣れているかを見ておく

レストランウェディングは、普段結婚式のために使われていない場所で結婚式を挙げることになります。

レストランのスタッフだって普段は料理を作ったり運んだりというお仕事をしていますから、結婚式に不慣れな人が多いのが現実です。

レストランウェディングの会場選びでは、そのレストランで結婚式をした前例があるか・スタッフが結婚式に慣れているかについて調べておきましょう。

もし結婚式をしたことのないレストランなら、新郎新婦側もレストラン側も手探りの状態で結婚式の準備をすることになります。そうなれば式の当日でどんなトラブルが起きてもおかしくありません。

普段からウェディングのサービスも行っているレストランなら、専任のプランナーが式をサポートしてくれるところもあります。

式が滞りなく進むかどうかも考えながら会場を選んでください。

レストランウェディングで世界に一つだけの式を実現


結婚式と言えば女性の夢と言っても過言ではないイベント。何が何でも絶対に成功させたいですよね!

レストランウェディングを考えているカップルの皆さんは、必ず事前の下調べを完璧に済ませておきましょう。確かに準備は他の結婚式よりも多少の手間がかかりますが、その分ふたりの絆も深まるはずです。

レストランウェディングは比較的リーズナブルに行えるため、経済的な問題で結婚式を挙げるのを諦めかけていたカップルでも視野に入れることができます。

もちろん経済的な面だけではなく、自由度の高さや料理の質は他の結婚式にはない魅力ですよ。

レストランウェディングで新郎新婦のふたりらしい素敵な結婚式を叶えてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント